~国常立命(くにとこたちのみこと)~

2018年12月24日

2018/12/23 秋元神社

御祭神

・国常立命(くにとこたちのみこと)
・国挟土命(くにさづちのみこと)
・豊斟淳命(とよくむぬのみこと)

 

参拝者名 桑原涼子

 

黄金之稲穂を奉納

 

ここに来たすべての者に対して、我のエネルギーを分け与えている。

 

気づいても、気づかなくても、そのエネルギーはそなたの魂に浸透していく。

 

我のエネルギーは、自然そのもの。

天や地球から脈々と受け継がれている。

 

淡々と流れる世の中の流れと同じように、淡々とエネルギーは流れていく。

 

そなたが奉納してくれた黄金之稲穂も、

その中に加わり、淡々と皆に分け与えていく。

 

この黄金之稲穂は、己の意志を持ち、

すべてを循環させようとしておる。

 

世の中にある滞ったものも、

この黄金之稲穂に触れることで、改善されていくだろう。

 

我の淡々と流れるエネルギーに、

循環させようとする意志を持つ黄金之稲穂が加わった。

 

世の中の流れが速くなっていくであろう。

 

そなた、たくさんの人と場所に、

これからもこの黄金之稲穂を奉納しておくれ。

 

滞ったところや人が、

この黄金之稲穂に触れることで、

自らの使命を思い出すきっかけになるであろう。

 

そなたも己の使命を思い出し始めておるであろう。

 

焦ることはない。

 

続けていくことで、見えてくるものがある。

 

気持ちが良いと思うことは、続けていくことじゃ。

 

この場所には、たくさんの人がやってくる。

 

世の中ががらりと変わることはないが、

少しずつ変化の兆しが見えてくるであろう。

 

よく参られた。

この黄金之稲穂を持ってきてくれたそなたに感謝する。


秋元神社
 宮崎県
高千穂町大字向山字小藪6781

20181223秋元神社



trinity_method at 14:22|PermalinkComments(0)

2018年04月17日

2018/4/10 産神社

御祭神:国之常立神、豊玉姫

参拝者:あべ まりあ 他4

黄金之稲穂奉納

 

どうじゃ、気持ちがいいか。

 

そなた達の気持ちが、この場所と響きあっている。

互いの魂が、喜んでいるのである。

 

そなた達の素直な心が、この場に共鳴を起こした。

この場のすべてが喜んでいる。

 

さあ、手を広げて、この喜びを受け取っておくれ。

 

そしてそなた達の周りにも、この喜びを分け与えておくれ。

 

今日の喜びを忘れないように、

そなたの映した写真に、我からの喜びを表現した。

 

愛に満ち溢れたエネルギーである。

 

このエネルギーは、この写真を見ることで広がっていく。

 

必要とされる人たちに、広げて行けばいいだろう。

産神社(うぶじんじゃ)
 
 
熊本県阿蘇市 狩尾

20180410産神社1




trinity_method at 08:51|PermalinkComments(0)

2017年11月12日

2017/11/11 産神社

御祭神:
国之常立神(くにのとこたちのかみ)神世七代の12神
豊玉姫(とよたまひめ)

参拝者:あべ まりあ

 

黄金の稲穂の奉納をありがとう。

天に向かって、稲穂が噴水のように昇り、宙を舞いながら降りてきた。

 

あ~、ここの地も、黄金の稲穂のおかげで、豊かになっていくだろう。

ここを訪れた人が、この豊かさを持ち帰ってくれればと思う。

 

ここの地のエネルギー、感じるかな。

始まりのエネルギーである。

 

だから変わりたいと思う人たちが

それを知ってか否かはわからぬが、このエネルギーに触れに来る。

 

そなたはどうじゃ。

何らかの変化を求めていたのだろうか。

 

あまり深く考えなくてもよい。

我のエネルギーに触れたことで、そなたも変化し始めたのだから。

 

我は、そなたが奉納してくれた黄金の稲穂と共に、

この地から湧き出るエネルギーを、分け与えていこう。

 

我は、黄金の稲穂で、益々元気になった。

そなたも、益々元気になっていくだろう。

 

そなたから発せられる黄金の稲穂は、

我の始まりのエネルギー、すでに含まれておる。

 

そなた、その黄金の稲穂を

たくさんの人や場所に、分け与えていっておくれ。


産神社(うぶじんじゃ)
 
熊本県阿蘇市 狩尾

20171111産神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年04月09日

2017/4/7 恵比寿神社

御祭神:国常立神(くにのとこたちのかみ)
    豊雲野神(とよくものかみ)
    
角杙神(つぬぐいのかみ)
    意富斗能地神(おおのとぢのかみ)
    伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
    伊邪那美命(いざなみのみこと)
    事代主命(ことしろぬしのみこと)

 

 

そなたたちが、今存在していることこそが、素晴らしい。

 

肉体を持ち、生きているという事実。

当たり前のようであるため、誰もその事実に感動を覚えないだろう。

 

そなたがこの世に生を受けて誕生したとき、周囲はどんなに喜んだことだろうか。

そしてそなたが他のものの誕生を聞き、どんなに喜んだだろうか。

逆に、知り合いや家族が肉体を離れ旅立った時、どんなに悲しんだだろうか。

 

すべては、肉体があるからこそ、感動や悲しみを覚えるのである。

肉体なき後も、魂はずっと生き続けている。

だが、これほどの感動や悲しみを覚え、成長し続けることはない。

 

そなたたちが今この瞬間、肉体を持って生きているという事実がある。

その時間を改めて認識し、まずはあなた自身の肉体に感謝をしよう。

そしてその肉体を維持できている周囲の人たちや環境、地球に感謝しよう。

その感謝の念は、そなたを中心に、どんどん広がっていく。

 

そなたたちが奉納してくれた黄金の稲穂

とても心が温かくなった。

 

この奉納を続けていくことで、そなた自身の身体も喜びを感じ、

その喜びが周囲に広がっていくであろう。

 

そのことを知っている黄金の稲穂が、喜びながら境内を飛び回っているよ。


恵比寿神社
 東京都
渋谷区恵比寿西一丁目11番地
20170407恵比寿神社



trinity_method at 13:31|PermalinkComments(0)

2016年01月04日

2015/12/13 御嶽神社

主祭神 国之常立神(くにのとこたちのかみ)
相殿 国狭槌命、豊雲野尊


 

よくいらっしゃいました。
私たちは、ただの自然の意識体です。

それと意識を結ぶというより、あなた達が自然体に生きていること、
それが一番なのです。

 

神門に入り、光の御柱を奉納


「どこにいても、自然の中はいいもの。
 それを感じられることは、とても良いこと。

 ここは水の聖地、水の豊かさをこの地域一帯に行き渡らせています。」

 

龍の御珠を奉納すると、
早い川の流れ、勢いのある水色の龍神さまが現れた。


「体力ありますか。物事が早くなっていきます。
 風、水の流れと共に、この情報を伝えていきましょう。


 滞っていたものが、それぞれ役目を知り、
 それぞれに散らばっていったような感じ。


 だからやっと自由に動けるような感じ。とてもいい状態。」


この神社で、ご縁を結ばれると、
水の勢いを借りて、物事の良し悪しに関わらず、
物事が早く進んでいくことになります。

水は滞りを押し流し、人々の生活に豊かさを与えてくれます。
ここでの参拝は、水勢の運気をあげることになるでしょう。

御嶽神社
 大田区北嶺町37-20

20151213御岳神社

使者:Mさま Hさま

trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年09月20日

2015/9/19 御嶽神社

主祭神:国常立命(くにとこたちのみこと)

光の使者:Nさま Yさま Sさま

透明なベールの向こうから、ほのかな明かりが見える。

ベールの向こうの声はまるで水の中で話をしているようで、少し聞きとりにくいが、

イメージは、感謝という気持ちが伝わってくる。

ほのかな光が、両手を広げるようにどんどんと広がっていき、

この透明なベールから出ようと試みている。

光の柱を奉納

透明なベールが、下から上に上る滝のようになり、勢いがよく上に上がっていった。

太陽の光が射しこみ、とても穏やかになった。

近くから出ている湧水は、絶えず湧いている。

道筋をつけ、時折それを整備していくことで、この地は潤い続けるであろう。

「国常立命さま、あなた様のお力で、この富(水)をここに滞らせることなく、

 スムーズに流して周囲全体が潤うようにお力添えをお願いいたします。」

「我がこの地に鎮座する目的、それはこの地・大地が潤うように。

そしてそれがすべてに浸透していくように。

まずは境内から、そしてこの街、この地域、
 東京、関東、日本、アジア、世界、宇宙・・・

潤いの波動は、浸透していくだろう。」

国常立命さま、ありがとうございました。

御嶽神社(おんたけじんじゃ)
 
東京都大田区北嶺町37-20

20150919御嶽神社





trinity_method at 13:04|PermalinkComments(0)