~三社様:土師真中知命(はじのまつちのみこと)他~

2015年12月20日

2015/12/19 浅草神社(三社様)

主祭神:土師真中知命(はじのまつちのみこと)
    檜前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)
    檜前武成命(ひのくまのたけなりのみこと)

 

使者:Mさま Wさま Hさま

 

光の御珠奉納

柔らかい光ですね。心地よいものを感じました。

 

神門に入り、光の柱奉納


神さま:とても面白い内容がたくさん入っています。
    これを私たちが使ってもいいのですか。


こちら:どうぞお使いになってください。
    またこの神社の四隅には光の柱が建ちました。


神さま:それはありがとうございます。


こちら:あなたはここを離れることなく、いつでも天に登ることができるでしょう。


神さま:何かお礼を差し上げたいのですが・・。


こちら:では、我々と龍の御珠の交換を頂きたい。


神さま:龍の御珠の交換?どうぞ。

 

龍の御珠奉納

神さま:私は一応、人間の姿として、ここに座っていたのですが、
    これでは困ります。


こちら:人間にもなれるし、龍にもなれるでしょう。


神さま:そうですか。


こちら:我々はこうやって、色んな神さま方に、
    光の柱や龍の御珠を奉納する者です。


神さま:私に何をせよというのですか。


こちら:この地の栄えをお願いしたい。


神さま:もちろん、もともとそれをやっていますよ。


こちら:この光の柱とともに、またそれをお続けください。


神さま:もちろん、それはそういたしましょう。


こちら:我々が願うとすれば、それは人と人との縁ですね。


神さま:どんな縁がいいですか。


こちら:たくさんの人と出会うこと。


神さま:出会うのであれば、いっぱい出会えるでしょう。


こちら:そしてその方と縁を結ぶこと。


神さま:ご縁は色々結べるでしょう。ご縁を結ぶだけでいいのですか。


こちら:この光の柱を理解し、共に行動できる人間を求めています。


神さま:そうでしょうね。
    ただ単に普通に片っ端からご縁を結ぶわけではないですね。
    この光の柱を理解できる人とご縁を結びたい。
    それによってあなた達は何か利益を被ることができるのですか。

 

こちら:その光の柱を奉納する人が増えることが、私たちの利益です。


神さま:では、お助けいたしましょう。他に大丈夫ですか。


こちら:死ぬまで身体と心が元気であれば、と願います。


神さま:分かりました。そのようにいたしましょう。

 

このやり取りを終え、何となく感じたことを列記しますと・・・。

 

公けの志を持ったものが、自分の日常生活を満喫させ、そして公けのことを行なう。

もしくは、自分の日常生活を満喫させ、公けの志を持ち始め、それを行なう。

 

すべて自分の日常生活を満喫させることが大切であるということ。

 

今まで、公けのことばかりをやってきたが、それと並行して

自分の生活をより充実させていこうと感じた。



浅草神社(三社様)
 
東京都台東区浅草2-3-1 

20151219浅草神社



trinity_method at 15:36|PermalinkComments(0)