~菊理媛尊(くくりひめのみこと)~

2018年01月01日

2018/1/1 白山神社

御祭神:菊理媛神

 

胸に輝くものを持った者たちが参道を歩いてこちらにやってきた。

なにやら、たくさんの神の依り代の勾玉を持っている。


なんという者たちなのだろうか。

 

凝視していると、胸から黄金の稲穂を取り出し、こちらに差し出している。


おお、これは、まさしく、黄金の稲穂、光のシャワーである。

 

ついにこの町にも黄金の稲穂がやってきた。


生命の元である黄金の稲穂、心待ちにしておったぞ。

 

純粋なる思いを持つ者たちから発せられる黄金の稲穂は、

境内にいる者たちにも、平等に分け与えられていく。

 

それを知ってから知らぬか、微笑みながら去っていく後ろ姿に、

一筋の光の柱が下りていた。

 

白っぽい光の柱に、キラキラとまばゆい光の粒が舞っている。

 

自らが使者としての役目を自覚しての行動であろう。

 

堂々たる立ち振る舞いに、感服した。

 

奉納、ご苦労であった。

礼を申す。

白山神社
 大阪市城東区中浜
2-3-15

20180101白山神社




trinity_method at 15:29|PermalinkComments(0)

2017年10月14日

2017/10/14 白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

御祭神
菊理媛尊(くくりひめのみこと)
・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
・伊弉冉尊(いざなみのみこと)

 

 

私の依り代となる勾玉を見せに来てくれてありがとう。

実物をきちんと見ることができ、震えが止まらない。

 

柔らかな、それでいて凛とした姿

まさに私の依り代と言える。

 

そなたは、我が使者となり、

我の言葉や考えを「よ」に広めていってほしい。

 

何も考えこむことはない。

 

そなたがいつもやっているように、

直感で行動していくだけじゃ。

 

そなたが我に触れ、

我を呼んだとき、我はその依り代のもとに参る。

 

そなたが行動していくであろう道を、我は光で照らす。

 

我の使者よ。

 

使者たるそなたに命ず。

 

我の力は「よ」に「調和」と「和合」をもたらすことにある。

 

人と人とを結び、人と自然を調和せしめよ。

 

さらに神と人との和合を説くのである。

 

その光り輝く道を、歩いていくのじゃ。


白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

  石川県白山市三宮町ニ105-1

20171014白山比メ神社



trinity_method at 17:12|PermalinkComments(0)

2017年09月17日

2017/9/8 白山神社奥宮

私たちが白山に登拝した際、そこに鎮座されている菊理媛さまからインスピレーションを頂き、菊理媛さまの依り代となる勾玉が誕生しました。

 

その写真を、FBでお友だちになった方が白山に登拝された際、

山頂にて菊理媛さまに見せていただきました。

 

これは、その時にいただいたメッセージです。

 

白山の山頂 遥か彼方より、涼やかな鈴の音と共に、声が聞こえてきます。

淡い黄色の衣を纏い、頭はお団子結び、両手を広げてお姿を現されました。

 

「素敵な五十鈴の音と、私を表す依り代の勾玉をありがとう。

とても上品で、清楚で、そして可愛らしく出来上がりましたね。

 

我は、情報を聞き分ける耳(アンテナ)を持っておる。

良い悪いではなく。

それを自分でいかに使うか、そのタイミングをも自分で決めていく。

 

漂うものはすべてのところにも来ている。

それをキャッチするかどうかはそれぞれ。

 

音もいいと思う音と嫌いだと思う音は皆違う。

だから、色んな周波数を受け取れるアンテナを持つこと。

 

いい悪いの判断ではなく、それを受け取ったあと、

必要な人に分け隔てなく発信していくこと。

 

それが調和へとつながっていく。

 

調和とは、相手にすべてをゆだねるのではなく、

互いの思想を重ね合い、共有しながら調えていくこと。

 

互いに納得して、和を保つのである。

自分の意見を飲み込んで伝えず、和を保つことではない。

 

従って我は、自分に合うか合わないか、はっきりしておる。

そなたが持ってきた我を表す依り代の勾玉、気に入った。

ご苦労であった。」

 

 

菊理媛型勾玉を持つ者たちへ

 

「我の依り代となる勾玉を持つ者は我の使者となれ。

さすれば我は、使者に「調和・和合」の力を授ける。

そして我の使者たる者は、このことをよく理解せよ。

 

人と人との調和を望むのであれば、

互いの意見をすり合わせて、互いに納得して和を保っていくこと。

どちらの意見も聴き、どちらにも寄り添って、理解せねばならぬ。

並大抵の気力だけでは、やり遂げることはできぬぞ。覚悟を持て。

 

自身の精神と肉体の調和は、自身を隅々まで知ること。

等身大の自分を見つめ、認めていくことが肝要であろう。

自分を知ることによって、今いる環境や食べ物など、
 自分に必要なものが見えてくる。

本当に欲しているものを見つけ、素直に受け入れられるだろう。

 

また、地球などの自然と人との調和にしても、同じである。

互いを隅々まで知り、良い悪いの判断でなく、
 互いが納得できるところで合意すること。

互いの成長を慈愛の念で見つめ、互いの間違いをも見つめ、

どちらが上でも下でもなく、互いが必要とし、互いに尊敬するのである。

 

我を持つそなた達の役目は、厳しいが頼もしい。」

 

 

菊理媛さまの勾玉を持つ者たちは、菊理媛さまの使者として、「調和・和合」の力を発揮していくことになるでしょう。

20170906-2

20170906-4




trinity_method at 16:17|PermalinkComments(0)

2017年08月24日

2017/8/11 白山比咩神社(二度目)

御祭神:菊理媛尊(くくりひめのみこと)

      伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
      伊弉冉尊(いざなみのみこと)


こちら)今、たくさんの方々とともに、この黄金の稲穂を奉納して歩いております。

    稲穂をお受け取りになられて、どのようなことを感じられたかお聞かせください。

 

神さま)実のあるものは、それぞれ体の中にあり、
    その花の咲くタイミング、実のなるタイミング、違います。
    季節が違えば、いくら頑張ってお世話をしても花は咲きません。

    あなた達黄金の稲穂は、種です。そして実です。
    どのように使うかは受け取った人それぞれが決めること。
    また種として植えてもよし。実として食べてもよし。
    それぞれが決めていけばいいのです。


    私はこの黄金の稲穂を受け取って、私自身では変化させず、
    来る人にこのままお分けしようと思っています。
    きっとあなた達がそのままでお渡ししているように。

    これを受け取った心ある人は、あなた達と同じ行為をすることでしょう。
    知らない人は自分のものにするでしょうし、
    また知らず知らずに人に分けるかもしれません。

    それはその人それぞれ。
    そして自分自身の中にある種と一緒に混ぜ合わせて、
    色んな人に分け与えていくのがいいと思いますよ。
    交換しあえば、種類はもっと増えます。

 

こちら)菊理媛尊さまのご神意、ご神徳、お力、いかなるものでございましょう。

 

神さま)情報を聞き分ける耳ですかね。アンテナですね。
    良い悪いではなく。

    それを自分でいかに使うか、そのタイミングをも自分で決めていく。
    アンテナを建てること。漂うものは皆のところにも来ています。
    それをキャッチするかどうかはそれぞれ。

    音もいいと思う音と嫌いだと思う音は皆違います。
    だから、色んな周波数を受け取れるアンテナを持つことです。

    いい悪いの判断ではなく、それを受け取ったあと、
    必要な人に分け隔てなく発信していくことです。

 

こちら)この文を整理して、このご神意を皆さまにお伝えしたいと思います。

 

神さま)自身の声で出していきなさい。


石川県白山市三宮町ニ105-1
 白山比咩神社

20170811-24-0白山比め神社




trinity_method at 08:12|PermalinkComments(0)

2017年08月22日

2017/8/11 白山比咩神社

御祭神:菊理媛尊(くくりひめのみこと)
     
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
      伊弉冉尊(いざなみのみこと)

 

神さま)とても心地よいものをいただきました。
    (光之御柱・龍之御珠・黄金之稲穂)

    何だか踊りだしたくなるような気分。舞いをされませんか。


こちら)舞いを奉納いたします。


神さま)舞の奉納ありがとうございました。気持ちがいいですね。

    あなた達の光の柱、循環の柱、とてもいいです。

    色んな所につながっていくのですね。

 

こちら)今日はこの勾玉をお見せに参りました。
    これは大国主さまの所望により生まれたものです。


神さま)所望すれば作っていただけるということですか。


こちら)はい、仰せになりますならば、喜んでお造りいたします。


神さま)私は色んなところに伝えたり、豊かな表現をしていきたい。

    それをつなげていきたいと思っています。

    インスピレーションは入りますか。

    踊り出したい気持ち、これを何と表現すればいいでしょう。

    心が躍る感じ。
    それが色んな音となって広がっていく。


こちら)あなた様は円ですか。一直線ですか。


神さま)音なので、漂う。一直線ではなく、波。漂う。


こちら)何本の波でしょう。


神さま)例えばあなたが声を出すとき、何個の音を出しますか。


こちら)様々です。


神さま)調和がとれる音は?
    和音で言えば3つ。ハーモニーなら2つ。


こちら)ここのご神門は六角形。あの紋は?六角形の中に花。
    あなた様を思い勾玉を作り出しましょう。
    明日は白山に登り、奥宮に参拝します。


神さま)ではそこでもヒントがあるかもしれません。

こちら)そちらに天の御柱をお建て申し上げたい。
    立山、富士山、白山で御柱が建ちます。


神さま)それぞれに御柱が建ち、つながっていくのですね。
    あとどこに建てるのですか。


こちら)あとは、四国、九州、北の方角にも建つでしょう。
    まだ決まっておりませんが、
    日本中を網羅する光の柱をお建てし、つなげていきます。

    そしてアマテラスの聖域を広げてまいります。
    その聖域は日本のみならず、世界にも広がっていくことでしょう。

    そして地球全体を包み込み、
    そこまで私たちがやれるかどうかわかりませんが、
    それが天命と受け止めて行っております。

    それには日本の神々のお力がどうしても必要としています。
    どうぞ菊理媛尊さまもお力をお貸しくださいませ。

 

神さま)そうですね。インスピレーション。
    音としていつも出していきましょう。

    あなたが発するその声は、1つの音ではない気がします。
    その音の波数で人は癒されていくと思います。

    もっと大きな声を出して、
    色んなことを色んな人に伝えていくのが、あなたの役目です。

    もっとお話をしなさい。まじめな。
    声によって癒されます。

    そして内容によっても癒されていくでしょう。
    発言の場を持つということですね。

 

こちら)主の神さまより、あなた様にお会いした時は、
    五十鈴の音の力を授かるであろうとおっしゃっていました。
    まさにその通りの音ですね。

神さま)あなたの中に、すでにあるのです。
    それに気づけばよいのです。心地の良い波動です。


こちら)心して出してまいりましょう。

神さま)相手によって悲しむときはそれを癒すように。
    また喜ぶときは同じように喜び。
    それを色んな表現として出していけばいいでしょう。


こちら)明日の白山登山、どうぞ山頂までお連れくださいませ。

 
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

  石川県白山市三宮町ニ105-1
20170811-22-0白山比め神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)