~伊佐須美大明神(いさすみだいみょうじん)~

2018年06月18日

2018/6/10 弓弦羽神社

御祭神:

・伊弉冉尊(いざなみのみこと)

・事解之男命(ことさかのおのみこと)

・速玉之男命(はやたまおのみこと)

 

参拝者:おぎはら聖子 他8

 


 

神門に入り、黄金之稲穂 奉納

 

 

そなた達が奉納してくれた黄金之稲穂が、我の中で風を生んだ。

風がほほを撫でる。

 

皆にとって、この風は、心地よいか。

それとも、強いか(厳しいか)。

 

変化に順応する準備はできているか。

 

それを自身で感じてみよ。

 

 

風は皆に平等に吹いている。

どう感じるかは、それぞれの心境しだい。

 

そしてそれを良しとして行動していけるかどうかは、準備しだい。

 

 

人はすぐに良い・悪いをつけ、反省するクセがある。

 

良い・悪いの判断するのではなく、今を楽しく生きるのである。

 

そして改善点があるのなら、反省で終わるのではなく、改善していくのである。

 

いつも意識していれば、それらに気付くきっかけは得られるだろう。

 

 

誰もが幸せになるために、この世を選んで生まれてきている。

 

ここにいる皆が幸せであり、これからも幸せを感じていける。

 

 

黄金之稲穂は、豊かさの象徴である。

 

そなた達から放出された黄金之稲穂は、我の中で心地よく舞っている。

 

そしてそなた達の中にも、我の黄金之稲穂が、心地よく舞っていることだろう。


弓弦羽神社(ゆずるはじんじゃ)

  兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27


20180610弓弦羽神社



trinity_method at 07:40|PermalinkComments(0)

2018年01月02日

2018/1/2 伊邪那美命さま

2018年を生きるすべての魂に告げる』

 

昨日に引き続き、伊邪那美命さまのお言葉を皆さまにお伝えいたします。

 

・・・

 

自分を偽らず、そして見失わず、自分自身を確立するために、時間を取りなさい。

 

どこに進むのかわからないときは、がむしゃらに進まず、ひと呼吸おきなさい。

 

自分の力だけでは、すべて回らない時がある。

他のものを信じ、自分も他の者の力となり、互いに力を合わせて確立させていきなさい。

 

何も難しいことはない。

日常生活の中で、皆がやっていること。

 

作物にしても、そう。

水が欲しければ、蛇口をひねるだけで出てくる。

スイッチを入れれば暖が取れ、暗闇から明かりが生まれる。

 

そなたは、そなた以外から恩恵を受けている。

そうやって、この世の中が成り立っている。

 

当たり前のように、生きているのではなく、

すべてが素晴らしいことを、改めて感じるのである。

 

その感謝から生まれてくるのは、そなた自身が何をやるか。

何をこの世の中の為にやるのか。

 

急ぐ必要はない。

自分の中で考えていきなさい。

20180102イザナミさま




trinity_method at 11:44|PermalinkComments(0)

2016年01月03日

2016年 伊耶那美命さまよりのメッセージ

13日 日本の神様カードを通じて、

伊耶那美命さまよりのメッセージを頂きました。

 

風を感じなさい。

あなたの中の直観を信じなさい。

あなたが一歩足を出すことで、変化は訪れます。

 

信じなさい。

信じるのです。

 

目の前に扉があれば、それを開きなさい。

階段があれば、進みなさい。

湖があれば、全体を見渡して進みなさい。

 

あなたが進む道は、厳しいわけでも、苦しいわけでもありません。

あなたが創造した道です。

 

自分を信じて、進んでいきなさい。

20160103伊耶那美命さま



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年06月13日

2014/1/4 伊佐須美(いさすみ)神社

主祭神 伊佐須美大明神(伊弉諾尊、伊弉冉尊、大毘古命、建沼河別命の四柱を総称している)

相 殿  塩釜大神 八幡大神


使者 Mさま Aさま


人のことをとやかく考える前に、まず自分自身のことを振り返る。


今日が満足であったか、明日は何をしようか。

そして2年後、3年後は?


日々の積み重ねが人生なら、それを左右させるのが目的と方向性。


きちんとした目的を持ち、それに行きつくまでの行程を色んなパターンで方向づける。


楽しいものよのう。

ぜひ楽しんでやっていくがいい。


すべては自分次第である。 
2014イサスミ



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)