富山県

2015年10月02日

2015/9/22 雄山神社 前立社壇(まえだてしゃだん)

主祭神:伊邪那岐神 (いざなぎのかみ)
    天手力雄神
(あめのたぢからおのかみ)

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま


すべてが一体である。

この天 この大地 そしてそこに住まう者たち

すべてがあるからこそ、成り立っているのである。

魂の重要性に上下なし。すべてにおいて重要なのである。

両手を広げ、すべてを包み込むような感じ。

良い悪いなく、ありのままを受け止めている。

来るもの拒まず、去るもの追わず。

ただ、出会ったことに感謝するのみである。


神門をくぐり、光の柱を奉納

元々ここも大地と天につながっておりますが、

この光の柱で、より強力につながりを持つことができました。

色んな楽しみ方がこれから出来ていくでしょう。

あなた達も楽しみなさいよ。


龍の御珠を奉納

1つヒントを申し上げましょう。

ご自身が龍の御珠を奉納される時、
自分のエネルギーに合ったものを意識して奉納すればいい。

それが色だったり、想いだったり。
そのエネルギーに合った龍神さまとつながることができます。

何を思って奉納するか、
何をやりたいとか、
どのような龍神さまと御珠を交換したいなど。


もう一度、それぞれが意識をして、龍の御珠を奉納

ここにはたくさんの自然の龍がいます。
それと合ったエネルギーの龍と、それぞれが契りを結び、
エネルギーの交換をしたことを見届けました。

何でもそうですが、意識をして行なうことで、
その道は開かれていくことでしょう。

その行いが、あなたの人徳となっていくでしょう。


雄山神社 前立社壇(まえだてしゃだん)
 富山県中新川郡立山町岩峅寺1番地

20150922雄山神社 前立社壇1






 

 



trinity_method at 08:03|PermalinkComments(0)

2015年09月30日

2015/9/22 雄山神社 東本殿(立山若宮)

主祭神 祭神 刀尾天神(天手力雄命)・稲背入彦命・佐伯有頼命

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま

光の御珠を奉納

ここで感じられているあなた達が素晴らしいです。

すべてが一体です。
そして平等です。

このエネルギーを自分の身体に持ち帰って、
そして家でも会社でも、あなた達の周りに伝えていきましょう。

皆が持っている元々のエネルギーです。
これが自然の中でずーっと培われています。


神門をくぐり、光の御柱を奉納

やり続けることですべてが当たり前になっていくでしょう。
どんどん行動していくことです。


龍の御珠を奉納

今回の5人という数字、たぶん5色の珠が出てくるでしょうね。
それが
6体目の龍、自分自身の確立へとつながっていくでしょう。

それぞれの龍の御珠は、まだまだ完全ではありませんが、
5人揃ってそれをやることで、その役目を果たしていくでしょう。

雄山神社 東本殿(立山若宮)
 富山県中新川郡立山町芦峅寺2番地

20150922雄山神社 若宮1





trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年09月29日

2015/9/22 雄山神社 摂末社:神秘神社(山神社)

祭神:山神さま

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま


あなた達の光の御珠は、とても輝いています。

色んな色が交ざり合って、色んな経験をしていると感じます。

人それぞれ輝いている時と、少し落ち込んでいる時があると思いますが、

それをすべてひっくるめて、輝いているように感じます。

その生き方でとてもいいと思います。

光の御柱を奉納

神さま:この行いをどこまで続けられますか。

こちら:たぶん死ぬまで続けるでしょう。

神さま:では色んな所に、この御柱を建てて行かれるのですか。

こちら:はい、その通りです。

神さま:お分かりでしょうが、
    すでに建っているところもあれば、
    これから建てていくところもあるでしょう。

    全部建てたら・・・全部がつながっていくのでしょうね。
    そうなれば、まばゆい光の世界になっていくでしょう。

    そこにそれぞれがそれぞれの思うように生きていくでしょう。
    もちろん形態は変わらず
    人間は人間として生きていくでしょうけど、
    そこにまばゆい光が満ちているでしょうね。

こちら:日本はもとより、世界を包みたいですね。

神さま:まずは日本から発信していくことでしょうね。



龍の御珠を奉納

神さま:この御珠は、成長をすればするほど、
    交換をすればするほど、深みを持っていきます。

    実行することですね。

こちら:あなた様は、大自然とつながっていらっしゃるのですね。

神さま:はい。


神門をくぐり、光の御柱を奉納

神さま:世の中には、それぞれがいいと思うことと
    悪いと思うことがあると思いますが、
    それはただ単の出来事にしか過ぎず、
    どう変化しても何も変わらない。

    その動じない心がとても必要になってくるでしょう。

    この神門の中にも、すべてが光り輝いているわけではありません。
    滞っている所と光り輝いている所があり、
    それをも含めてこの世界があります。

    まずは風を流しましょう。
    そうすれば、その滞りも無くなっていくでしょう。

    自分自身が風を発していけば、それは自ずと回っていくでしょう。
    滞っているところも無くなります。

こちら:神門に風を吹かせます。そして我らの中にも風を入れましょう。

神さま:良いも悪いもどんどん変化していきます。
    自分自身がしっかりと意志を持って、
    この風に負けないように行なっていくことが必要でしょう。
    無駄なものは削ぎ落されていくでしょう。

こちら:禊の風ですね。
    この国の隅々に光の柱が建った時、まばゆく輝く世界がある。
    それを目指して参りましょう。

雄山神社 摂末社:神秘神社(山神社)
 富山県中新川郡立山町芦峅寺2番地
20150922雄山神社 神秘神社1



 

 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年09月28日

2015/9/22雄山神社境内 西本殿(立山大宮)

祭神立山権現伊弉那岐大神
相殿:
文武天皇・佐伯宿祢有若公

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま

 

光の柱を奉納すると、右螺旋で上に上がっていった。

上を楽しんで宙を舞って楽しんでいる白っぽい龍

龍の御珠を奉納すると、すべての珠を持ち、勢いよく舞っている。



「あなた達が感じられているこの自然、これが私の答えです。

ここに皆さんが立っている。
 それぞれが色んな感覚をお持ちでしょう。

そのそれぞれが感じたことが正しい。

耳を澄ませて、鳥や虫の声を聞き、
 風の心地よさに心を広げていきましょう。

一個人の人としてではなく、

この空間に漂う一つの意識として
 存在することを認識するでしょう。

ここにはたくさんの意識があります。

それぞれが同じように、平等に共存しています。」


雄山神社境内 西本殿(立山大宮)
 富山県中新川郡立山町芦峅寺2番地

20150922雄山神社 立山大宮1





trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年09月27日

2015/9/22 雄山神社 中宮祈願殿(ちゅうぐうきがんでん)

主祭神:伊邪那岐神 (いざなぎのかみ)
    天手力雄神
(あめのたぢからおのかみ)

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま


水滴が1つ落ちるごとに、意識が目覚め始める。

ポタン ポタンと落ちる雫

まるでドアをノックするかのよう。


1つの雫から、葉っぱが伸びてくる。

1つの雫から岩が顔を出す。


すべてのエネルギーは雄山に通じている。
そのエネルギーは、大地と天 すべてに広がり、包み込んでいる。

龍の御珠を奉納すると、
黒っぽい身体に、外側に金色が入っているような龍を感じました。
とても大きくて暖かいイメージでした。

「それぞれが感じているその感覚で良い。

 自分自身で納得できれば、それが一番。

 人は皆、自分を治癒できるだけの力を持っている。」





雄山神社 中宮祈願殿(ちゅうぐうきがんでん)
  富山県中新川郡立山町芦峅寺2番地
 


 峰本社、祈願殿、前立社壇の三社は三位一体の性格を持っている。
 祈願殿は主峰雄山を正面に頂き、開祖が晩年を過ごした。

20150922雄山神社 中宮1


境内はまるで森林の中にいるようなくらいりっぱな木々が多く、

不思議とストレスも感じず、解放された自分に戻る気がしました。

 



trinity_method at 15:55|PermalinkComments(0)

2015年09月23日

2015/9/21 立山 雄山神社(峰本社)

主祭神:伊邪那岐神 (いざなぎのかみ)
    天手力雄神
(あめのたぢからおのかみ)

使者:Hさま Mさま Kさま Mさま Hさま


神聖なる大地 岩や石がただただ、広がっているだけ。

雨が降り、その水が地面へと浸透していく。

同じ頃、地球の中心にほど近い大地の奥底から
1つの意識が生まれ、目覚めた。

その意識が、大あくびをし、大きく手を広げ大地を揺らした。

たくさんの揺れが重なり、大地に凹凸ができていく。

月日の経過や雨風の影響により、
ある所は山へ、ある所は湖へと形を変えていく。

大あくびをした意識は、とても力強く
そして優しく大きな手を広げて大地を支えた。

「ここにいる。ただそれだけである。

この地球(母)と天(父)を結び、ただここにいるのである。

そなた達人間は感動を求めてやってくる。

我と触れることで、
 そなた達の中にある感動や思いを呼び覚ましていくだろう。

あの空を見よ。この大地を見よ。すべてがありのまま。

天候に苦情を言うことなく、ありのままを受け入れている。

そなた達の抱えている悩みは、
 我と比べるとちっぽけなことかもしれぬ。

だが、それぞれにとってはとても大切な悩みである。

1つひとつと向き合い、1つずつ納得していくこと。

勝ち負けでなく、ただ行動していくこと。

答えは、そなた達の行動から見えてくる。」



山の神さまにご挨拶の後、
光の柱と龍の御珠の奉納を行ないました。

「この光の柱は懐かしい。

 たくさんの龍たちが、光の柱となって
 天と地を行き来することだろう。

 そなた達の情報、確かに受け取った。

 この龍の御珠を受けると、
 より強く、より速く行動していくことができる。

 龍の御珠は、
 自分の魂がもとに戻るきっかけを与えてくれるであろう。」


立山の峰々が一瞬光り輝き、
たくさんの光の柱が天に向かって伸びていきました。
瞬きするほどの一瞬の出来事でした。


立山 雄山神社(峰本社)
 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林

20150921立山




 



trinity_method at 13:48|PermalinkComments(0)