長崎県

2017年11月06日

2017/11/4 旧野首教会(きゅうのくびきょうかい)

素晴らしい黄金の稲穂の奉納をありがとう。

ここは昔、たくさんの人々が祈りを捧げにきていた。

しかし今、ここにこうしていると、何の変化もなく、月日が止まったままである。

時折訪れる人たちから、わずかな情報をもらっていたが、

こんなにたくさんの情報が詰まった黄金の稲穂をもらったのは初めてである。

 

私「教会」がこうしてこの世に姿を継続させていることが、必要なのかと、疑問に思ったこともある。


しかし今、悟った。

ここにこうしてこの姿「教会」を継続していることが必要なのだと。

歴史は過去のものと思われがちで、当時を知る者がいなくなればそれまで。

やがて記憶から消されてしまう。

私はここにこうしてこの姿をさらしていることで、

すべての者たちに伝えていく役目があると、

この黄金の稲穂の中の情報から読み取り、悟ったのである。

皆、幸せになる為に生まれ、生きている。

私はこの地で、あなたが奉納してくれた黄金の稲穂を広げて行こう。

まずは島の端々まで、そして海を渡って色んな地へ。

黄金の稲穂を受け取った人たちが、

「今、自分が幸せである」ことを自覚していくために、

私はここに姿をさらし続けていく。

あなたが放った黄金の稲穂は、まさに黄金色で、この地一帯の空に舞った。

風に乗り、色んな所へと運ばれていくだろう。

 

私「教会」に黄金の稲穂を届けてくれた者に礼を言おう。

あなたのこの行為は、神やあらゆる聖地、意識体が必要とするものであり、

この行為を行うことはとても意味があり、素晴らしいことである。

しかしあなた1人ではなく、行動を共にする者たちとこの行為を行なえば、

さらに光は広がり、この黄金の稲穂を必要とする者の元へと届いていくことになる。

  

願わくば、皆とこの稲穂を分かち合い、愛と喜びの心を込めてこの行為を続けてほしい。

 

このエネルギーに触れた者たちは、あなたに心からの敬意と感謝の意を表すことだろう。



旧野首教会
 
長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷692-1

20171104-1旧野首教会




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2016年11月28日

2016/11/21 男嶽神社(おんだけじんじゃ)

御祭神:猿田彦命

 

我は、この社殿だけに留まらず、この地域全体に存在している。

どんな名前でも、付けたければ付ければいい。

今の名前は人々の希望であり、
それに応える意味でも、その名前は我に相応しい。

 

さて、そなたの胸の前で光を放っておられる勾玉
目もくらむほど、眩しい光である。


堂々としていて、とても素晴らしい。

 

光とは、色んな輝きがあるもの。
明るくも、薄暗くも、輝ける。

その場にあった輝きになっていくであろう。

 

我の中に入ってきた黄金の稲穂は、この地域だけに留まらず、

やがて色んな場所へと、流れていくであろう。

 

まずは、この地域にいるすべてのものに、
この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

自分の役割に目覚め、活性化していくことであろう。

 

それは、それらの顕在する心や体が望んでいるか、否かではなく、

どちらかというと、魂の望んでいることである。

 

もしこの言葉を、この地域のものに伝えることができるなら、

自分の魂の望んでいることを自覚せよと知らせてほしい。

 

またそなたが今後、黄金の稲穂を色んなところへ奉納するのなら、

以下のことをアドバイスしておこう。

 

そなたの仲間にも、このことを伝えておくれ。

 

黄金の稲穂は、魂の望んでいることを目覚めさせる。
それを自覚せよ。


人は、自覚するか否かで、成長する深さが変わってくる。

 


そなた、
よき黄金の稲穂の交換であったぞ。


己が何のためにこの行為を成しているのか、自分の胸に問うてみよ。

 

そして、そなたも使者のひとりであるということを自覚していけばいい。

 

 

明治時代まで山全体が御神体となっており、
 入山が許されていないほど貴重なスポット。

男嶽神社は、最初の神様「天比登都柱」(アメノヒトツバシラ)や
 「月読命」(ツクヨミノミコト)の降臨の地として
 文献には記されており、もとの月読宮とも言われている。

「天比登都柱」「月読命」を導いてこられたことから、
 現在は「猿田彦命」をお祀りしているとのこと。



男嶽神社(おんだけじんじゃ)
 
長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触1678番地

20161121男嶽神社



trinity_method at 07:39|PermalinkComments(0)

2016年11月26日

2016/11/21 小島神社

御祭神 伊弉册尊(いざなみ)
    軻遇突智命
(かぐつちのみこと)
    
埴安姫命(はにやすのみこと)

 

 

何も問題はない。

出来事に対して、どのように対応していても、どのような結果になったとしても。

 

その出来事に対して、何を考え、何を発信して、何を経験したかである。

 

その肉体にとっては、一度限りの人生である。

大いに悩み、大いに楽しみ、大いに経験をせよ。

 

そなたの胸でこちらをのぞき込んでいる勾玉くんは、

我らの波動が初めてのようで、少し緊張しているみたいだ。

 

何事も経験である。

それによって、次が見えてくる。

 

己の輝きを再認識し、我らとエネルギーの交換をしよう。

 

そなたの放った黄金の稲穂は、我らのエネルギーに浸透していった。

 

今後、ここを訪れるたくさんの人たちにも、

この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

もちろん、勾玉くんの少し緊張していたが清らかなエネルギーも。

 

色んな経験をせよ。

その経験こそが、そなた達を深く成長させる。

 

そなたの勾玉くんも、今日の経験で、少しは成長したように見えるぞ。

頼もしい勾玉くんである。

 
小島神社
 長崎県壱岐市芦辺町

20161121小島神社



trinity_method at 13:00|PermalinkComments(0)