~柿本人麿呂(かきのもとひとまろ)~

2016年03月18日

2016/2/11 人丸神社

光の御柱奉納

今回の光の御柱は、上り下りがよりスムーズになり、つるつるしている。

 

神門祝詞で、私が感じたこと・・・

 

今あなた達は肉体を持っています。

でもこの言葉を唱えることで、肉体が見えなくなります。


私とあなたは、同じように見えているということ。

私たちが見えるようになったわけではなく、

あなた達の肉体が見えなくなったということ。


でもあなた達は存在する。
肉体なくてもそこにいる。


それがたぶん、意志や魂など。

肉体がなくなっても、そこにいるものがある。

それが、この最初の言葉。


自分自身の存在をまず認めなさい。

そこにあることを、認めなさい。

 

その存在を認識して、対等となる。

解放しなさい。

神域の中で交わっていきなさい、交わっていきます。

神域の中のものは、受け入れます。

 

我々の本質が解放されていく。

神域の中で対等であり、自分の中では隠し事なく、交わっていきます。

 

光の御柱奉納

光の御柱に風が通った感じ。

良いと思います。

人丸神社
 
兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1 生田神社境内

20160211人丸神社



trinity_method at 08:15|PermalinkComments(0)