~大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)~

2016年05月29日

2016/5/28 北海道神宮

主祭神:大国魂神おおくにたまのかみ)

    大那牟遅神(おおなむちのかみ、大国主命〈おおくにぬしのみこと〉の別名)

    少彦名神(すくなひこなのかみ)

    明治天皇(めいじてんのう)

 
使者:Kさま Kさま 

 

神門祝詞にて神門に入り、光の御柱と龍の御珠を奉納

 

不思議な光を体に宿す2人がやってきた。

いぶかしげに見ていると、

2人の体ともう1つどこからか、光の柱が出てきたかと思うと、

我の体からも出ていき、見る見るうちに、それぞれの体に4つの柱が建った。

その後、キレイな色の珠が、この柱の中に入り、我を天へと導いていった。

面白い体験だった。

 

天への導きは1回で終わることなく、思えば天へと昇っていける。

本当に便利になったものじゃ。

 

この2人に何かお礼をと思い、金色に輝く木の実を渡した。

受け取ってくれたかな。

 

この木の実、何に使ってもよい。

そなた達の願いが現実化していくぞ。

 

そなた達の純粋な心に、この金色の木の実は、反応していくだろう。

大切に使っておくれ。

北海道神宮
 
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474 

20160528北海道神宮


 



trinity_method at 16:12|PermalinkComments(0)

2016年01月31日

2015/11/25 北海道神宮

主祭神 四柱: 大国魂神     オオクニタマノカミ
       大那牟遅神 オオナムチノカミ
       少彦名神     スクナヒコナノカミ
       明治天皇     メイジテンノウ


使者:Mさま

光の御柱
  龍の御魂 を奉納



はっはっは、ゆかいじゃ、ゆかいじゃ。



そなた、最近腹の底から、笑うことはあるか。

または、腹の底から怒ったことはあるか。



感情をコントロールして、日常生活を過ごしているのは、当たり前。

だからって、無表情、無感情で、毎日を過ごすもんじゃない。



私は、ここにいて、人の感情が素直に出せるようにしている。

もちろん、すべてを出して、無秩序に過ごすことを勧めているのではない。



喜んでいる、怒っているという感情でいる自分を抑えることなく、

自分はそう感じているのだということがわかるように。

まずは、今の自分の感情を認めること。



そしてその感情は、なぜそうなったのか、冷静に考えてみること。

「なぜ」が分かると、次はどのように対応するのかが見えてくる。



無表情、無感情では、イザコザはなくなるが、改善もなくなっていく。



どうじゃ、人生を楽しく、自分の思った通りに生きてみよ。

我がままを通すのではなく、自分を客観的に見ていくのじゃ。



感情を素直に認め、それを理解し、次へと繋げていく為の力をそなたに授けたぞ。



北海道神宮
  札幌市中央区宮ヶ丘474

 20151125北海道神宮





trinity_method at 09:26|PermalinkComments(0)

2015年08月23日

2014/2/20 ハワイ出雲大社

主祭神 大國主大神・ハワイ産土神


使者 Sさま Sさま Sさま

よくぞ参られた。光の柱の奉納、しかと受け取った。

そなた達の出した光の柱は、1本となり我ところにやってきた。


楽しいという気持ちと、神妙な気持ちが入り混じっており、光も淡い色から強い色まで。

柱はそんなに大きくはないが、まとまりが良い。

互いに互いを補っている証拠であろう。


うまくまとまり心地よく伝わってくるのは、
そなた達の絆がとても深いからであろう。良い家族ということじゃ。



一緒に連れていた可愛らしい光を持つ坊やは、何に興味を持つか今から楽しみじゃ。

色んな事を体験し、本来持っている力が発揮出来ていくことを望む。

まずは経験できるよう、たくさんの事柄を見せることじゃ。

そこから本人が判断していく。大人顔負けに行動していくであろう。



もちろん、そなた達大人も今からでも遅くない。

自分の役割に気づく時がきておる。

自らが経験し、それを伝え、広げていくことが、そなた達の使命である。



その時大切なことは、

「何のための行為か」をそなた達も理解し、その理解を伝えていくこと。

人のヤル気はこの理解により変化する。

それぞれが、それぞれの価値に気づき、行動していくことが肝要であろう。



ここに坐していると、様々な人たちがやってくる。

情報交換することで、そなた達も、そして我らも絆が深まっていく。



そなた達(Sさま Sさま Sさま)を通じて、皆に告げる。



己の価値を見いだせ。

それはそなたの周囲の人の価値を見出すことで見えてくる。

存在するすべてが愛おしく、素晴らしいものだと感じられたら、変化は早い。



人それぞれの内側にくすぶっている使命を見出し、

引き出していくことが使者としての役目でもある。




ハワイ出雲大社
 
215 North Kukui Street Honolulu HI 96817-3951


20140220 ハワイ出雲大社



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年08月17日

2014/2/17 大国魂神社

主祭神 大國魂大神(素盞鳴尊(すさのおのみこと)の御子神)



使者 Hさま



光の奉納ありがとう。

足場の悪い中、ご苦労であった。



そなたの右足、少し気になったので伝えておく。

そなたの右足のひざの痛み、ねじれからきているようじゃ。

このままで生活していると余計に負担がかかり辛くなるだろう。

かかとを外にしてねじり返してみることを伝えておこう。



そなたが参道をキョロキョロしながら歩いてきたのを、

いぶかしげに私は眺めていた。



そしてそなたが光を奉納した時、そなたの光に驚いた。

何と清らかな光なのかと。



人は自分の良さを隠して生きている。

そなたもその一人であろう。



この光を神社の奉納だけでなく、

そなたの周りにいる人たちにも奉納する気持ちで過ごしてみてはどうか。



そなたの良さを隠すことはない。

ほんの少しでもその気持ちを持つことで、

そなたの内側から光はほとばしって出ていくであろう。



ほんの少しの気持ち、それがきっかけである。



さて、そなた(Hさま)を通じて、使者に告げる。



そなた達の認識で、「仲間」とはどこまでの範囲なのか。



家族?親戚?友達?地域?日本?世界?

今生きているすべてのもの?すべての意識体?



ミクロからマクロまで、イメージしていくと、

途切れることなく仲間たちが見えてくる。



その範囲を決めるのは、本人次第。

大きくもできるし、狭くもできる。



どの仲間たちと生きているのか、またこれから生きていくのか、

考える時間を持つことを伝える。



武蔵国一之宮 大国魂神社
 東京都府中市宮町三ノ一

20140217 大国魂神社


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年07月09日

2014/1/10 大国魂神社

主祭神 大國魂大神(素盞鳴尊(すさのおのみこと)の御子神)

 

使者 Mさま

「光の柱の意義を問う」

 

いかなる光であろうと、光の柱が全国に建つことは素晴らしい。


かつて日本は、光の柱でまばゆいくらいであった。

神も人も動物も、皆がイキイキと生き、互いに助け合い、互いに尊敬しあっていた。

 

今は人が一番偉い存在のように振舞い、神との契りを忘れたるものが多い。


今一度、契りを思い出し、昔のように互いの関係を取り戻すことが必要であろう。


1人の人間では弱い光の柱であっても、
それが何人も集まると力強い光の柱となろう。

 

互いに助け合い、互いに教え合い、
情報を共有しながら進んでいくがいい。


人は都合の良いことだけ覚えておる。
都合の悪いことも覚えておくことが大切。


すべての生き物は、皆平等。
光の柱は、かつても、そしてこれからも建っていく。

 

 

武蔵国一之宮 大国魂神社
   東京都府中市宮町三ノ一


大国魂神社の本殿は非公開です。
これは大国魂神社の公開hpからダウンロードしました。


20140110 大国魂神社



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年06月16日

2013/12/22 大国魂神社

主祭神 大國魂大神(素盞鳴尊(すさのおのみこと)の御子神)

使者 Sさま Sさま Aさま Kさま Fさま Wさま Mさま Hさま

良い光の柱をありがとうございます。

これからの旅路、ご苦労も多かろうと思いますが、見守りましょう。

皆さんの光の柱、色んな経験が詰まっています。

人が色んな神社を回ること、つながっていくネットワーク、
これが始まることを予期していました。

これからも経験を積み、それぞれの人生と互いに交わりながら、
あなた達の光の柱は、成長していくでしょう。

※武蔵国一之宮 大国魂神社
  東京都府中市宮町三ノ一

2013大国魂神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)