~東の国より平和への智慧は開かれる~

2015年06月06日

東の国より平和への智慧は開かれる その1~大いなる意識と地球、そして人間の三者の約束事~

大いなる意識と地球と人は、その昔、ともに成長し、学びあうことを約束した。


今、その約束は忘れ去られ、長い間、誰もその約束を思い出すことはなかった。

長い年月が過ぎ去り、ポツリポツリとその約束を思い出す者たちが現れ始めた。


それは、太古の智慧の継承者であったり、
人の身体の中に宿る光を見出す者、
また菩提樹のもとで悟りを開いたすがすがしき者…と、
地球のあちらこちらにその兆しは表れた。

私が遠い彼方より美しく光り輝く地球を眺めていると、

弓のような形をした国の、中ほどにある海辺の小屋で、

数人の男女が人々を平和へと導く智慧について話し合っているのが見える。


その智慧とは、はるか昔、すべての人々の心に伝えたものだ。

よく覚えておいてくれた、ありがとう。


人々を平和へと導く智慧を学び、祈ることに、誰も意を唱える者はいないだろう。


しかし自分が発見した智慧を、自分ひとりのものと信じ込んでしまうと、

()の智慧や教えはかすんでしまい、魅力を感じなくなってしまう。


より良き智慧を授かる者は、特に人の意見に敬意を払わなければならない。


どうやらこの東の国の民は、

世界を見渡しても、人の話に耳を傾け、その意見を尊重する、たぐい稀な人々のようだ。


またこの国の民は、誠実さと勤勉さにも満ち溢れている。


どのような時でも感謝の念を忘れず、ありとあらゆる物の中に、私を見出してくれる。

カマドの中、山や川、田や畑、こずえに止まる鳥の声にさえも。


困った時や絶望の淵にある時、喜びに満ち溢れた婚礼の時、死に行く時にもだ。


あらゆる生命(いのち)の場に、私は存在している。


そんな愛すべき魂が今、この地より愛と平和への祈りと実践を始めようとしている。


この日の昇る国より、世界に向かって平和への実践が始まる。

それはここに集った者たちが、今ここで決心したからなのだ。 

~つづく~



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年06月07日

東の国より平和への智慧は開かれる その2~大いなる意識と地球、そして人間の三者の約束事~

私はずっと以前、星を眺め天の運行により生活を営む人々にその話をしたことがある。

世界を救う智慧は、東の日の昇る国より始まると。


魂の安らぎと成長を願う者たちは、幾たびも幾たびも生まれては死にを繰り返し、
その魂を更なる高みへと昇らせんがために、祈りを捧げた。
 
その声に気付いた私は、時と場所を選び、
約束された日にその場所へと平和を祈る魂が集うように、ほんの少し手助けをすることにした。

ここに集った魂は、自分たちがなぜこの日、この地に集まったのかを思い出すだろう。


平和への智慧を、私は言葉としては残してはいない。

学びはすべて自然の中に隠されている。


平和への智慧を求めるすべての人の心の中に、種として植え付けておいた。

その種を発芽させるためには、よく話し合い、互いが互いを深く理解することが必要だ。

これが、私が今目覚めようとしている人々に説いてきたものだ。


悲しいことだが、幾多の争いも、それによって引き起こされた数々の不幸な出来事も、

平和に目覚めるためには、必要なことであった。


この智慧に目覚め、平和への波を体得した者たちよ。

愚かな行ないを二度と繰り返してはならない。

私はあなたたちの正しき行ないを信じている。


なぜなら必ず良い方向へと魂が進化することを願い、

私はあなたたちや母なる惑星(ほし)地球を創造したのだから。


そして今日という日を向かえ、あなたたちは素晴らしい智慧を学んだ。

そしてこの智慧を世界に向けて広げていくことを決意してくれた。とても嬉しく思う。


今日ここに集いし人々よ、

私は常にあなたたちと共にあることを覚えておいて欲しい。


あなたたちの頬を心地よい風が通り抜けて行った時、

それは私の喜びであることを、感じておくれ。

あなたたちの決意を私は確かに聞き取った。


これからのあなたたちの成長を、私はただ見守ることしかできないが、

この東の国より起こった穏やかで温かい平和の波を、

あなたたちの住まいであるこの惑星(ほし)全体に広げていって欲しい。


この波は深く大地に浸透し、やがてあなたたちの母を目覚めさせることだろう。

彼女の目覚めはもう近い。

共に生き、共に学ぶ者よ。
私と母なる地球、そしてあなたたちの三者の約束を取り戻す日を、私は楽しみに待っている。

続きを読む

trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)