三重県

2019年12月29日

2019/12/29 椿大神社

御祭神:猿田彦大神 相殿 ニニギノミコト

 

参拝者:さるたびとさやか

 

黄金之稲穂 奉納

 

猿田人たる者よ。

 

我に導かれ、我と共に皆を導く。

その覚悟ある者と見た。

 

よくぞ参られた。

そしてよくぞ、我と契りを結ばれた。

 

色んな人がいる。

それぞれの目指す未来は違う。

 

それに口出すことはない。

 

ただ、魂の輝きを見失った者に、

輝きを思い出すきかっけを与えるのみ。

 

そなたの放つ黄金之稲穂が、

そのきっかけの1つとなろう。

 

我の依り代となる勾玉と共に、

たくさんの場所に赴き、

魂の輝きを思い出すきっかけとなる

黄金之稲穂を奉納しておくれ。

 

そなたの目指すもの。

近道せずとも、必ずや身につく。

 

やりたいことを具体的にせよ。

 

1歩ずつ、確実に進むが良い。

 

必ず道は拓けていく。

椿大神社 
 
鈴鹿市山本町1871

20191229 椿大社




trinity_method at 14:06|PermalinkComments(0)

2019年11月23日

2019/11/23 不思議な夢

私は昨日夢を見た。

 

そこは、伊勢神宮の内宮。

天皇陛下と皇后陛下が内宮にお参りしている様子を眺めている。

 

陛下が天照大御神様のもとにお進みになられると、

天照大御神様に控えていた2体の龍が進み出てきた。

 

天命を司る黄金色の龍(以下、金龍)と、

天啓を司る銀色の龍(以下、銀龍)である。

 

金龍はお酒を、
銀龍はたくさんの果物を陛下にうやうやしく差し出した。

 

次に現れたのは、天運を司る白い子狐(以下、天狐)。

天狐は、両手に真白い反物を陛下に差し出すと、

「この反物は着る者を浄化いたします」と伝えた。

 

次に現れたのは、金運を司る白い子狐(以下、金狐)。

うやうやしく箱を差し出すと、その箱の中には、たくさんの宝物が詰まっていた。

 

陛下は楽しそうに宝箱の中を眺められ、そこから「人々の笑顔」を取り出された。


「人々の笑顔が一番心安らぐ。安寧が続くことを望んでいる」とおっしゃった。

宝箱から気に入ったものを1つ取り出すと、自分の大切なものを1つ入れられた。


陛下が大切にされていたのは「静かな湖」。

揺らがない心のことだと陛下はおっしゃりながら、宝箱に入れられた。

 

陛下は皇后様にも、宝箱を覗いてみるように勧められた。

皇后様は、目をキラキラさせて、宝箱の中身を眺められた。

 

嬉しそうに取り出されたものは「みんなの慈愛」。

そしてご自身が大切にされている「自分の慈愛」を入れられた。

 

「優しい心は広がっていく。

慈愛を出せば、それが融合して、また慈愛が戻ってくる。

その心が世の中に循環していけばいい」とおっしゃった。

 

智慧ある6羽の純白の梟たちが、天照大御神様のもとから飛び立ち、

陛下と皇后様のそばで、羽ばたいた。

その空中には、豊かさを象徴する黄金之稲穂が舞っていた。

 

天皇陛下は、この国の安寧と人々の幸せを願われ、

皇后陛下は、慈愛に満ちた眼差しで、民を抱擁している。

 

この国に生まれて本当に良かったと感謝の祈りを捧げているところで、目が覚めた。

 

とても不思議な夢であった。

 

天皇陛下と皇后陛下とこの国の弥栄を、心よりお祈りいたします。
20191123伊勢神宮



trinity_method at 14:40|PermalinkComments(0)

2019年06月14日

2019/5/19 伊勢神宮 内宮

御祭神 天照大御神

参拝者おぎはら聖子 他2名

神門に入り、光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂 奉納

自分を信じなさい。

それぞれがやろうとしていることに無駄はない。

たとえそれが回り道だと周囲から言われようとも、
本人にとっては、その経験こそが大切なのである。

堂々と生きなさい。

自分に偽ることなく、
そして休みたいときは、ゆっくりリラックスし、
心と体のバランスを保ちながら、
お互いの存在を意識し、
ともに生きていきなさい。

すべてのものが、自身を認め、
他者を認め合っていければ、
穏やかな時間が訪れていく。

まずは自分から。

焦ることはない。

私はいつも、皆を見守っています。


伊勢神宮 内宮 
 伊勢市宇治館町 1
20190519内空





trinity_method at 08:59|PermalinkComments(0)

2018年01月04日

2017/12/4 伊勢神宮

御祭神 天照大御神

参拝者:あべ まりあ 他3名


黄金の稲穂を奉納

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

あなた達の中から沸き起こる喜びが、この黄金の稲穂に入っています。

 

あなた達は、白くて大きな光に包まれながら、我が参道を歩いてきましたね。

とても楽しい経験をされている最中、それが手に取るようにわかります。

 

黄金の稲穂の奉納を楽しいと思われてなさっているようですね。

とても素晴らしいことです。

 

自身の身の回りのことをきちんと整理整頓し、

公けのことを行なうのは、大変労力のいることです。

 

何かを犠牲にしてまで、行う必要はありません。

 

あなた達の喜びのエネルギーが途切れないぐらいの比重で、

この奉納をお続けなさい。

 

まずはあなた達自身が、幸せを感じるのです。

1人ひとりが幸せを感じ、そこから公けのことへと繋がっていきます。

 

何をしても構いません。そして失敗はありません。

だからあなた達それぞれが、決めていけばいいのです。

 

自身を大切になさい。

そして自身と同じように、他人を大切になさい。

その心が、広がっていくのです。

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

とても心地よく、楽しいエネルギーでした。


伊勢神宮
  伊勢市宇治館町 1

20171204伊勢神宮



trinity_method at 08:20|PermalinkComments(0)

2017年12月11日

2017/12/4 椿岸神社

御祭神:天宇受売命

参拝者:あべ まりあ 他

 

黄金の稲穂を奉納

 

そなたが地に足をつけて、この活動を続けていけば、

我もそなたの力となろう。

 

どっしりと両足で大地を踏みしめ、

大きく両手を広げて、大空に身体を預けてみると、

身体の重さを感じなくなり、自由に動くことができる。

 

思想だけでなく、本来の身体も自由となるであろう。

 

エネルギーは大地からくる。

そして天からも降りてくる。

 

人は天と地のはざまで生きている。

だからこそ人は、

2つのエネルギーを自由にコントロールしていけるのである。

 

黄金の稲穂の奉納をありがとう。

 

そなた達の欲のない素直な心に感動した。

 

我からそなた達に、黄金の稲穂の返礼に、

自由のエネルギーを与える。

 

心も身体も自由となり、自由な表現をしていくのじゃ。

 

そなた達と共に、時を過ごしていくことを

楽しみにしておる。

椿岸神社
 
鈴鹿市山本町1871

20171204椿岸神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年12月10日

2017/12/4 椿大神社

御祭神:猿田彦大神
相殿  :ニニギノミコト


参拝者:あべ まりあ 他

 

黄金の稲穂を奉納

 

我の勾玉を持つ者よ。

 

ようやく参ったか。
待ちかねておったぞ。

 

我はそなたの勾玉を通して、

色んなことを見聞きしてきた。

 

ここにいながらにして、

その勾玉はそれを可能にしてくれた。

 

そなたはさらに、色んなところに行きなさい。

 

そこで見聞きしたものや感じたことを、

色んな人たちに伝えて行くのだ。

 

そなたの役目は、等身大の自分を語ることである。

 

我はそなたが望む道に、灯りを照らしていく。

 

何を望むかによって、照らされる道は変わってくる。

 

そなたがやりたいことをやればいい。

 

少し違うと思ったら、やり直すこともできる。

また寄り道したり、休憩したり、好きなようにすればいい。

 

とても楽しい仲間との黄金の稲穂の奉納をありがとう。

 

我の中にも、そなた達の優しさと喜びが入ってきた。

 

我の境内に舞っている黄金の稲穂は、

これからの参拝者に喜びを与えていくであろう。

 

ご苦労であった。礼を申す。

椿大神社
 
鈴鹿市山本町1871

20171204椿大神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

2017/10/24 内宮(皇大神宮)

御祭神:天照坐皇大御神

相殿神:

天手力男神(あめのたぢからおのかみ)左方に祀る。弓をご神体とする。

万幡豊秋津姫命(よろづはたとよあきつひめのみこと)右方に祀る。剣をご神体とする。

 

必要なものは、必要なタイミングで、そなた達の目の前に、出現します。

 

何を望んでもいいです。

何を祈ってもいいのです。

 

そなた達が今、ここに集ってきた事実。

そのことをとても嬉しく思います。

 

この地から放たれる光は、この地を離れても、

そなた達の心と体の中に、刻み込まれているでしょう。

 

自身を信じ、日々を過ごしていきなさい。




内宮(皇大神宮)
 三重県伊勢市
宇治館町1

20171024内宮
 



trinity_method at 08:33|PermalinkComments(0)

2017/10/24 外宮(豊受大神宮)

御祭神:豊受大御神


それぞれが一個人として肉体を持ち、

この世に生まれてきた。

 

そなた達の魂は、

光で満ち溢れている。

 

自身の中から沸き起こる光を、

どんどん外へと広げていこう。

 

内側から沸き起こる光は、

いつまでも枯渇することなく、

循環していくだろう。

 

互いの存在を認め合いながら、

互いの道を進んでいくのである。


外宮(豊受大神宮)
  三重県
伊勢市豊川町279番地

20171024外宮



trinity_method at 07:59|PermalinkComments(0)

2016年12月26日

2016/12/25 内宮 正宮

主祭神 天照坐皇大御神(天照大御神)

 

私の元で戯れていた光の粒が2つ、形を変えてまた私の元に戻ってきた。

新たなる体(勾玉)に形を変え、誇らしげに私の方を向いている。

 

私はこの子たちと縁を結んだ者に、問うてみた。

 

そなたはこの勾玉たちに、何を願うのかな。

勾玉たちは、耳を傾けて、そなたの願いを聞き入れようとしている。

 

自分のやりたいことをたくさん書き出して、それを言の葉として出していくがいい。

勾玉たちは、それを見ているよ。

 

勾玉たちは、そなたの願いで力を発揮する。

もし願わないとしても、そばでそなたを見守っている。

 

そなたと共に時を過ごすために、生み出された勾玉たち。

どのような過ごし方をしていくのかは、そなた次第である。

 

そなたとこの勾玉たちそれぞれの中心に光が宿っている。

たくさんの経験を積んで、その光をたくさんの人たちへ届けておくれ。

 

私もこの勾玉たちにそっと力を授けておいた。

 

先の尖った勾玉(大和型勾玉)には、身の危険を察知する能力を、

もう1つの切れ目のない勾玉(猿田彦型勾玉)には、いつも先を見据える能力を授けた。

 

そなたは勾玉たちとその力を使い、

個ではなく、公けとして、世に仕えなさい。

それがそなたの使命である。



内宮 正宮
 
三重県伊勢市宇治館町1

20161226-1
20161226-2
20161226-3
20161226-4

 

 

 



trinity_method at 07:31|PermalinkComments(0)

2016年06月27日

2016/6/12 御船磐座(みふねいわくら)

神門祝詞を唱え、神門に入り、光の御柱を奉納

 

自分のやりたいことを、イメージしてみなさい。

それがどのぐらいの規模で、何年後にできるのか、イメージしてみなさい。
 

そなたのイメージは、そなたのみならず、色んな人へと波及していくでしょう。

自分の欲だけでなく、全体をカバーするようなイメージを持ちなさい。
 

そのイメージが、心地よい風と共に、ここから発せられていきます。
 

そなたが感じること、それを進めていきなさい。

 

※謡曲「鈿女」に謡いこまれる神代の神跡。
  天孫瓊々杵尊一行の御船がここに繋がれ、
この地より九州に御先導されたと伝わる。

船磐座(みふねいわくら)
 三重県鈴鹿市
山本町字御旅1871 椿大神社境内
 

 20160612椿大神社



trinity_method at 07:54|PermalinkComments(0)