~応神天皇/八幡大神(やはたのおおかみ)~

2019年10月14日

2019/10/3 冠纓神社(かんえいじんじゃ) 

主祭神 応神天皇・仲哀天皇・神功皇后

 

参拝者:参拝者 村野隆敏 守護龍神二柱

 

神門に入り、天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

 

 

よう参られた。

たくさんの情報をありがとう。

 

人は思ったところに移動できる。

とてもうらやましく思っていたが、

これで我らも自由に行き来できるというもの。

有難く思ふ。

 

さて、そなたが我らの中に何を思うたか。

 

我らの中にも、統合の光が備わっておる。

 

目的を1つにして、進んでいこうぞ。

 

奉納してくれた黄金之稲穂は、

この界隈だけでなく、風と共にたくさんの場所へ運ばれていくであろう。

 

この存在を知らなくても、

このエネルギーによって、すべての意識が目覚め始める。

 

大儀であった。

 

そなたの行いは尊い。

 

これからもこの行為をこなしておくれ。


冠纓神社(かんえいじんじゃ) 

 香川県高松市香南町由佐1413


20191003冠纓神社-0




trinity_method at 11:00|PermalinkComments(0)

2018年04月16日

2018/4/8 筥崎宮

御祭神:応神天皇
              神功皇后

              玉依姫命

参拝者:あべ まりあ 他3

黄金之稲穂奉納

 

よくぞ参られた。礼を申す。

 

楽しく奉納してくれたので、

その気を受け止めた黄金之稲穂は、とてもはじけて飛んでいる。

 

我が境内も軽くなった。

春らしい雰囲気である。

 

我の使命は、場を守ること。

従って、ピンと張りつめた厳選な空気を感じただろう。

 

そなた達の黄金之稲穂のお陰で、

その空気が少し軽くなった。

 

「親しみ」が深まってくれたのかもしれない。

 

我はこれからも、この場を守る。

そなた達がくれた黄金之稲穂で、

少しずつ和を広げていこうと思う。

 

もう一度申す。

よくぞ、参られた。

礼を申す。

筥崎宮
 
福岡県福岡市箱崎1-22-1

20180408筥崎宮1



trinity_method at 08:16|PermalinkComments(0)

2018年04月05日

2017/11/14 生目神社

御祭神
 品陀和気命(ほんだわけのみこと:応神天皇)
 藤原
()景清公


相殿:
 彦火瓊々杵尊
(ひこほににぎのみこと)
 
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
 
鵜茅葺不合尊
(うがやふきあえずのみこと)

 

参拝者:あべ まりあ 他2

 

人と自然が共存して、同じ地球で時を過ごす。

どちらが上でも、また下でもなく、互いが尊敬しあって生きていけばいい。

自然は、ありのままを受け取る。

良い・悪いではなく、ただ、ありのまま。

 

人はどうだろうか。

自分や仲間の都合でなく、生きとし生けるものが、

ともに時を過ごす意識を持てばいい。

 

そう、そなた達のように、人・植物・動物、この世に存在する者たちと分け隔てなく。

 

そして我ら肉体なき神とも、分け隔てなく。

 

互いに尊敬しあいながら、生きていけばいい。

 

1人の頑ななこだわりは、周囲に影響を与える。

 

この黄金色の稲穂に触れることによって、

その人の中で、和らいでいくだろう。

 

そなた達は、今と同じく、見返りを求めないその姿勢のまま、続けていくだろう。

 

その姿に感銘を受けた者は、自らの中の頑ななこだわりが解け始め、

本来の姿へと戻っていくだろう。

 

頑張りすぎず、続けていくがいい。

 

楽しいと思える心が、大切である。

 

そなた達の黄金の稲穂のおかげで、

頑ななこだわりが、我の中にも少しあったことに気付いた。

 

光とともに和らぎ、解け始めている。

 

我らもまた、新たな目覚めが始まったということだ。

 

ありがとう。

礼を申す。

 
生目神社(いきめじんじゃ)
   宮崎市 大字生目小字亀井山345

20171114生目神社





trinity_method at 08:51|PermalinkComments(0)

2018年01月02日

2018/1/1 安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

御祭神:応神天皇、玉依姫、神功皇后

 

黄金の稲穂奉納

 

新しい年の幕開けじゃ。

皆の衆、ご苦労であった。

そしてこの1年も、幸多かれと願う。

 

皆が願うこの言葉。

この地は、皆の衆で、守られている。

我もここに鎮座し、同じように願う。

 

今回、この地に、黄金の稲穂がやってきた。

天から授かり、地に根差した黄金の稲穂である。

 

まさに命の根、生きておる。

自らの使命を携えて、ここに訪れる皆の衆たちに、

この命の根を分け与えていく。

 

何と素晴らしいサイクル。

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

我も、そしてここの皆の衆たちの魂も喜んでおる。

 

黄金の稲穂は、この地に根差し、

また風に乗って、この地域を活性化していくであろう。

 

今日も皆の衆や子供たちの笑い声が聞こえる。

そなたの魂も、この黄金の稲穂を奉納したことで喜んでおるであろう。

安里八幡宮(あさとはちまんぐう)
  
沖縄県那覇市安里124

20180101安里八幡宮-2




trinity_method at 12:43|PermalinkComments(0)

2017年10月07日

2017/9/24 八幡総本宮 宇佐神宮

御祭神

 八幡大神(鷹神天皇:おうじんてんのう)

 比咩大神(宗像三女神)

  ・田心比売命(たごりひめのみこと)

  ・瑞沖比売命(たぎつひめのみこと)

  ・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

 息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)

 

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

これが日本中、そして世界中に広がっていくことになると、頼もしい。

 

我らもここに訪れる人たちに、この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

ここにはたくさんの人たちが訪れる。

 

国籍も違えば、願いや目的も違う。

 

ただ1つだけ、共通していることは、我らに手を合わせ、

我らを敬い、何か願いを伝えに来る。

 

そしてその願いとは、純粋に「幸せでありますように」

 

他人へのうらみごとを聞いたことはない。

 

そう、純粋に自分の幸せを思い描き、自らの力を信じて、

生きていけるのである。

  

その力に、この黄金の稲穂を分け与えることで、

大きな活力となろう。

 

人はこれをご利益と言うのかもしれぬ。

 

でもこの自らの力を信じるのは、他の誰でもない自分である。

 

自分を信じ、共に生きる仲間を信じて、生きていけばいい。

 

皆がそれぞれ感じる幸せとなろう。

 

この黄金の稲穂を運んでくれた使者どのは、

自らの思いで、自らが行動して、楽しんでおる。

 

だからこそ、使者なのだ。

 

今はわからずとも、いずれ自分が使者だと悟る時がこよう。

 

環境や仲間たちが、時代の流れで変化しても、

使者として生きている者たちは、何も変わらず行動していくことになる。

 

自らの思いで、自らが行動して、楽しんでいくのである。

 

使者どの、また会おうぞ。


八幡総本宮 宇佐神宮
  
大分県宇佐市南宇佐2859

20170924宇佐神宮



trinity_method at 15:10|PermalinkComments(0)

2017年10月06日

2017/9/24 薦神社(こもじんじゃ)

御祭神:鷹神天皇(おうじんてんのう)

    比咩大神(宗像三女神)
     ・田心比売命(たごりひめのみこと)
     ・瑞沖比売命(たぎつひめのみこと)
     ・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

    息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)

 

 

大地と共にこの黄金の稲穂を届けていこう。

 

国が繁栄するために、土地が豊かであること。

もっとも大切なことである。

 

土地が豊かであれば、人々の暮らしが豊かとなる。

暮らしが豊かになるから、心も豊かになる。

 

そなたが奉納してくれた黄金の稲穂は、まさにその豊かさそのもの。

 

この大地に、人々に、空間に、

この豊かな黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

ほら、空間に漂う黄金の稲穂が、見えるかな。

 

大地に吸収され、人々に豊かさをもたらすであろう。

 

お勤め、ご苦労であった。


薦神社(こもじんじゃ)
 大分県中津市大字大貞
209

20170924コモ神社



trinity_method at 08:24|PermalinkComments(0)

2016年11月05日

2016/11/4 代々木八幡宮

御祭神:応神天皇

 

そなたの勾玉の中に宿した光が、我らの中に浸透してきた。

 

眩しくもなく、明るすぎることも暗すぎることもなく、

白っぽい中に紫色の入った心地よいエネルギーである。

 

我らの空間の隅々まで、この心地よいエネルギーは浸透していく。

 

勾玉に宿した光、このエネルギーは素晴らしい。

 

そなたとこの勾玉、よほどの縁で結ばれているのであろう。

互いを必要とし、互いを補っておる。

だからこそ、このような心地よいエネルギーが出てくるのであろう。

 

そして、黄金の稲穂をありがとう。

 

そなたの光のエネルギーで、この空間は清められ、

いただいた黄金の稲穂がそのままこの空間で育っておる。

 

いずれ形を変えて、色んな人たちの元へと巣立っていくのかもしれぬが、

いまは、この空間で育つことを望んでいるのであろう。

 

お礼に1つ。

そなたがどのように変化していくか、

それはそなたの勾玉も知らぬこと。

 

そなたが未来を思い描き、行動していけば、

そなたの勾玉はそれを感じ取って、そなたを補佐していくであろう。

 

良い友と時間を持ったものだ。

色んな場所に行って、勾玉から光を放つことで、
そなたも勾玉も磨かれていく。


代々木八幡宮
 東京都渋谷区代々木
5-1-1
20161104代々木八幡宮




trinity_method at 13:37|PermalinkComments(0)

2016年09月13日

2016/9/9 富岡八幡宮

主祭神:応神天皇誉田別命・八幡神

神門祝詞を唱え、神門に入り、循環の光の御柱と龍の御珠、黄金の稲穂を奉納

 

螺旋を描きながら、つむじ風がものすごい勢いで、天へと上がっていき、

滞っていたものが、この風ですべてかき消され、何もない状態になった。

 

このつむじ風、とても勢いのある若い龍である。

 

お社の中に、ポンと入った黄金の稲穂を目がけて、

若い龍が風を吹かせると、穂が揺れるごとに、

このお社から境内に穂が散らばり、参拝者の服や身体、この地域に拡散していった。

 

その光景をそばで見ていた池の近くの龍が、

「恵みの雨ならぬ、恵みの稲穂じゃ」と、声を上げた。

 

黄金の稲穂は、どこかに触れると分裂し、枯渇することがない。

 

辺り一面が、黄金の世界になった。

 

道に落ちた黄金の稲穂は、人が歩くたびに浮き上がり分裂していく。

参拝者は、知らず知らずのうちに、黄金の稲穂を頂いているのである。

 

心地よい風が、境内の中を吹いている。

先ほどの若い龍が、その風に乗って、参拝者の耳元でささやく。

 

「自分の為に使えば、そなたの身体に吸収される。

他人の為に使えば分裂し、そなたの手元と相手の手元に、この黄金の稲穂は残る。」

 

心地よい風が、ずっと境内に吹いていた。

富岡八幡宮 
 東京都江東区富岡一丁目203 

 20160909富岡八幡宮



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2016年06月07日

2016/6/3 金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)

主祭神:応神天皇(おうじんてんのう) [品陀和気命(ほんだわけのみこと)]
 

使者 Sさま Mさま
 

神門祝詞を唱え、神門に入り、光の御柱・龍の御珠を奉納
 

上に下にエネルギーが流れているのを感じる。
 

この流れは、外に対してだけでなく、自身の内側に対してもある。
 

この界隈の空一面に、ミストのような心地よいエネルギーが降り注がれる。
 

人も大地も潤い、次へと進んでいくだろう。

金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)
 東京都渋谷区渋谷3-5-12


20160603金王八幡宮

 



trinity_method at 08:18|PermalinkComments(0)

2016年04月11日

2016/4/3 金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)

主祭神:応神天皇(おうじんてんのう) [品陀和気命(ほんだわけのみこと)]


神門祝詞を唱え、神門に入り、光の御柱を奉納


左巻き螺旋に空間がゆったりと動いていて、心地よさを感じる。

神門の中に、風が吹いている。

光はまぶしくなく、暗くもなく、周囲がぼんやり。

ずーっと奥の方に、光輝くものがあり、それを見た瞬間、その光は自分の胸へと飛び込んできた。


身体の中ではじけたような感覚。

光に包まれるのではなく、身体から光が四方八方に放たれた感覚。


空間の中に、自分も他人もなく、あるのは核(意識)だけ。

ぽっかりと浮かんでいると、周囲にも同じような核(意識体)が見える。

互いが微笑みかけたような気がした。

何のしがらみもない核は、何かを願えばそれが形になっていく。

形になっていく行程は、欲もなくただ楽しいだけだが、

ある程度形になって安定が見え始めると、欲が出てくる。


それがしがらみとなって、自分をしばっていく。


肉体ある人間たちよ。


何を望んで、形を作り出すのか。その願いは変化するのか。

また継続させていくには、何をしていくつもりなのか。


形を作ったことで、終わりではない。
経験はすべて核(意識体)に刻み込まれていく。


経験こそ、素晴らしい。

そなたは、もっと色んな経験を積んで、皆と共存せよ。


金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)
 東京都渋谷区渋谷3-5-12

20160403金王八幡宮



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)