大分県

2017年10月07日

2017/9/24 八幡総本宮 宇佐神宮

御祭神

 八幡大神(鷹神天皇:おうじんてんのう)

 比咩大神(宗像三女神)

  ・田心比売命(たごりひめのみこと)

  ・瑞沖比売命(たぎつひめのみこと)

  ・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

 息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)

 

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

これが日本中、そして世界中に広がっていくことになると、頼もしい。

 

我らもここに訪れる人たちに、この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

ここにはたくさんの人たちが訪れる。

 

国籍も違えば、願いや目的も違う。

 

ただ1つだけ、共通していることは、我らに手を合わせ、

我らを敬い、何か願いを伝えに来る。

 

そしてその願いとは、純粋に「幸せでありますように」

 

他人へのうらみごとを聞いたことはない。

 

そう、純粋に自分の幸せを思い描き、自らの力を信じて、

生きていけるのである。

  

その力に、この黄金の稲穂を分け与えることで、

大きな活力となろう。

 

人はこれをご利益と言うのかもしれぬ。

 

でもこの自らの力を信じるのは、他の誰でもない自分である。

 

自分を信じ、共に生きる仲間を信じて、生きていけばいい。

 

皆がそれぞれ感じる幸せとなろう。

 

この黄金の稲穂を運んでくれた使者どのは、

自らの思いで、自らが行動して、楽しんでおる。

 

だからこそ、使者なのだ。

 

今はわからずとも、いずれ自分が使者だと悟る時がこよう。

 

環境や仲間たちが、時代の流れで変化しても、

使者として生きている者たちは、何も変わらず行動していくことになる。

 

自らの思いで、自らが行動して、楽しんでいくのである。

 

使者どの、また会おうぞ。


八幡総本宮 宇佐神宮
  
大分県宇佐市南宇佐2859

20170924宇佐神宮



trinity_method at 15:10|PermalinkComments(0)

2017年10月06日

2017/9/24 薦神社(こもじんじゃ)

御祭神:鷹神天皇(おうじんてんのう)

    比咩大神(宗像三女神)
     ・田心比売命(たごりひめのみこと)
     ・瑞沖比売命(たぎつひめのみこと)
     ・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

    息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)

 

 

大地と共にこの黄金の稲穂を届けていこう。

 

国が繁栄するために、土地が豊かであること。

もっとも大切なことである。

 

土地が豊かであれば、人々の暮らしが豊かとなる。

暮らしが豊かになるから、心も豊かになる。

 

そなたが奉納してくれた黄金の稲穂は、まさにその豊かさそのもの。

 

この大地に、人々に、空間に、

この豊かな黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

ほら、空間に漂う黄金の稲穂が、見えるかな。

 

大地に吸収され、人々に豊かさをもたらすであろう。

 

お勤め、ご苦労であった。


薦神社(こもじんじゃ)
 大分県中津市大字大貞
209

20170924コモ神社



trinity_method at 08:24|PermalinkComments(0)

2017年10月04日

2017/9/24 闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)

御祭神:

豊日別国魂神(とよひわけくにたまのかみ)

瀬織津姫神(せおりつひめのかみ)

 

頼もしい者が来た。

黄金の稲穂を楽しそうに奉納しておる。

まるで、昔の花坂爺さんのようじゃ。

 

ふっふ、

この世の為に、そのような働きをする者がいたとは。

まさに使者であるな。

 

この国のためにと、皆が思案している国会に、

そなたがこの黄金の稲穂を奉納してはどうじゃ。

 

そなたのその楽しげな心まで伝わり、

人々も我に返るやもしれぬ。

 

ふっふ、

いつかそれを見たいものじゃ。

 

この世の中、どのように生きても、自身が納得すれば成功じゃ。

 

四六時中 悩んでいても、それが好きなのじゃ。

 

他人から見たら地獄でも、

本人は好き好んで、本人の思い描く天国(極楽)にいるだけじゃ。

 

この黄金の稲穂は気に入った。

そしてそなたも気に入った。

 

色んなところにそなたのその楽しげな気と、黄金の稲穂を奉納しておくれ。



闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)
 大分県中津市角木
304

20170924闇無浜神社




trinity_method at 08:34|PermalinkComments(0)