★場所

2020年06月28日

2020/6/28 生田森坐社の鳥居となったあすなろの樹

私は、遠く離れた森からやってきた。

ここはそこよりも暖かく、人の気配を多く感じる。

 

神戸に来たときは、ただの見世物と化し、
人々の反応もさまざまであった。

 

地球の声は、私の姿と共に、伝わっていったことに違いない。


 

今、私は新しい役割を与えられ、胸を張ってここにいる。

私は身をもって、経験したことを伝える。

 

大きな計画は、
未来を見据え、緻密な計算をしているとは限らない。


行き当たりばったりで実行され、
その波に影響を受け、右往左往する人々も多い。


 

だが、忘れてはならぬことがある。
自分の信念である。

 

なぜ、この世の中に、
肉体を持つことを望んで、今生きているのか、

しっかり見つめ直していくことだ。

 

望んだことが叶わず、日々消沈していく時もあるだろう。

だか、希望は捨てないことである。

 

世の中の流れと共に、
それぞれが求められていることは、変わってくる。

 

いかに柔軟に対応していくかが、人々のやる気につながる。

 


私は皆に告げよう。

 

新しい姿に生まれ変わり、
新たに黄金之稲穂を受け取ったことにより、
忘れかけていたことを思い出した。

 

この黄金之稲穂は、個々の魂に語り掛けていく。

 

人から人へ、人から自然へ、この地球の為、
自らの魂と今を生きる心がつながり、目覚めが始まる。

 


私は、新しい役割を担った。

 

自らの役割に向き合い、
ここにおわす神功皇后さまと共に、
この場所から、黄金之稲穂を出していこう。

 

人には色んな役割がある。どれも必要な人材である。

 

誰かがリーダーとなり、
旗を振って導いていく時代は、終わりを告げる。

 

それぞれが経験し、試行錯誤した結果、
自らの意見を述べ、調和しながら、
進めていく時代がやってきた。

 

何事も、経験である。
あなたも、周りも、動き始めていく。

 

 

・・

 

 

生まれ変わった鳥居は、
白っぽいオーラを出し、
この場所をさらに明るくしている。

 

今まで静かに鎮坐されていた神功皇后さまも、
柔らかなエネルギーを出し始めている。

 

「人と人が争う時代は終わった。

 主従関係ではなく、互いに認め合い、
 補い合っていくのである。

 その為に、我は動き始める。」

 

神功皇后さまは、若い鳥居を微笑ましく眺め、
訪れる人々を優しく迎え入れていく。

 

※生田森坐社 生田神社境内
 兵庫県 神戸市

20200628 生田森坐社の鳥居となったあすなろの木





trinity_method at 15:02|PermalinkComments(0)

2020年04月14日

2020/4/1 国造神社

御祭神:

速瓶玉命(はやみかたまのみこと) 

雨宮媛命(あめみやひめのみこと)

 

参拝者:あべまりあ


黄金之稲穂奉納

 

・・・

 

風が心地よいだろう。

我は自然と調和している。

 

自然の中から流れ来るものを良しとし、

固執することなく、また期待することなく、存在している。

 

すべての流れは、自然そのもの。

良くも悪くも、何もない。

あるのは事実であり、

それを体験しているということ。

 

人々の願う安寧に、地球は含んでいるか。

 

今までの概念を取り払い、

本当に大切なものを見つけるのである。

 

太陽と共に活動し、太陽が沈めば休息する。

 

当たり前のことだが、

日々はその繰り返しである。

 

そなたの日常の中に、

この黄金之稲穂の奉納を加えよ。

 

特別な行為ではなく、

日々当たり前に行っていくのである。

 

励めよ。

国造神社 

 熊本県阿蘇市一の宮町 手野


20200401国造神社



trinity_method at 08:26|PermalinkComments(0)

2020年01月05日

2020/1/4 東京大神宮

御祭神:

天照皇大神・豊受大神・天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神・倭比賣命


参拝者:日響 娃 他1名

黄金之稲穂奉納

個人が、それぞれの豊かさを感じられる時代となりました。

私はあなた達すべてを、いつも見守っております。

争うことなく、ゆっくりと進んで行きなさい。

今この瞬間を大切にしていくのです。

人生とは、この積み重ねです。

・・・

暖かな日差しが参拝者を包み、

空にはキラキラと黄金之稲穂が舞っていました。


東京大神宮

 東京都千代田区富士見2-4-1

20200104東京大神宮-3




trinity_method at 12:17|PermalinkComments(0)

2019年12月29日

2019/12/29 椿大神社

御祭神:猿田彦大神 相殿 ニニギノミコト

 

参拝者:さるたびとさやか

 

黄金之稲穂 奉納

 

猿田人たる者よ。

 

我に導かれ、我と共に皆を導く。

その覚悟ある者と見た。

 

よくぞ参られた。

そしてよくぞ、我と契りを結ばれた。

 

色んな人がいる。

それぞれの目指す未来は違う。

 

それに口出すことはない。

 

ただ、魂の輝きを見失った者に、

輝きを思い出すきかっけを与えるのみ。

 

そなたの放つ黄金之稲穂が、

そのきっかけの1つとなろう。

 

我の依り代となる勾玉と共に、

たくさんの場所に赴き、

魂の輝きを思い出すきっかけとなる

黄金之稲穂を奉納しておくれ。

 

そなたの目指すもの。

近道せずとも、必ずや身につく。

 

やりたいことを具体的にせよ。

 

1歩ずつ、確実に進むが良い。

 

必ず道は拓けていく。

椿大神社 
 
鈴鹿市山本町1871

20191229 椿大社




trinity_method at 14:06|PermalinkComments(0)

2019年12月06日

2019/11/26 宗廟

 

参拝者:相澤道子 他1名

 

天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

 


眩しい!

今日は一段と良い天気だ。

ゆっくり見学しておゆき。

お茶はいかがかな。

 

世の中思う通りに行かぬ。

そのことに嘆き悲しむのではなく、

自分の行動が世の中に繋がり、

他の人の役に立っていることを意識せよ。

 

そなた1人の行動が、

すべてに影響を与えていく。意識せよ。

 

その意識をもっと持つと、

そなたの中から、慈愛が生まれてくるだろう。

 

そなたからその慈愛を発信せよ。

我らもここから、発信していこう。

 

黄金之稲穂は風に乗って、

四方八方へと広がっていった。

宗廟(挑戦王朝歴代の王と王妃の神主(位牌)が安置された儒教の霊廟)

 ソウル特別市鐘路区薫井洞1

 20191126宗廟-1



trinity_method at 08:37|PermalinkComments(0)

2019年12月05日

2019/11/25 明洞聖堂

御祭神:聖母マリア

参拝者:相澤道子 他1名


神門に入り、天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

 

暖かい愛の光をありがとう。

とても心安らぐ。

 

ここは愛を求め、たくさんの人たちがやってくる。

愛をくれたのは、あなた達が初めてかもしれない。

そう、与えれば返ってくる。

奪い合えば、足りない。

この原理を、皆が知ることになるだろう。

 

人の魂は、幸せに満ち足りると、皆素直になる。

幸せだと、どこで気づくかだけである。

 

この地に建った光の柱は、点となり、

他の点と繋がっていく。

 

楽しい未来図を一緒に描けることを嬉しく思う。

 

これからもたくさんの場所に、

この光の柱を建てて行っておくれ。

 

我は、たくさんの場所と繋がることを楽しみにしておる。

 

こちらの光の情報から、聖母マリアさまは、「暖かい布」をお取りになられた。

そして、ご自身の中から「律」を光の情報にお入れになられた。


その後、たくさんの神々がこのことを祝福され、空には太陽暈が現れた。



明洞聖堂

 ソウル特別市中区明洞21-2 
20191125明洞聖堂-1


20191125明洞聖堂-4




trinity_method at 08:33|PermalinkComments(0)

2019年12月02日

2019/11/25 景福宮(キョンボックン)

参拝者:相澤道子 他1名

 

天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

 

 

建物を守る代表的な意識体はいない。

 

虚となった場所には、

目的を見失った意識体が寄ってくる。

 

ここに光の柱が建った。

眩しい光の柱である。

 

代表がおらぬゆえ、

地球の核からのエネルギーが、そのまま流れ、

誰のフィルターも通さず、天へと伸びている。

 

虚の場所が、聖地となった瞬間である。

 

目的を持たぬ意識体たちが、

この光を浴び、幸せそうに光に溶け込んでいった。

 

ここに無償の光の柱が建った。

 

放たれた龍之御珠から、

5色の龍が生まれ、

この聖地を守ることを約束した。

 

聖地の誕生に黄金之稲穂が宙を舞い続けていく。


景福宮(キョンボックン)

ソウル特別市鐘路区161世宗路

20191125景福宮-1



trinity_method at 08:23|PermalinkComments(0)

2019年12月01日

2019/11/25 光化門広場

 

参拝者:相澤道子 他1名


天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納


 

ほほ~

ここに光の柱を建てるとは、考えたものだ。

日本と韓国、個の魂として仲が悪いわけではない。

 

各々の置かれた立場から、言葉を発しているだけである。

 

主張すればするほど、負のスパイラルが生まれる。

話を聞く姿勢が、大切となるだろう。

 

ここを訪れる人は、観光客が多い。

我が民が訪れる人数はわからぬ。

だが、我の声を聞き入れてくれる民が多い。

 

物事は、1人の人間として、感じ対応せよ。

「個」の正しい行いが、国を造っていく。

 

黄金之稲穂は、我(王)の身体(像)に入り、

我(王)の世を思う心と共に、あふれ出る。

 

龍之御珠の勢いにより、

黄金之稲穂は、宙を舞い続ける。



光化門広場 韓国の王様の像

ソウル特別市鐘路区世宗路
20191125光化門広場-1




trinity_method at 11:58|PermalinkComments(0)

2019年11月23日

2019/11/23 不思議な夢

私は昨日夢を見た。

 

そこは、伊勢神宮の内宮。

天皇陛下と皇后陛下が内宮にお参りしている様子を眺めている。

 

陛下が天照大御神様のもとにお進みになられると、

天照大御神様に控えていた2体の龍が進み出てきた。

 

天命を司る黄金色の龍(以下、金龍)と、

天啓を司る銀色の龍(以下、銀龍)である。

 

金龍はお酒を、
銀龍はたくさんの果物を陛下にうやうやしく差し出した。

 

次に現れたのは、天運を司る白い子狐(以下、天狐)。

天狐は、両手に真白い反物を陛下に差し出すと、

「この反物は着る者を浄化いたします」と伝えた。

 

次に現れたのは、金運を司る白い子狐(以下、金狐)。

うやうやしく箱を差し出すと、その箱の中には、たくさんの宝物が詰まっていた。

 

陛下は楽しそうに宝箱の中を眺められ、そこから「人々の笑顔」を取り出された。


「人々の笑顔が一番心安らぐ。安寧が続くことを望んでいる」とおっしゃった。

宝箱から気に入ったものを1つ取り出すと、自分の大切なものを1つ入れられた。


陛下が大切にされていたのは「静かな湖」。

揺らがない心のことだと陛下はおっしゃりながら、宝箱に入れられた。

 

陛下は皇后様にも、宝箱を覗いてみるように勧められた。

皇后様は、目をキラキラさせて、宝箱の中身を眺められた。

 

嬉しそうに取り出されたものは「みんなの慈愛」。

そしてご自身が大切にされている「自分の慈愛」を入れられた。

 

「優しい心は広がっていく。

慈愛を出せば、それが融合して、また慈愛が戻ってくる。

その心が世の中に循環していけばいい」とおっしゃった。

 

智慧ある6羽の純白の梟たちが、天照大御神様のもとから飛び立ち、

陛下と皇后様のそばで、羽ばたいた。

その空中には、豊かさを象徴する黄金之稲穂が舞っていた。

 

天皇陛下は、この国の安寧と人々の幸せを願われ、

皇后陛下は、慈愛に満ちた眼差しで、民を抱擁している。

 

この国に生まれて本当に良かったと感謝の祈りを捧げているところで、目が覚めた。

 

とても不思議な夢であった。

 

天皇陛下と皇后陛下とこの国の弥栄を、心よりお祈りいたします。
20191123伊勢神宮



trinity_method at 14:40|PermalinkComments(0)

2019年10月22日

2019/10/3  安倍晴明神社

主祭神 安倍晴明

参拝者:参拝者 村野隆敏 守護龍神二柱

神門に入り、天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

天と地のはざまで生きる肉体を持った神たちよ。

自分の中心軸を地軸と合わせることで、
自分以外の力が使えることを覚えておくことだ。

丹田がしっかりしていれば、他はゆるゆるしておけばいい。

何事においても同じ。

すべてがしっかりきちんとしている状態は、 心地よいかもしれないが、
それを維持していくことは容易ではない。

そなたが思う大切なことを、
しっかりきちんとしていれば、それで良い。

たくさんの可能性がある。
楽しんで行なっていくことだ。

さて、そなた達が奉納してくれたものは、 大変有意義なものばかり。
楽しませてもらった。

この地でも、これは活用できていくだろう。

人々が意識していなくても、 このエネルギーは浸透していく。
よく生み出したものだ。

無私の心での行いが、 このエネルギーを倍増させていく。

これからも、 この気持ちを忘れることなく、続けて行っておくれ。

※安倍晴明さまは参拝者に、
自分の中心軸が地軸と合わせることができる光を渡し、
たくさんの情報がつまった光を交換された。


安倍晴明神社 冠纓神社(かんえいじんじゃ)境内社
 香川県高松市香南町由佐1413
20191003安倍晴明神社-1



trinity_method at 15:19|PermalinkComments(0)