~猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)~

2019年12月29日

2019/12/29 椿大神社

御祭神:猿田彦大神 相殿 ニニギノミコト

 

参拝者:さるたびとさやか

 

黄金之稲穂 奉納

 

猿田人たる者よ。

 

我に導かれ、我と共に皆を導く。

その覚悟ある者と見た。

 

よくぞ参られた。

そしてよくぞ、我と契りを結ばれた。

 

色んな人がいる。

それぞれの目指す未来は違う。

 

それに口出すことはない。

 

ただ、魂の輝きを見失った者に、

輝きを思い出すきかっけを与えるのみ。

 

そなたの放つ黄金之稲穂が、

そのきっかけの1つとなろう。

 

我の依り代となる勾玉と共に、

たくさんの場所に赴き、

魂の輝きを思い出すきっかけとなる

黄金之稲穂を奉納しておくれ。

 

そなたの目指すもの。

近道せずとも、必ずや身につく。

 

やりたいことを具体的にせよ。

 

1歩ずつ、確実に進むが良い。

 

必ず道は拓けていく。

椿大神社 
 
鈴鹿市山本町1871

20191229 椿大社




trinity_method at 14:06|PermalinkComments(0)

2019年06月13日

2019/3/3 白鬚神社

御祭神:猿田彦命(別社名 白鬚明神・比良明神)

参拝者:おぎはら聖子 他4名

神門に入り、黄金之稲穂 奉納

そなた達が進む道はいくつもある。
どれを選んだとしても、失敗はない。

何を悩んで一歩を踏み出せないのか、
心の中のモヤモヤを、自分の中で整理していくことじゃ。

自身の心が惹かれるものに背を向けても、
後ろ髪が引かれる。

時間がないとか、
年齢的に無理という理由で、背を向けるのではなく、
本当に避けたい理由を、真正面から向き合うことが大切。

自身が納得しなければ、いつまで経っても
心残りな思い出となってしまうだろう。

自分の心に正直に向き合い、
ダメな自分が見えたとしても、
ありのままの姿を受け止めてみること。

根本的な心の整理をしていけば、
次の一歩は迷うことはない。

人に導かれ、
やがて自身も導く人になっていくのである。

少しずつ意識して、心の整理をせよ。

白鬚神社
 滋賀県高島市鵜川215番地

20190303白髭神社



trinity_method at 07:57|PermalinkComments(0)

2018年02月03日

2017/11/11 荒立神社

御祭神:猿田彦命、天鈿女命

参拝者:海香

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

そなたの心がとても温かく、我らの心にもしみこんできた。

たくさんの黄金の稲穂の光の粒が、思い思いに輝き、自由にこの境内を舞っている。



とても優しい、とても温かい光である。

我らのエネルギーとともに、ここに訪れる人たちに、分け与えていこう。

 

そなたの願は、そなた自身が叶えていくもの。

 

本気で「○○になる」と思えば、自らの行動や発言、そして周りの環境でさえも、

そのように動いていくだろう。

 

まずは、自分の力を信じることである。

 

良い仲間たちが、そなたを笑顔で見守っている。



荒立神社(あらたてじんじゃ)  

  宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井宮尾野


20171111荒立神社



trinity_method at 14:33|PermalinkComments(0)

2018年01月25日

2018/1/17 猿田彦神社

御祭神:猿田彦大神

参拝者:A・M

 

我のところへ来て、何か淡々と作業をしていたかと思うと、

我に向かって、堂々と、黄金の稲穂を奉納してくれた。

稲穂の輝きがとても透明で、とても宜しい。

 

ほっほ、鈿女命の柔らかいエネルギーが、そなたの黄金の稲穂に入っておる。

何か考えての行動かな。

あっぱれじゃ。

 

人も植物も動物も、皆 命を持っている。

その命を輝かすのが、この黄金の稲穂である。

 

人は最初、何かわからずに、導かれていくもの。

 

そなたも意味がわからず、黄金の稲穂を奉納していただろう。

 

自分で良いと思った行動を、ただしているだけであっても、

その経験が活かされていくのじゃ。

 

過去を振り返り、俯瞰してみよ。

そなたはきちんと岐路で決断し、行動しておる。

 

導かれるままでなく、

自らが覚悟して、行動しているのじゃ。

 

導かれし者よ。

 

その経験を活かし、今度は困っている人たちに手を差し伸べるのじゃ。

 

日常生活の中で、自然とそなたは気づいておる。

あとは、行動をすることだけじゃ。

 

導かれし者は、自然と導く者へと変わっていく。

 

そなたもその1人である。

心せよ。


猿田彦神社
 千代田区永田町2-10-5赤坂日枝神社境内


20180117日枝神社内 猿田彦神社


 



trinity_method at 08:03|PermalinkComments(0)

2017年12月10日

2017/12/4 椿大神社

御祭神:猿田彦大神
相殿  :ニニギノミコト


参拝者:あべ まりあ 他

 

黄金の稲穂を奉納

 

我の勾玉を持つ者よ。

 

ようやく参ったか。
待ちかねておったぞ。

 

我はそなたの勾玉を通して、

色んなことを見聞きしてきた。

 

ここにいながらにして、

その勾玉はそれを可能にしてくれた。

 

そなたはさらに、色んなところに行きなさい。

 

そこで見聞きしたものや感じたことを、

色んな人たちに伝えて行くのだ。

 

そなたの役目は、等身大の自分を語ることである。

 

我はそなたが望む道に、灯りを照らしていく。

 

何を望むかによって、照らされる道は変わってくる。

 

そなたがやりたいことをやればいい。

 

少し違うと思ったら、やり直すこともできる。

また寄り道したり、休憩したり、好きなようにすればいい。

 

とても楽しい仲間との黄金の稲穂の奉納をありがとう。

 

我の中にも、そなた達の優しさと喜びが入ってきた。

 

我の境内に舞っている黄金の稲穂は、

これからの参拝者に喜びを与えていくであろう。

 

ご苦労であった。礼を申す。

椿大神社
 
鈴鹿市山本町1871

20171204椿大神社




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年11月27日

2017/11/21 沖宮 祈祷殿

御祭神:
・猿田彦命
・非日王大神(ひひおうのおおかみ)
・荒暮王大神(あらくれおうのおおかみ)

参拝者:喜久里龍祥

 

黄金の稲穂を奉納

 

人を導くには、まず自分自身を導くことが肝要である。

色んな道のりを歩いて、経験した後に出る言葉は、深い。

 

そなたは、色んな経験をしておる。

興味があれば、まだまだ色んな経験をしていくであろう。

 

楽しいと思うか。
試練だと思うか。

 

その気の持ちようによって、未来も変っていく。

 

自分が未来を切り開くのじゃ。

 

誰のためでもなく、最初は自分のため。

そして気が付いたら、世の中のためになっておる。

 

「公」は最初から、できぬ。

「個」が確立した後に、「公」に変わっていくのである。

 

世の中のために、何かしたいと思うその心は必要じゃ。

だが、自身のことをおろそかにしていては、己の魂は満足せぬ。

 

それをそなたが問うていくのじゃ。

そなたの言葉は、深い。

皆も、そなたの言葉に、耳を傾けるであろう。

 

そなたが奉納してくれた黄金の稲穂には、色んな経験が詰まっておった。

すべて、喜びからの行動であった。

これからも、喜びからの行動をしていくであろう。

ご苦労であった。


沖宮(おきのぐう)祈祷殿
 沖縄県那覇市奥武山町
44番地

20171121沖宮-3



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年10月28日

猿田彦さまからのメッセージ

2017/10/27 葉山 Nature door salon『R』にて、

勾玉磨きワークがありました。

 

今回の勾玉の形は、導きの神 猿田彦さま。

 

休憩をはさみながら4時間もの間、

一心に勾玉を磨きます。

 

それは自身の魂を磨くことと重なっていきます。

 

皆さんの猿田彦さまの依り代となる勾玉から、

猿田彦さまのお言葉をお取りしましたところ、

このようなメッセージをお受けいたしました。

 

『それぞれに歩いていく道

私の力は、それぞれの中にある。

 

まずは自分を信じること。

そして自分から発せられる光を信じること。

 

自分の中の光と外からくる光は同じである。

それに向かって歩き始めればいい。

 

私はあなたを導く。

そしてあなたは、また次の誰かを導いていく。』

次回、原宿のモミノキハウスにて、
2017/11/18(土)勾玉磨きワークがございます。

ご興味のある方は、お知らせくださいませ。

20171027-0
20171027-1
20171027-2
20171027-3
20171027-4
20171027-5
20171027-6





trinity_method at 17:22|PermalinkComments(2)

2017年03月19日

2017/3/11 猿田彦神社

主祭神:猿田彦神

黄金の稲穂を奉納

 

そなたはその勾玉とどのようにして生きていく?

我の導きの力をどのように活用する?

 

慌てなくてもいい。

素直な心で、答えを見出していけばいい。

 

そなた、自分のやりたいことを書き出してみよ。

つじつまの合わないところが出てくるであろう。

足し算だけでなく、引き算も考えることじゃ。

これはヒントとして、受け取っておくれ。

 

さて、そなたが奉納してくれた黄金の稲穂。

元気があって宜しい。

素直で力のある稲穂である。

 

ここにはたくさんの人たちがお参りにやってくる。

その人たちに、この元気な黄金の稲穂を分け与えていこう。

皆の魂が喜んでくれることが予想される。

楽しみじゃ。

 

また、そなたの勾玉がこんなことをつぶやいていたよ。

最初、右にも左にも偏らないのは、緊張の連続。

思い切って、とことん突っ走ってみれば、違うことに気づく。

ケガを恐れて何もやらないより、やってみてから修正しても遅くない。

まずは、体験。そこから考えていけばいい。

 

こんなことを思いながら、そなたのことを見守っているようじゃ。

勾玉からの言葉、伝えたぞ。


猿田彦神社
 千代田区永田町2-10- 日枝神社境内

20170311猿田彦神社



trinity_method at 16:50|PermalinkComments(0)

2016年11月28日

2016/11/21 男嶽神社(おんだけじんじゃ)

御祭神:猿田彦命

 

我は、この社殿だけに留まらず、この地域全体に存在している。

どんな名前でも、付けたければ付ければいい。

今の名前は人々の希望であり、
それに応える意味でも、その名前は我に相応しい。

 

さて、そなたの胸の前で光を放っておられる勾玉
目もくらむほど、眩しい光である。


堂々としていて、とても素晴らしい。

 

光とは、色んな輝きがあるもの。
明るくも、薄暗くも、輝ける。

その場にあった輝きになっていくであろう。

 

我の中に入ってきた黄金の稲穂は、この地域だけに留まらず、

やがて色んな場所へと、流れていくであろう。

 

まずは、この地域にいるすべてのものに、
この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

自分の役割に目覚め、活性化していくことであろう。

 

それは、それらの顕在する心や体が望んでいるか、否かではなく、

どちらかというと、魂の望んでいることである。

 

もしこの言葉を、この地域のものに伝えることができるなら、

自分の魂の望んでいることを自覚せよと知らせてほしい。

 

またそなたが今後、黄金の稲穂を色んなところへ奉納するのなら、

以下のことをアドバイスしておこう。

 

そなたの仲間にも、このことを伝えておくれ。

 

黄金の稲穂は、魂の望んでいることを目覚めさせる。
それを自覚せよ。


人は、自覚するか否かで、成長する深さが変わってくる。

 


そなた、
よき黄金の稲穂の交換であったぞ。


己が何のためにこの行為を成しているのか、自分の胸に問うてみよ。

 

そして、そなたも使者のひとりであるということを自覚していけばいい。

 

 

明治時代まで山全体が御神体となっており、
 入山が許されていないほど貴重なスポット。

男嶽神社は、最初の神様「天比登都柱」(アメノヒトツバシラ)や
 「月読命」(ツクヨミノミコト)の降臨の地として
 文献には記されており、もとの月読宮とも言われている。

「天比登都柱」「月読命」を導いてこられたことから、
 現在は「猿田彦命」をお祀りしているとのこと。



男嶽神社(おんだけじんじゃ)
 
長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触1678番地

20161121男嶽神社



trinity_method at 07:39|PermalinkComments(0)

2016年06月26日

2016/6/12 椿大神社(つばきおおかみやしろ)

主祭神:猿田彦大神

神門祝詞を唱え、神門に入り、光の御柱を奉納

そなたは、何をする人ぞ?

そしてその願いを全うできる精神力と時間はあるのか?

そなたの力だけでは、あまりにも時間がかかりすぎる。

そなたの直観力に、周囲の人の協力が加われば、鬼に金棒となろう。

我は、そなたが願う道を明るく照らしながら、周囲の人を巻き込んでいこう。

そなたの願いが、周囲の人の願いにも加わるように。

そなたはそれを当たり前と思わず、絶えず感謝の念を忘れぬことじゃ。

そなたが感謝をするたびに、そなたが願う道は虹色に輝いていくであろう。

 

白っぽい光の柱の一部が、虹色に輝いていた。

椿大神社(つばきおおかみやしろ)
 三重県鈴鹿市
山本町字御旅1871
 

20160612椿大神社2


 



trinity_method at 13:45|PermalinkComments(0)