徳島県

2016年09月12日

2016/9/7 西照神社(にしてるじんじゃ)

主祭神:月読命、市杵島姫命、田寸津比売命、田寸比売命
 


神門祝詞を唱え、神門に入り、循環の光の御柱と龍の御珠を奉納

 

今度来るとき、きゅうりを持ってきておくれ。

きゅうりの香りのする、みずみずしいきゅうりをね。

 

循環の光の柱で、上に上がるエネルギーの力が増した。

天につながると、自動で循環してくれるようだ。



質問があったので、聞いてみた。 

 

こちら:月読さんのお役目は、夜と黄泉の国の統括、この世のエネルギーの管理ということであっていますか?

 

神さま:そうじゃな、統括かどうかは、わからぬ。エネルギーの管理も、自覚していない。

 

こちら:いただいた剣は、どう使えばよろしいか? この剣の力を教えて欲しい。

 

神さま:あの時、そなたが何か思ったから、この剣がそなたの手の元に入ったのであろう。
    あの時、何を思ったのか、思い出してみるがいい。
    そなたの思いが、形となって出現したまでである。
    そなたの思い、他の者が思い描けば、出現するものが違うことがある。
    形に捉われることなく、その神髄を見極めてみよ。

 

    また遊びにくればいい。

    急がずともよい。

    少しずつ、そなたの疑問も解明していくであろうぞ。


西照神社(にしてるじんじゃ)
 徳島県美馬市脇町西大谷672番地

20160907西照神社

 

 



trinity_method at 08:04|PermalinkComments(0)

2016年08月13日

2016/8/10 田寸神社(たきじんじゃ)

主祭神:田寸津比売命 (たぎつひめのみこと)


使者:Iさま

 

神門祝詞を唱え、神門に入り、循環の光の御柱と龍の御珠を奉納

 

にこやかに微笑んでいるような雰囲気

「何を望んでいる?そなたの欲しいものを言ってみよ」

と問いかけてきた気がした。

 

この地のものに命の恵みをお授けください。
 この地にとれるものを食すると健康で長寿になれますように。

 

「我は、この地にいつも命を育んでいるよ。
 人だけでなく、すべてのものにね。

 そなたはこの地でとれるものを食しているのかな。
 今日食するがいい。
 そなたの体にこのエネルギーが入っていくであろう。」

 

微笑みながら、そんなお言葉を掛けていただいたあと、
真面目な雰囲気になり、


「そういえば、先ほどそなたが放った光の柱も、このエネルギーに似ておるな。
 意識すれば、人も同じように放つことができる。

 どこにいても、何をしていても、意識をすればいいのじゃ。
 わかるかな。」

 

ふっふっふと笑いながら、透明に輝く小さな珠を、手渡された。

 

「これを持ってお行きなさい。何かの役に立つだろう。」

 

手のひらで、眩しいぐらいに光輝く、小さな珠。
眺めていると、どんどんと輝きが増し、目もくらむような感じ。

 

眩しさのあまり一瞬目を閉じた瞬間、お腹の中心に、その小さな珠が入っていった。

                                                                                                                

温かく、心地よい。

安心感を頂いたような感じであった。
 

 

※田寸神社(たきじんじゃ)
 
徳島県三好市三野町加茂宮滝奥


20160810田寸神社1


 




trinity_method at 14:18|PermalinkComments(0)

2016年03月29日

2016/3/9 多祁御奈刀彌神社(たけみなとみじんじゃ)

主祭神:建御名方命(たけみなかたのかみ)
    坂刀売命(やさかとめのかみ)


光の御柱・龍の御珠を奉納


面白い若者がやってきた。

わしに、光の柱と龍の珠を奉納してきた。

わしは思わず感激し、光の柱で天へと昇ってみた。

龍の珠は、天を昇るのに、とても有効であった。


天の上では、たくさんの出会いがあった。

互いに情報交換して、長年のホコリを落とした。


我の記憶は、よみがえってきた。

何のために、ここにいるのかを思い起こすことが出来た。


私は皆に、強い力を持っていると思われているが、

力のみではない。

必要な方向に少し力を使うコツを知っているのである。

テコの原理とでもいようか。


わかるかな。

必要な方向に、チョイと力を放つだけじゃ。

それだけで、流れが始まるのじゃよ。

大きな力は不要じゃ。

多祁御奈刀彌神社
  徳島県名西郡石井町浦庄字諏訪213-1

20160309たけみなとみ神社

 

 

 

 

 

 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年08月10日

2015/8/4 忌部神社

御祭神:天日鷲命(あめのひわしのみこと)

使者:Iさま

死や禊を司る忌部氏の祖神さまが祀られていると聞き、

少し緊張しながらメッセージを取った。



光の柱を奉納し、続いて龍の御珠を奉納しようとしたところ、

「わしはそんなに怖くないぞ」と早口で低くかすれた声が聞こえてきた。

あまり眩しい光をお好きではないのかと察し、

ほのかな光の龍の御珠を白い霧に包んで奉納してみた。

グレー色の世界に、透明な龍が珠を受け取ったイメージがした。

拝殿がほのかに明るくなり、心地よい風が吹いてきた。


こちら側を吟味しているような気配。

透明な龍は、自分の気配を隠しながら、どこかから見ているようである。


「私は使者です。
 光の柱と龍の御珠を奉納し、あなた様と契りを結ぶためにきました。」

「契りじゃと・・・ふっふ、その心の目でちゃんと見るがいい。」


先ほどの白い霧に包まれたほのかな光の龍の御珠を手に持ち、

グレーの世界にいる透明な龍は、気配を消しながら、宙を大きく舞っている。


「そう答えを急ぐな。焦らずに参ろう。」


穏やかな声が聞こえたかと思ったら、スーッと現実の世界へ戻され、

拝殿の前に立っている自分に意識が戻った。


忌部神社
  徳島県徳島市二軒屋町2丁目48


20150805忌部神社1





trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)