~三者の約束事「序」~

2015年05月31日

トリニティメソッド 三者の約束事「序」

ある日の瞑想中、いかなる意識の導きによってかは、分からないが、目の前に、荒涼と広がる乾いた大地が広がっていた。


「これは何なの?」そう心の中でつぶやくと、
「これは地球の心なんだよ」と私に語りかける意識があった。



「宇宙空間に青く光輝く美しき惑星(ほし)、その地球のこころが今病んでいる。

大いなる意識と交わした約束を思い出せずにいる。人もまた同じ。



私たちの母なる惑星(ほし)地球、
 この惑星は大いなる意識より命の核を与えられた。

何のために。それは共に共存し、学びあうため。

それが大いなるものと地球と人の約束。


今それを思い出すために必要なエネルギー、銀色の雫が、

深遠なる宇宙の奥底より送り届けられている。今あなたの真上に。



今地球は病んでいる。環境的にも、そしてその心も。

今苦しんでいる地球を救う方法がある。やってみるかい?」



意識はそう語りかけた。

「はい」と答えると、



「まず頭頂部に意識を置きなさい。
  そこに銀色に光る雫が乗っていると思ってごらん。


その雫は、あなたの頭の中から静かに落ちていって
あなたの体の内側を柔らかい光で満たしてくれる。

傷ついたところや痛みを感じるところがあれば、光はそこに導かれていくよ。


それをもう一度繰り返しなさい。


そして三度目には、光の雫をあなたの体を通し、大地に下ろしていきなさい。



これは砂漠の中に1滴の水を滴らせるようなもの。

でも多くの人たちが、地球のことを思い、この無償の行為を行なっていけば、きっと地球はもとの美しさを取り戻していくよ。

そしてあなたと交わした約束を思い出すだろう。」



瞑想中に意識は語りかけてきた。それが神の道へと続いていく始まりの日だった。



trinity_method at 09:46|PermalinkComments(0)