~聖地~

2020年06月28日

2020/6/28 生田森坐社の鳥居となったあすなろの樹

私は、遠く離れた森からやってきた。

ここはそこよりも暖かく、人の気配を多く感じる。

 

神戸に来たときは、ただの見世物と化し、
人々の反応もさまざまであった。

 

地球の声は、私の姿と共に、伝わっていったことに違いない。


 

今、私は新しい役割を与えられ、胸を張ってここにいる。

私は身をもって、経験したことを伝える。

 

大きな計画は、
未来を見据え、緻密な計算をしているとは限らない。


行き当たりばったりで実行され、
その波に影響を受け、右往左往する人々も多い。


 

だが、忘れてはならぬことがある。
自分の信念である。

 

なぜ、この世の中に、
肉体を持つことを望んで、今生きているのか、

しっかり見つめ直していくことだ。

 

望んだことが叶わず、日々消沈していく時もあるだろう。

だか、希望は捨てないことである。

 

世の中の流れと共に、
それぞれが求められていることは、変わってくる。

 

いかに柔軟に対応していくかが、人々のやる気につながる。

 


私は皆に告げよう。

 

新しい姿に生まれ変わり、
新たに黄金之稲穂を受け取ったことにより、
忘れかけていたことを思い出した。

 

この黄金之稲穂は、個々の魂に語り掛けていく。

 

人から人へ、人から自然へ、この地球の為、
自らの魂と今を生きる心がつながり、目覚めが始まる。

 


私は、新しい役割を担った。

 

自らの役割に向き合い、
ここにおわす神功皇后さまと共に、
この場所から、黄金之稲穂を出していこう。

 

人には色んな役割がある。どれも必要な人材である。

 

誰かがリーダーとなり、
旗を振って導いていく時代は、終わりを告げる。

 

それぞれが経験し、試行錯誤した結果、
自らの意見を述べ、調和しながら、
進めていく時代がやってきた。

 

何事も、経験である。
あなたも、周りも、動き始めていく。

 

 

・・

 

 

生まれ変わった鳥居は、
白っぽいオーラを出し、
この場所をさらに明るくしている。

 

今まで静かに鎮坐されていた神功皇后さまも、
柔らかなエネルギーを出し始めている。

 

「人と人が争う時代は終わった。

 主従関係ではなく、互いに認め合い、
 補い合っていくのである。

 その為に、我は動き始める。」

 

神功皇后さまは、若い鳥居を微笑ましく眺め、
訪れる人々を優しく迎え入れていく。

 

※生田森坐社 生田神社境内
 兵庫県 神戸市

20200628 生田森坐社の鳥居となったあすなろの木





trinity_method at 15:02|PermalinkComments(0)

2020年04月05日

2020/4/5 世界同時瞑想 メッセージ

2020/4/5 11:45~12:10

SNSを通じ、本日11:45より、
世界同時瞑想が行われることを知り、
私たちも参加させていただきました。
1日も早く、世界に平穏が訪れることを祈ります。

・・・

いつものように、
自身のアマテラスの聖域(アナハタチャクラ)を広げ、
内側から光を出し、そのまま、地球の中心に向かって、
下りていく。

そうすると、たくさんの光たちが、
私と同じように、地球の中心に向かって下りていった。

地球の中心を守る多くの守護者と一緒になって、
お互いの光を交換し、
自身のアマテラスの聖域に入れる。

(毎朝の太陽礼拝と同じようである)

地球の中心で光り輝いていた小さな球が、
四方八方に向かって、地球全体へと広がっていく。

地球の中心を守る多くの守護者と私たちの光が、
広がっていく。

眩しい光というより、淡いピンクを帯びたような光。

地球の中心を守る多くの守護者のエネルギーが、
中心から外に向かい、地中から地表へ、そして地上へと。

モヤのような感じになり、
淡いピンク色から透明になって、
ゆらゆらと空に向かって上がっていく。

宇宙空間までいくと、
透明から少しずつ薄い青へと変化。
エネルギーはさらに上昇を続ける。

青い地球がより青く、透き通って見える。
地球が一段と光り輝いている。

遠くの上の方から、眩しい光がやってくる。
白っぽい、少しプラチナがかった眩しい光。

そよそよとゆっくりと。
暗い宇宙空間に、全体にそよそよと光が下りてくる。

その光が、地球だけでなく、宇宙全体に広がっている。
暗かった宇宙が、薄ぼんやりとした世界へと変わる。

それぞれの惑星にたどり着くと、
膜を張るように、ぴちっと覆った(シールド)。

地球全体を光のシールドで覆って、
そこに光が次々と入っていく。

光は空から下へと、下りてきて、
建物が見え、人の姿も見え、
全体をこの眩しい白い光が覆っていく。

地表についた光は、染み染みと、地下に染み込んでいき、
真っ暗だった地中にも、この光が浸透していく。

地球の核で光り輝いている地球の中心を守る多くの守護者の元へこの白い光が入っていく。

地球の中心を守る多くの守護者の元々の光の色は、黄色
その中に入って、より輝きを増した。

地の奥で混ざり合うエネルギーが統一されると、
光はまた中心から外に向かって、四方八方に広がり、
循環が始まる。

どんどん外に広がり、
地と天の混ざり合った光は、
地中から地表へと上がっていく。

外にいる人や建物、その中にいる人など
すべての細胞に、入っていく。

地軸に沿って立つ、もしくは座っておくと、
あなたの身体の中にも、このエネルギーは入っていく。

自分の内側を、心の目で見てみよう。

柔らかな光で満たされていることを感じるだろう。

心の中から湧き出る感謝の言葉
「ありがとう」というマントラを心で唱えると、
あなたの内側から、エネルギーと光が出ていく。

あなたも、そして周りの人も、同じように
自分の中心から、この感謝のエネルギーを出していく。

天から送られた光のシールドは、
地球の中で、この波動がいっぱいになるまで、保たれ、
地球の中で一杯になったら、自然と宇宙へと流れていく。

まずは地球の中で、この波動をいっぱいに満たすこと。

やがてこのシールドは外れ、宇宙へと戻っていく。

地球とそこに住まう人々の意識が変わるまで、
このシールドは破られることはない。

地球とそこに住まう人々が一心同体で、
この時間を過ごしている。

宇宙から見た地球は、今、変革のとき。

自らが起こした出来事を、
どのように修正して未来へとつなげるかを考えている時。

宇宙の中の惑星たちも、
それぞれが同じように覚醒を迎え、変化している。

すべてが変わっていく時。

次元上昇の始まりである。

・・・

ご覧いただき、ありがとうございました。
シェア願えれば幸いです。

20200405-11




trinity_method at 14:35|PermalinkComments(0)

2018年03月17日

2018/2/14 ヴァチカン市国

参拝者:相澤道子

 

光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂 奉納

 

色の力はとても大切。

 

そなたが奉納してくれた珠(龍之御珠)は、

とても力のあるエネルギー体である。

 

人がそれに触れると、

その人が必要とする色の珠が溶け込み、

バランスを保っていく。

 

その人の魂そのものが、

肉体に宿った時を、思い出すのである。

 

人は感動するが、すぐに忘れる。

 

だから学びがあるのだが、

魂の思いを、現在のあなたが触れる瞬間が増えていくと、

あなたは、この地球に生まれて来た意味を思い出し、

この時代を選んだ意味も思い出すだろう。

 

あなたが望むことを表現していきなさい。

 

あなたの行動や発信によって、

何かしらの気づきを得る人がいる。

 

恐れることなく、進んでいきなさい。

そしてそれができる環境となっていくだろう。

 

「なぜ、今なのか。」

「なぜ、自分なのか。」

 

それを突き詰めることなく、

目の前に起こる出来事に、淡々と対応していくことで、

あなたは、その人生を満足していく。

 

黄金色の光の粒は、意識を持っている。

 

「生きる」ということを再認識するエネルギーである。

 

何も知らない人が、それに触れたとしても、

生命エネルギーを活性化していくだろう。

 

我らは何の知識もないが、

エネルギーに触れると、それらが我らに教えてくれる。

感じさせてくれるのである。

 

このヴァチカンに、循環のエネルギーが流れてきた。

天之御柱が建ったのがわかるだろう。

 

ここを訪れる人たちも、

自身の使命を思い出し、動き始める。

天と地とのはざまに生きる人が、

天と地の言葉に真摯に耳を傾けていく。

 

この聖地 ヴァチカンは、その使命を思い出した。

 

地球と天を結ぶ天之御柱。

人が自分たちを守って、言い争っている時代は終わりを告げる。

 
ヴァチカン市国

20180214ヴァチカン市国1




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年02月25日

2018/2/13 コロッセオ

参拝者:相沢道子

 

黄金之稲穂 奉納

 

ラの音階で、雪のように、天から降ってくる黄金之稲穂。

 

横になっている者、うずくまっている者、壁にもたれかけている者などが、

この音ともに降ってくるほのかに光る粒に気づく。

 

たくさんの魂たちが、この空間に舞っている光の粒を見あげている。

 

自分の近くきた黄金色の粒に

自らが手を出し触れてみると、

身体の中に浸透していった。

 

痛みや苦しみで傷ついていた身体や心が、

この光の粒で癒され、本来あるべき魂の姿に戻っていく。

 

コロッセオの中に佇む魂たちが、

黄金之稲穂に触れることで、自身の中の光を取り戻していく。

 

「もうここにいる必要はない。

 魂は傷ついていないことが分かったら、

 本当に行きたいと思っているところへ、行きなさい。」

 

穏やかな声が、コロッセオの中に響くと、

大きな歓声が、響き渡る。

 

自らの中に光を取り戻した魂たちは、

少しずつ天へと戻っていった。

 

コロッセオの中には、柔らかい風が吹き、

滞っていた空気が、流れ始める。

 

コロッセオ

 イタリア ローマ


20180213コロッセオ-1



trinity_method at 11:28|PermalinkComments(0)

2018年02月20日

2018/2/12 サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

参拝者:相沢道子

 

黄金之稲穂 奉納

 

ここはたくさんの人たちが行き交う場所。

 

電車の時間を急いでいる人や、

これからのことに思いを馳せて、ゆっくり歩いている人、

ここへ来る人、ここから離れる人、さまざまである。

 

そんな中、ふと立ち止まって、面白いことをした旅の人がいる。

 

そなたは何者かな?

 

そなたが放った金色の粒は、この空間を飛び交い、

ぷちぷちと弾けながら、分裂していく。

 

どうなっているのだろう。

 

初めて見た。

 

この粒、人懐っこいというか、

色んな人にくっついて、この場を離れていく。

 

これを放った者の胸に、キラリと光る者(勾玉)たちを発見。

その中で一番堂々としている者が、こちらを見て会釈した。

 

この金色の粒、変なものではないらしい。

 

くっついた人の感情が、穏やかになっているのがわかる。

不思議な光の粒だ。

 

このステーションに、穏やかな空気が舞っていく。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅
 イタリア フィレンツェ

 

20180212 サンタ・マリア・ノヴェッラ駅



trinity_method at 08:43|PermalinkComments(0)

2018年02月17日

2018/2/11 サンタマリアデルフィオーレ教会 ドゥオモ

参拝者:相沢道子

光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂 奉納

素晴らしいギフトをありがとう。
皆の願いが、天井を超えて、天へと昇っていく。

ここに、天と地を結ぶ光の柱が建立された。
眩しいほど明るくなく、ほのかに温かい光。
その中を黄金色の光の粒が舞っている。

この空間全体にも、黄金色の光の粒が舞っている。
柔らかな慈愛のエネルギーである。

これからここを訪れる人たちは、
この素晴らしいエネルギーに触れ、
魂を癒していくだろう。

争いのない世界を望んでいる魂はたくさんいる。
個人の幸せを求める時代は、終わりを告げる。

素晴らしいギフトをくれた旅の者よ。
あなたの願いは叶ったのかな。

私利私欲ではなく、公けの願いに共感した。

私たちはここで、その願いに沿うよう、
黄金色の光の粒を渡していこう。

黄金色の光の粒は、この空間を舞い、
赤ちゃんが母に抱かれているような感覚。

「安寧」という響きとともに、空間を癒していく。

サンタマリアデルフィオーレ教会 ドゥオモ
イタリア フィレンツェ
20180212サンタマリアデルフィオーレ教会、ドゥオモ




trinity_method at 09:55|PermalinkComments(0)

2018年02月15日

2018/2/11 ボルチェリーノ

参拝者:相澤道子

 

 

黄金の稲穂を奉納

 

僕は「ボルチェリーノ」

鼻を撫でると幸運になるといわれているブロンズ像のイノシシさ。

 

僕がここに座ってから、

どれほどの人たちが、僕の鼻を触っただろう。

 

ほら、見て

だから僕の鼻は、ピカピカなのさ。

 

「僕の鼻を触ると幸運になる!」

 

そう思って触ってくれるから、幸運のエネルギーが

あなたの中から出てくるのさ。

 

そして僕はそれを、

とても嬉しく思って、お返しするだけさ。

 

何もつらくない。

だって、皆が笑顔で、僕の周りに来てくれるのだから。

 

そして楽しそうな旅の人が、やってきた。

 

僕の鼻に、僕の鼻の色とそっくりな黄金色の光の粒を

つけてくれんだよ。

 

何と素敵なギフトだろう。

 

僕は今まで、僕の身体の中で、

頂いた幸福を、お返ししていた。

 

でもこの黄金色の光の粒は、

地球の核のところまで、その幸運をいざなっていく。

 

そしてまた瞬時に、僕のところから、

相手の人のところへと返っていく。

 

地球のエネルギーも、一緒に含まれて返っていく。

 

何て素敵な光の粒なんだろう。

 

面白いことが始まった。

 

さあ、僕の鼻を触ってみて。

 

地球からのギフトが入っているよ。

 

あなたの中にあるわくわくする気持ちが倍増して、

あなたはもっと、Happyになっちゃうよ。

 

この黄金色の光の粒をくれた旅の人にお礼を伝えて。

僕はとても幸せだよ。

 
ボルチェリーノ

 イタリア フィレンツェ

20180211ボルチェリーノ




trinity_method at 08:27|PermalinkComments(0)

2018年02月14日

2018/2/11 サン・ジョバナンニ洗礼堂

参拝者:相澤道子

 

光の御柱、龍の御珠、黄金の稲穂を奉納

 

ここには、たくさんの願いが渦巻いている。

それを浄化させるものがないかと、思っていた。

 

光の柱が天井を突き破り、

龍の御珠が風と共に勢いを増し、

黄金色の粒は、まるで我らが慣れ親しんでいる麦のよう。

 

この場の滞っていた空気が、一掃されたようである。

 

これはとても素晴らしい。

この中に風の流れができた。

 

天に昇るだけでなく、大地よりもエネルギーが湧き出てくるよう。

 

この場所に循環が始まった。

 

我が建物は、八角形。

エネルギーを倍増していく形である。

 

黄金の麦も、どうやら自身で分裂を繰り返し、増え続けていくらしい。

 

黄金の麦を乗せた光の柱は、天を昇り、

やがて雨と一緒に地上に降りてくるだろう。

 

ここにあるたくさんの願いは、解放されていく時がきた。

願いは願いに留まらず、現実化していく。

 

ここにこれらの技法をされた旅の方、

よほどのお覚悟がある方だとお見受けする。

 

我らの願いを解放してくれてありがとう。

これから、外に出ていくことになるだろう。

 

世の中に変化が訪れる。

その時期が来たのだ。

 

恐れることはない。

願ったことが、実行されるだけである。

 

黄金の麦を乗せた光の柱は、天を昇り、

やがて雨と一緒に地上に降りてくる。

 

この繰り返しである。

サン・ジョバナンニ洗礼堂

  イタリア フィレンツェ

20180211-1サン・ジョヴァンニ洗礼堂



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年02月13日

2018/2/10 サンタ・マリア・デルフォーレ大聖堂 鐘楼

参拝者:相澤道子

 

黄金の稲穂を奉納

 

面白いギフトが届いた。

黄金色の粒である。

 

粒同士が触れるとはじけ、増えていくのが見える。

ほう、何と面白い。

 

我の鐘の音でも、また増えていく。

鐘の音が、この街中に鳴り響く。

音に乗って、リズムを取りながら、黄金色の粒が、街中の空を舞う。

 

ほっほっほ、楽しいリズム。

黄金色の粒は、人々に楽しい気持ちを呼び起こしてくれるみたいだ。

 

 

ほら、見えるかな。

この黄金色の粒に触れた者は、何故か笑顔になっている。

心に温かい光が灯ったようである。

 

この楽しいギフトをくれた旅の者に礼を言う。

ありがとう。

 

この黄金色の粒に触れると、たくさんの情報を読み取ることができる。

 

これは、日本の神さまが古来伝えてきたものだそうだ。

 

この街に住む者にも、この温かい光がわかるだろう。

 

さあ、このプレゼントを受け取っておくれ。

私はこの楽しいギフトを、鐘の音を鳴り響かせながら、プレゼントしていこう。

 

温かい光が心に灯れば、本来の人としての振る舞いが、自ずとできていくだろう。

 

イタリア フレンツェの街は、鐘の音が聞こえる時間になると、

黄金の稲穂が街中を飛び交う。

 

このことを知らなくても、人々の心には、温かな光が灯っていく。

イタリア フィレンツェ

 サンタ・マリア・デルフォーレ大聖堂 鐘楼

20180210サンタマリア デルフォーレ教会 鐘楼




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年01月15日

2018/1/9 グッドシェパード教会

参拝者:Maguro Chan

少し周りを見渡しながら、どんどんと我に近づいてくる女性。

天井を見上げ、ひとつ大きく深呼吸したかと思うと、

胸から光の粒(黄金の稲穂)を差し出した。

 

ここはたくさんの人たちが訪れる場所

たくさんの祈りと悩みが入り混じった空間

 

そなたがくれた光の粒(黄金の稲穂)は、

風を吹かせながら、この空間に広がっていく。

 

すべての祈りと悩みを、1つひとつ丁寧に光で包み込み、

まるでキラキラとしたキャンディーのよう。

 

キャンディーの中の光は、不安要素である中身を溶かし、

暖かい希望の光へと変化させた。

 

キラキラとした楽しいキャンディーが、この宙を舞っている。

 

その様子を見ていたマリアさまが、このキャンディーに触れた。

 

自身の中から、たくさんの光の粒(黄金の稲穂)が出てきて、

色んな色合いのキャンディーへと変化していった。

 

一番驚いたのは、本人のマリアさま。

しかしその1粒を手に取り、少し目を閉じて何かを思い出したようだ。

 

ひと筋の涙が頬をつたい、その顔から笑みが生まれた。

自分の中にある希望の光に触れたようである。

 

ここを訪れる人たちは、

知らないうちにこのキャンディーを受け、

自身の中にある希望の光とつながり、活性化していくだろう。

 

よいプレゼントをいただいた。

礼を言う、ありがとう。

 

これらのキャンディーは尽きることなく、

ここの空間に舞っている。

グッドシェパード教会 

  所在地 クイーンストリート,シンガポール

20180110グッドシェパード教会-0

20180110グッドシェパード教会-1




trinity_method at 08:39|PermalinkComments(0)