広島県

2017年05月07日

2017/5/5 広島に捧げる鎮魂の祈り

今の平和を当たり前に感じることができるのは、この場所があるからこそ。

すべての人々が、あの日の出来事を忘れることはない。

 

祈りを捧げる人たちの思い

年月が過ぎても、この場所に残る体のしびれや苦しさ

 

平和の灯がこの場所を浄化しているが、その範囲は限られている。

風が吹き浄化を促すが、人々の傷は癒えない。

 

原爆慰霊碑のアーチから臨む原爆ドーム

その間にある平和の灯

 

この3つがつながり、人々の悲しみや苦しみが浄化されるよう、

みすまるの珠となりて、柔らかな循環の光の柱と、黄金の稲穂を奉納した。

 

あの日お亡くなりになられた方々の魂に、この黄金の稲穂が伝わり

柔らかな光の柱の存在に気づき、光の国へと導かれますように。

 

そして、原爆慰霊碑で鎮魂の祈りを捧げる人々の魂にも、

この黄金の稲穂が伝わりますように。

 

自然の風の力が、押し付けることなく、3つを繋いでいく。
風の道と光の道が浄化の道となり、循環し始める。


20170505広島-4

20170505広島-3

20170505広島-2

20170505広島-1




trinity_method at 17:28|PermalinkComments(0)

2015年11月04日

2014/6/16 厳島神社

主祭神 宗像三女神 (市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

 田心姫命(たごりひめのみこと)

 湍津姫命(たぎつひめのみこと)の総称)

使者 Sさま

美を追求している者よ。ここの美はいかがかな。

1つを極めると、他の所とも連動し、つながっていく。

ミクロを見て、マクロを見る。その繰り返しじゃ。

ここは何の変哲もない 自然の山と海があるだけ。

だが、ここは素晴らしく美しい場所。

誰もがここでゆっくりと時間を過ごしたいと感じるだろう。

我らもこの美しさに惹かれた。もちろん人々が呼んでくれたから鎮座したのだが。

山は地球から生み出された突起物。
地球と近い意識を持っていると思っていいだろう。

その山を人は美しいと感じ、制覇したいと登山し、惹きつけられていく。

地球そのものと同じ波動であるがゆえ、安らぎ、心も和むのであろう。

人々に伝えておくれ。

そなた達が過ごす日常的な場所にも、地球と同じ波動は、いくらでもある。

それを感じ取れるか否かは、自分次第なのだよ。

特別なところへ行かなくても、それは感じ取れる。

自分の好きな場所に行けばいくほど、波動は強くなり、心も和むであろう。

自分の内側にある波動と、その場所にある波動を交流していけばいい。

お互いに交流していけば、情報も共有されていくであろう。

場所だけでない。人と人とも同じ。

情報を共有し、皆が成長をしていく。その過程を楽しんでいくのだよ。

安芸国一宮 厳島神社
  広島県廿日市市宮島町1-1

20140616厳島神社






trinity_method at 07:59|PermalinkComments(0)