愛媛県

2016年04月10日

2016/3/8石鎚神社・本社(いしづちじんじゃ・ほんしゃ

主祭神:石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)


別名:石土毘古命(いわつちひこのみこと)、石鎚大神(いしづちおおかみ)
   天照大御神をお産みになった伊邪那岐命・伊邪那美命の第二の御子



使者:Hさま


誰かの役に立てれば、人は満足する。

自分の為であり、他者の為である行ないは、慈愛につながっていく。


そなたの光の柱、清らかな青い光を放っている。

まっすぐで何の疑いもなく、自身も他者も信じている。

そのようなそなたの心が、我の持つエネルギーとつながった。


たとえ話をしよう。

石造りでできたアーチ橋の石は、なぜ落ちないのか、お分かりだろう。


大きな石だけでなく、その周りには小さな石があり、
また石の角度によって見事な石のアーチが出来ている。

互いに互いの存在を認め、必要だと認識し、力を合わせて同じ目的に向かっていく。

それぞれの力量を把握し、適材適所に配置できる智慧が必要となってくる。


そなたには、その智慧を授けよう。
光の柱に、その情報を託したぞ。


石鎚神社・本社(いしづちじんじゃ・ほんしゃ)
 愛媛県西条市西田甲
797

20160308石鎚神社




trinity_method at 11:55|PermalinkComments(0)