~瓊瓊杵命(ににぎのみこと)~

2019年06月03日

2019/5/7 槵觸神社(くしふる神社)

御祭神:

 迩迩芸命(ニニギノミコト)、

 天児屋根命(アメノコヤネノミコト)、

 経津主命(フツヌシノミコト)、

 天太玉命(アマノフトダマノミコト)、

 武甕槌命(タケミカヅチノミコト)等

 

参拝者:あべまりあ


 

黄金之稲穂 奉納


 

我の中にある黄金之稲穂が、風に揺れた。

 

おや、そなたも、黄金之稲穂を奉納する者か。

 

良く参られた。

嬉しく思うぞ、近う寄れ。

 

この生きたエネルギーを存分に感じておくれ。

 

我からも、たくさんの黄金之稲穂をプレゼントしよう。

 

そなた達の経験が詰まった黄金之稲穂は、

そなたの宝であろう。

 

これからも、たくさんの人や聖地に

この黄金之稲穂を奉納しておくれ。

 

我の中に入ったそなたの黄金之稲穂は

もともとあった我の黄金之稲穂を共に、

我の中で気持ち良く風に揺れている。

 

そなたの中でも、同じように風に揺れているであろう。

 

自身の中にある黄金之稲穂が

肉体に影響を及ぼす。

 

そして、周囲の人たちにも、

この心地よいエネルギーは広がっていく。


槵觸神社(くしふる神社)
  宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字三田井

 20190507くしふる神社-1





trinity_method at 08:29|PermalinkComments(0)

2018年12月25日

2018/12/23 槵觸神社(くしふる神社)

御祭神

・瓊瓊杵命(ににぎのみこと)

・天児屋根命(あめのこやねのみこと)

・経津主命(ふっつぬしのみこと)

・天太玉命(あまのふとだまのみこと)

・武甕槌命(たけみかづちのみこと)

 

参拝者名 桑原涼子

 

黄金之稲穂を奉納

 

上を見よ。そして下を見よ。

左右を見て、前後を見よ。

 

物事は、一方から見ても、わからぬ。

 

内側からも外側からも見て、

やっと物事が理解できるのである。

 

頭で考えるのではなく、心で感じるのである。

 

心=魂

だけど、身体(肌)も感じている。

 

すべてを理解できなくてもいい。

「何となく」を信じていけばいい。

 

そなたが奉納してくれた黄金之稲穂

そなたの信じる心が、入っておる。

 

だから素直に受け取れるのである。

 

自信を持つのじゃ。

 

卑下することなく、淡々と過ごしていくのじゃ。

 

不安な心は皆同じ。

最後に自身を信じられるかどうか、である。

 

この場は、エネルギーに満ち溢れている。

枯渇することなく、絶えまなく流れ出る。

 

そなたが奉納してくれた黄金之稲穂も同じエネルギーである。

 

そなたの素直な心が、

この黄金之稲穂を活用できるのである。

 

よくぞ参られた。

このエネルギーは、たくさんの場所や人たちが必要としている。

これからもたくさんの場所で、黄金之稲穂を奉納しておくれ。

槵觸神社(くしふる神社)
 
宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字三田井


20181223くしふる神社-1



trinity_method at 08:15|PermalinkComments(0)