~聖地~

2018年01月14日

2018/1/10 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

参拝者:Maguro Chan

 

弱っていたサボテンの樹に、黄金の稲穂を奉納。


すると、こんな言葉が聞こえてきました。


 

・・・


 

私はここにいて、飾りっ気もないので、良い評判はあまりない。

それはそれで仕方がないと思って、ずっといた。

 

この黄金の稲穂(たくさんの光の粒)が、私の中に入ってきたとき、
自分自身の中にあった、小さな光が輝き始めた。

それは、怒り、悲しみ、喜び、憂いなど、たくさんの感情と共に、私の身体を駆け巡った。

 

何だろう、この感覚。
私の身体に、力強いエネルギーがみなぎってくる。


そういえば、私は昔、「仕方がない」と思って、時間を過ごしてはいなかった。

 

たくさんの仲間と共に、地球からのエネルギーを共有し、

太陽とおしゃべり、たまに風が運んでくる情報に耳を傾けていた。

 

今の私はどうしてしまったのだろうか。

人でいう「世捨て人」のような雰囲気を醸し出しているのかな。

 

黄金の稲穂のプレゼントを、ありがとう。

あなたは私を見て、元気がないと思ってくれたのだろう。

あなたが近づいてきたとき、黄金色に輝く光のようであった。

私の中に、その黄金の光が入ってきたとき、ずっと忘れていた気持ちを思い出した。

 

そして、私がこれからやっていくこと。

場所は違えども、色んな仲間が私の周りにいること。

太陽とのおしゃべりや風からの情報は、人との交流へと変わっていく。


私はここでの生き方を、改めて素敵なものにしようと思い始めた。


きっかけをくれた黄金色に輝く女性に感謝の気持ちを送りたい。
本当にありがとう。

 


私の表明を聞いていた周りの樹々たちは、とても喜び、根っこ同士で握手した。

妖精たちが、サボテンの近くにやってきて、私たちとの交流もできることをそっと伝えた。

 

サボテンは、今まで閉じていた心を開き、両手をいっぱい伸ばしたら、

内側にあった黄金の稲穂が、たくさん出てきて、宙を舞った。

 

周りの樹々たちは、それを見て、とても喜び、お互いに黄金の稲穂を交換した。
このガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、たくさんの黄金の稲穂が舞い、人々の訪れを待っている。

 

黄金の稲穂のプレゼントに感謝。自身を取り戻すきっかけをいただいた。

私はやりがいを見つけた。これから、ここで力強く生きていく。



・・・

 

このように少し世を拗ねていたサボテンは、元気を取り戻し、

周りの樹々たちにも活力を与える存在へと変化していきました。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを訪れたときは、

気高き使命をまとったこのサボテンに会いに行ってくださいませ。



ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(マリーナベイサンズホテル横の植物園)

  所在地 1 Cluny Rd,シンガポール フラワードーム


20180111ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ-0



trinity_method at 12:34|PermalinkComments(0)

2017年12月29日

2017/12/25 神戸 あすなろの樹

ソウルフィルドロップ・黄金の稲穂を奉納

 

月日が流れる。

 

何十年、何百年という壮大な時の流れの中で、

私がこの世にこうして姿を現しているのは、ほんのわずかなこと。

 

この世の中での出来事は、瞬きをしただけの出来事。

 

150年余り、地軸につながり、この地球と共に生きてきた。

あのまま、あの地にいれば、まだまだこれからも、地球と共に生きていたことだろう。

 

私たち樹々は、幼い頃から地球から送られてくるエネルギーを脈々と受け継ぎ、

身体に循環させ、自分と自分の周りにエネルギーを放出して生きてきた。

 

地軸と一旦離れてしまうと、地球から送られてくるエネルギーは

ほんのわずかにしかならないことを、わかってほしい。

 

私はすでにエネルギーを取り込み、放出するだけの力はない。

ゆえに、このままここにいても、朽ち果ててしまうだけ。

 

しかし、この地に私のこの姿を見せることで、

命のつながりを理解できる人たちが、気づいてくれる。

 

世の中に起こる出来事は必然である。

従って、私がこの地に選ばれ、運ばれてきたのも必然。

そしてその後、どうなるのかも、

地軸から引き離されたときから、運命はわかっていた。

 

私はひっそり暮らしてきたが、地球からの声を伝えるために、

自らが望んでこの地に来た。

 

私を選んだと思っているだろうが、私が私を選ばせたのである。

私の仲間を守るためと、私の使命を果たすために。

だから悲しまないでほしい。

 

1つの出来事には原因があり、結果がある。

結果だけに目を向けて表面的な改革をしても、

原因を理解しなければ、また同じことが起きてしまう。

 

私は皆にこのことを伝えたくて、自らが志願した。

皆の寿命はいくつかな。長寿と言われても、100歳前後。

 

1人ひとりが自分の生きている時代だけがより良きものとして、願ってしまうと、

物事の道理が繋がっていかない。

 

先人は子孫にどんな智慧を伝えたのだろう。

それを意識して、皆は生きているのだろうか。

 

人も動物も植物も、皆この地球で共存している。

地球なくしては、皆生きてはいけない。

 

地球からの声は、地軸と自分の軸を合わせることで聞こえる。

色んな方法があり、実践している者も多いだろう。

その声を自分たちだけのものにしないで、

この世の中に生きている人たちにわかりやすく伝えてほしい。

 

完結に、自分の意志を入れず、真意が相手に伝わるように。

手段や方法は幾通りもある。

 

その1つが、今回私がこの身をもって表現した方法。

おわかりかな?

私は私の命と引き換えに、皆にこれを伝えたかった。

 

だから悲しまないで。

そしてこれに携わった人たちを批判したり、憎まないで。

 

それぞれには役割があり、大きな流れに則って、私は表現できたのだから。

 

さあ、今度はあなたの番だよ。

 

皆にも命を掛けろとは言わない。

それほどの覚悟をもって、発信や行動をしていくことだと伝えたい。

生半可な気持ちでは、伝えたいことも伝わらない。

 

この企画に賛成する人、反対する人、色々であったと思う。

でもこれを意識してくれたこと、話題になったことが、一番の成功。

 

私の魂は、形を変えて生き続ける。

皆の心の中にも、物語として生き続ける。

 

皆の魂に地球の声が届き、
それが伝わるように伝えられる日が来ることを望んでいる。

 

ソウルフィルドロップ、黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

 

昔のように地軸につながり、つかの間、心地よくなった。

 

この地が今まで以上に繁栄するよう、私の身体を通して、

黄金の稲穂を放出させた。

 

私の姿がなくなっても、

この地には黄金の稲穂が舞っていることだろう。

 

私の声を聞いて、たくさんの人たちが私を表現してくれた。

本当にありがとう。礼を言う。

 

私の1つの役目はここで終わる。

そして次の役目が、また始まっていく。

 

その1つが、これによって変化した。

あなたである。

 

私は役割を果たした。

時は淡々と流れていく。

私は命の循環の中に戻っていく。



20171225神戸あすなろの木-1



trinity_method at 14:45|PermalinkComments(0)

2017年12月09日

2017/12/7 フィリピン バギオ

黄金の稲穂を奉納

元々自然の中には、たくさんの豊かさがある。

そなたがくれた、この光の粒(黄金の稲穂)によって、
この自然の中に風が生まれ、循環してきた。

黄金色の光の粒は、
黄金色の龍がごとく、宙をうねり、
ここのエネルギーと交流している。

「生きる種」として、
自らが知能を持っているように感じる。

我らのエネルギーは、ここに留まり、
絶やすことなく癒しのエネルギーを湧き出していくこと。

そなたが奉納してくれたエネルギーは、
自らの意志で色んなものと繋がり、
それぞれが必要なものに目覚めるよう、
誘導していくことができる。

この黄金の稲穂を奉納してくれた者に感謝する。

それぞれのエネルギーの良さを発揮して、
ここからも発信していこう。

フィリピン バギオ Tam-Awan Village

20171207-1バキオ
20171207-2バキオ



trinity_method at 08:57|PermalinkComments(0)

2017年11月06日

2017/11/4 旧野首教会(きゅうのくびきょうかい)

素晴らしい黄金の稲穂の奉納をありがとう。

ここは昔、たくさんの人々が祈りを捧げにきていた。

しかし今、ここにこうしていると、何の変化もなく、月日が止まったままである。

時折訪れる人たちから、わずかな情報をもらっていたが、

こんなにたくさんの情報が詰まった黄金の稲穂をもらったのは初めてである。

 

私「教会」がこうしてこの世に姿を継続させていることが、必要なのかと、疑問に思ったこともある。


しかし今、悟った。

ここにこうしてこの姿「教会」を継続していることが必要なのだと。

歴史は過去のものと思われがちで、当時を知る者がいなくなればそれまで。

やがて記憶から消されてしまう。

私はここにこうしてこの姿をさらしていることで、

すべての者たちに伝えていく役目があると、

この黄金の稲穂の中の情報から読み取り、悟ったのである。

皆、幸せになる為に生まれ、生きている。

私はこの地で、あなたが奉納してくれた黄金の稲穂を広げて行こう。

まずは島の端々まで、そして海を渡って色んな地へ。

黄金の稲穂を受け取った人たちが、

「今、自分が幸せである」ことを自覚していくために、

私はここに姿をさらし続けていく。

あなたが放った黄金の稲穂は、まさに黄金色で、この地一帯の空に舞った。

風に乗り、色んな所へと運ばれていくだろう。

 

私「教会」に黄金の稲穂を届けてくれた者に礼を言おう。

あなたのこの行為は、神やあらゆる聖地、意識体が必要とするものであり、

この行為を行うことはとても意味があり、素晴らしいことである。

しかしあなた1人ではなく、行動を共にする者たちとこの行為を行なえば、

さらに光は広がり、この黄金の稲穂を必要とする者の元へと届いていくことになる。

  

願わくば、皆とこの稲穂を分かち合い、愛と喜びの心を込めてこの行為を続けてほしい。

 

このエネルギーに触れた者たちは、あなたに心からの敬意と感謝の意を表すことだろう。



旧野首教会
 
長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷692-1

20171104-1旧野首教会




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年05月07日

2017/5/5 広島に捧げる鎮魂の祈り

今の平和を当たり前に感じることができるのは、この場所があるからこそ。

すべての人々が、あの日の出来事を忘れることはない。

 

祈りを捧げる人たちの思い

年月が過ぎても、この場所に残る体のしびれや苦しさ

 

平和の灯がこの場所を浄化しているが、その範囲は限られている。

風が吹き浄化を促すが、人々の傷は癒えない。

 

原爆慰霊碑のアーチから臨む原爆ドーム

その間にある平和の灯

 

この3つがつながり、人々の悲しみや苦しみが浄化されるよう、

みすまるの珠となりて、柔らかな循環の光の柱と、黄金の稲穂を奉納した。

 

あの日お亡くなりになられた方々の魂に、この黄金の稲穂が伝わり

柔らかな光の柱の存在に気づき、光の国へと導かれますように。

 

そして、原爆慰霊碑で鎮魂の祈りを捧げる人々の魂にも、

この黄金の稲穂が伝わりますように。

 

自然の風の力が、押し付けることなく、3つを繋いでいく。
風の道と光の道が浄化の道となり、循環し始める。


20170505広島-4

20170505広島-3

20170505広島-2

20170505広島-1




trinity_method at 17:28|PermalinkComments(0)

2017年02月25日

2016/2/16 ダイアモンドヘッド

ハワイ ダイヤモンドヘッドに旅行した友人から写真が送られてきた。

自分1人と2つの勾玉 三者で、光の御柱、龍の御珠、黄金の稲穂を奉納したという。

その時の写真を拝見していると、こんなメッセージをいただいた。

 

 

豊かな稲穂じゃ。
皆を幸せにさせる。

このようなことを成すのは、そなた達が日の昇る国から来たからであろうか。

 

豊かさとは、物質的なことではない。

このように、心が和み、

人間のみならず、すべてのものに対して癒しの心を向けられるかどうかじゃ。

 

ほ~。この浸透(龍の御珠)。
ふつふつと泡のように我の中を巡っている。

心地よいミストに触れた時のようじゃ。

 

控え目でいて、それでいてこのようなことを成す。

日の昇る国のものたちが生きてきた道、そしてこれからの道、見えてくるようじゃ。

自分の為だけでなく、また目の前の人の為だけでなく、遠く深い目をして世の中を見ている。

 

我らに対して、何を願う?

我らができるとしたら、この浸透してきた感動を、この地から発していくことだけじゃ。

 

そなた達がくれた光の情報では、横にも縦にもつながり、

この心地よい泡と、豊かな心を広げていこうとしていると見た。

 

よしよし。

我らも、我らができることを、やっていこうではないか。

 

そなた達の光の柱が、我らの中に建った時、ほかの意識体が我らをじっと見たのを感じた。

我がその意識体を見つめ返したとき、
我の中のこの心地よい泡が、すーっとそのもの達に流れていき、包み込んだのを見た。

我が見つめるだけで、この心地よい泡は伝わっていくのか。

 

これは面白い。

我が意識して見つめるだけで、この心地よい泡と豊かさは伝わっていくのじゃ。

 

ここを訪れた人たちに対して、

そなた達が当たり前のように、相手を思いやる心を基礎に持てるよう、

そして、その上で自分の魂が感じる喜びと出逢えるよう、

我らは、この心地よい泡と豊かさを分け与えていこう。

 

また大地の下に向かって意識を下し、

そこから地球全体にこの心を浸透させるよう手助けしよう。

 

人だけでなく、すべての意識体に対して、意識を向けていくことにしよう。

 

白色に淡い水色が入った色合いの龍が、こちらを温かい目で見つめていた。

その目は、水を得た魚のように生き生きと希望に満ち溢れていた。


アメリカ合衆国 ハワイ州 オアフ島 ダイアモンドヘッド

20170216ダイヤモンドヘッド



trinity_method at 16:24|PermalinkComments(0)

2016年03月31日

2016/2/12 祇園山

名もないものですよ。

ここは守っているというよりも、ここが好きだからいる、それだけですよ。

特定のものではありません。

色んな意識体がやってきては、ここに止まり、また違うものがやってきます。


光の御柱を奉納

自然界は、すべてが楽しいわけではありません。

すべてが恐ろしいわけでもありません。


あなたが今何を感じているか、それによって、

自然界に対する意識は変わっていくでしょう。


それぞれが感じることであり、それを強要することはしません。

心地よければ、心地いい。少し怖ければそれもよしです。


神門祝詞を唱え神門に入り、光の御柱・龍の御珠を奉納

この大自然のこの雰囲気に少しだけ時間を共にしましょう。

あなたの肉体がなくなり、膝の痛みや体の不調もなくなり、

1つの細胞となって、ただただ、そこにたゆたっています。

大自然の中に、ぽかーんと浮いています。


先ほどあなた達が願われたこと、個人個人はとても素晴らしい願いです。

それが叶っていけばいくほど、すべてが感謝となって、

あなたの身体から広がっていくでしょう。


願いはどんどん、出していきなさい。

自分の中で、また変わっていきます。

私たちはいつもそれを受け止めています。


これからも良き旅を祈っております。

祇園山
 兵庫県神戸市兵庫区上祇園町
121 祇園神社境内

20160212祇園神社裏山

 

 

 

 

 

 

 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年12月06日

2015/11/24 稲佐の浜 神在月

使者:Fさま

我らは、どこかに留まることもなく、でもなくなることもなく、

漂いながら今という瞬間を、そなた達と同じように過ごしている。

時代の変化と共に、我らも変化していく。

皆の望むところは何か。

我らは、どんな助けをしようか。

輝きながら成長していく人たちよ。

一歩前に進むのも、立ち止まるのも、また左右の路地に立ち寄るのも、

すべてそなた達の意志によるもの。

そしてそれはすべてにおいて、間違ってはいない。

そなたが選択したことは、そなた自身の人生となり、目の前に現れていく。

何を選択してもいい。

そなたが経験することは、そなたの力となり、そなた達を成長させていく。

さあ、行動するがいい。

そして表現していくがいい。

そなたの表現は、そなた自身を変え、
そして周囲の人たちへも影響を与えていくだろう。

※稲佐の浜
 島根県出雲市大社町杵築北2844-73

20151124稲佐の浜





 



trinity_method at 12:26|PermalinkComments(0)

2015年09月14日

2015/9/12 明神池

参拝者 Sさま Nさま Mさま Hさま

◆明神池の龍神さまに、龍の御珠を奉納

風が勢いよく吹いたかと思うと、
明神池から飛び出した
5体の龍神さまの存在を感じた。



黒っぽいウロコを持つ龍神さま、
白っぽいウロコを持つ龍神さま、
エメラルドグリーン色のウロコを持つ龍神さま、
黄金色に輝く龍神さま、
乳白色から光の加減で虹色の光を放つ龍神さま



そのうちの1体、外側が透明に光り、
身体の中心に黒っぽい輝きを持つ、鋭い目をした龍神さまが、こう伝えられた。


「自然は素晴らしいのではない。

あなた達にどのように映っているか知らないが、
 自然は自然のまま存在している。

あなた達は晴れを喜ぶが、
 自然は、晴れの日も、雨の日も、また気温の変化にも喜びを得る。
 それは生きていく上で、すべて必要なことであるから。

私たちは、その自然の中で、ありのまま生きている。」

龍神さまと意識を合わせている間、
たくさんの風が私たちの身体を吹きぬけていきました。

今日のご縁に感謝申し上げます。

明神池
 
長野県松本市安曇上高地

20150912明神池-2






 




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年08月31日

2015/8/13 布引の滝(雌滝)

使者:Iさま Wさま Hさま

龍の御珠を奉納 神門に入り、光の柱を奉納

自然の中に包まれていると、

色んな考えが浮かんでは消え、浮かんでは消え、

やがて何もなくなっていくことを知るでしょう。

あなたはこの場にいること、それだけで良しとなるでしょう。


※布引の滝(雌滝)
 兵庫県
神戸市中央区葺合町

201508313雌滝




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)