~五十猛命 (いそたけるのみこと)~

2016年08月29日

2016/8/23 度津神社(わたつじんじゃ)

主祭神:五十猛命 (いそたけるのみこと)- 素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子

       古事記では:大屋毘古神(おおやひこのかみ)と同一神とされている。
 

配神:大屋津姫命 (おおやつひめのみこと) - 同じく素戔嗚尊の子で五十猛命の妹神
   抓津姫命 (つまつひめのみこと) - 同上

使者:Kさま Kさま
 

 

神門祝詞を唱え、神門に入り、循環の光の御柱と龍の御珠を奉納
 

そなた達が奉納してくれた循環のエネルギー


我は、この地域のエネルギーを大地に根を張っている木々にも協力をお願いし、
どんどん天へと届けていこう。
 

我らが天へとエネルギーを届ければ、我らのところは枯渇することなく、他から流れてくる。

エネルギーは循環していくのだ。
 

よいことを教えてもらった。
ここに留まることなく、循環させていこう。
 

そして、我らと人、共に生きていこう。

細かなことによく気が付くのが人。それを大らかに見守っているのが神。
 

どんなにたくさん失敗をして転んだとしても、そこには意味がある。


色んな経験をしなさい。

その意味に気づいたとき、人は成長していく。


※佐渡一之宮 度津神社(わたつじんじゃ)
 新潟県
佐渡市飯岡550-4

20160823度津神社


 

 




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)