~天児屋根大神(あめのこやねのみこと)~

2016年03月30日

2016/2/12 春日社

主祭神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)



面白いことをしていますね。


何を探しているのですか。


龍の道・・


この角度ではありませんよ。


この辺の、額がうずうずするところをお探しなさい。

春日社
 兵庫県神戸市兵庫区上祇園町
121 祇園神社境内

12祇園神社2


 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年08月09日

2014/2/19 枚岡神社(ひらおかじんじゃ)

主祭神  天児屋根大神(あめのこやねのみこと)

     比売大神(ひめみかみ) - 天児屋根大神の后神

     武甕槌大神(たけみかづちのみこと)

     斎主大神(経津主神:ふつぬしのみこと)


使者 Iさま

 

光の柱ありがとう。

そなた、楽しんでいるようじゃな。それがとてもわかる。

何を見ても面白い、それはそなたが楽しんでいる証拠。いいことじゃ。

 

そなたの光の柱に、ひとところ緑色の光が強く出ておる。

緑色が良いとか悪いではなく、片寄っているということじゃ。

最近何かに集中していないか、振り返ってみるといい。

 

そなた(Iさま)を通じて、使者に告げる。

 

そなたの現象を例えて話しておく。


そなたのバランスが戻れば、全体に混じり、緑色が薄まっていく。

そうやって光が強くなっていくが、

また緑色がひとところに強く出ると、同じことが繰り返され、やがて緑色の濃度が強くなっていく。

考えや行動に片寄りが出てくるということじゃ。

 

その原理を理解しておけば何も不安がることはないが、

できればバランスよく過ごすことで、

己のバランス(光のバランス)は保たれていくことはお分かりであろう。

 

人との関わりは、そのために行なわれていることを伝えておこう。

色んな出来事を経験し、色んな立場も経験し、色んな考えを

また直接人との光の交換をするということは、

それだけ強い交換だということも伝えておこう。

 

自分が気持ちいいと思う時間をたくさん過ごすことじゃ。

人と比べることなく、また強要することなく、自らが楽しんで過ごすことじゃ。

そしてそれぞれが独立しながら、共生していく。

共に生きることで、力は倍増されていく。


河内国一之宮 枚岡神社(ひらおかじんじゃ)
 大阪府東大阪市出雲井町7-16


20140219 枚岡神社



trinity_method at 09:00|PermalinkComments(0)