沖縄県

2019年03月04日

2019/2/18 辺野喜神社(べのきじんじゃ)

御祭神:伊弉諾伊弉冉天照大神

 

参拝者:喜久里龍祥

 

とても心地よい光をありがとう。

 

そなたの細胞に付いている黄金之稲穂が、

我らの元にもやってきました。

 

種子はいただきましたよ。

 

この地にも、黄金之稲穂が根付くでしょう。

 

心あるものが、手を合わせるだけで、身体からエネルギーが流れるのです。

 

心なきものが、形だけの儀式をやったとしても、エネルギーは流れ出ません。

 

自信を持って、一歩ずつ進んでいきなさい。

 

今まで通り、心からの行為をしていくだけです。

 

今のそなたに必要なことは、自信を持つことだけです。

 

わかりましたね。

 

 

辺野喜神社(べのきじんじゃ)

  沖縄県国頭郡国頭村辺野喜

20190218辺野喜(べのき)神社-0



trinity_method at 08:15|PermalinkComments(0)

2018年02月27日

2018/2/25 波之上宮

御祭神:伊弉册尊(いざなみのみこと)
        速玉男尊(はやたまをのみこと)
        事解男尊(ことさかをのみこと)

 

参拝者:村野滋樹

 

天之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂を奉納

 

心地よい風が、吹いている。

我らは、この場が、とても好きである。

 

現地でお世話をしてくれる人たち、

観光で訪れる人たち

たまに飛んでくる鳥たちも、すべてが我らに心から挨拶してくれる。

 

そして、今日はとても素敵なプレゼントをいただいた。

 

胸に宿りし光は、ヨーロッパを生きた魂の軌跡。

吸い込まれそうな輝きの光は、何回も転生を繰り返し、培ってきた賜物。

 

その胸の輝きから出された黄金の稲穂は、

シャボン玉のような龍之御珠とともに風に乗って宙を舞った。

 

天と地を結ぶ光の柱が、ここにも建った。

この地に天之御柱が建つということは、これからとても重要なことになる。

 

我らが持つ情報と全体の情報を共有しながら、

より良い世界になれるよう、瞬時に考えを交流していこう。

 

これらを奉納してくれた胸に太陽の光を宿す者に礼を申す。

 

そなた達にも、すべてが瞬時にやってくる。

これまで以上に、忙しくかもしれぬ。

心して過ごせ。

波之上宮
 沖縄県那覇市若狭1丁目25番11号

20180225波之上宮-1


 



trinity_method at 08:23|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

2017/11/24 父神(イザナギさま) 母神(イザナミさま)

父神(イザナギさま) 母神(イザナミさま)

参拝者:喜久里龍祥


黄金の稲穂を奉納

 

天から下りてきた黄金の稲穂、

地球に根差し、そなたの胸からも出てきた。

白いオーラをまとった者よ。驚いたぞ。

 

これは、天(神)も地球も人も、

同じような使命があるものと見える。

 

だから、黄金の稲穂が、根付くのじゃ。

ただ、守る範囲が違うだけだと。

 

それを知ってか知らぬか、

そなたは黄金の稲穂を我に奉納した。

 

我に「目覚めよ」と申したのだ。

 

我は目覚めていたと思うたが、

もっと目覚めることにしよう。

 

ここに訪れる者はもちろんのこと、

我の地に根付いているものたちにも、

この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

地は、どこまでもつながっている。

我らがイメージすれば、

もしかしたら、地球の反対側にも届くかもしれない。

 

そうイメージするのじゃ。「皆、目覚めよ」と。

 

たくさんの目覚めが始まる。

皆、心せい。

父神(イザナギさま) 母神(イザナミさま)
  沖縄県
20171124父神

20171124母神






trinity_method at 11:17|PermalinkComments(0)

2018年01月02日

2018/1/1 安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

御祭神:応神天皇、玉依姫、神功皇后

 

黄金の稲穂奉納

 

新しい年の幕開けじゃ。

皆の衆、ご苦労であった。

そしてこの1年も、幸多かれと願う。

 

皆が願うこの言葉。

この地は、皆の衆で、守られている。

我もここに鎮座し、同じように願う。

 

今回、この地に、黄金の稲穂がやってきた。

天から授かり、地に根差した黄金の稲穂である。

 

まさに命の根、生きておる。

自らの使命を携えて、ここに訪れる皆の衆たちに、

この命の根を分け与えていく。

 

何と素晴らしいサイクル。

 

黄金の稲穂の奉納、ありがとう。

我も、そしてここの皆の衆たちの魂も喜んでおる。

 

黄金の稲穂は、この地に根差し、

また風に乗って、この地域を活性化していくであろう。

 

今日も皆の衆や子供たちの笑い声が聞こえる。

そなたの魂も、この黄金の稲穂を奉納したことで喜んでおるであろう。

安里八幡宮(あさとはちまんぐう)
  
沖縄県那覇市安里124

20180101安里八幡宮-2




trinity_method at 12:43|PermalinkComments(0)

2017年11月27日

2017/11/21 沖宮 祈祷殿

御祭神:
・猿田彦命
・非日王大神(ひひおうのおおかみ)
・荒暮王大神(あらくれおうのおおかみ)

参拝者:喜久里龍祥

 

黄金の稲穂を奉納

 

人を導くには、まず自分自身を導くことが肝要である。

色んな道のりを歩いて、経験した後に出る言葉は、深い。

 

そなたは、色んな経験をしておる。

興味があれば、まだまだ色んな経験をしていくであろう。

 

楽しいと思うか。
試練だと思うか。

 

その気の持ちようによって、未来も変っていく。

 

自分が未来を切り開くのじゃ。

 

誰のためでもなく、最初は自分のため。

そして気が付いたら、世の中のためになっておる。

 

「公」は最初から、できぬ。

「個」が確立した後に、「公」に変わっていくのである。

 

世の中のために、何かしたいと思うその心は必要じゃ。

だが、自身のことをおろそかにしていては、己の魂は満足せぬ。

 

それをそなたが問うていくのじゃ。

そなたの言葉は、深い。

皆も、そなたの言葉に、耳を傾けるであろう。

 

そなたが奉納してくれた黄金の稲穂には、色んな経験が詰まっておった。

すべて、喜びからの行動であった。

これからも、喜びからの行動をしていくであろう。

ご苦労であった。


沖宮(おきのぐう)祈祷殿
 沖縄県那覇市奥武山町
44番地

20171121沖宮-3



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年07月08日

2014/1/1 神々の島 久高島(くだかじま)カベール岬

使者 Fさま

 

おお、あれは何じゃ?と思った。

彼女から、ポコンと(光の柱が)出てきよった。

そしてそれが地とつながり、上へと伸びていった。

 

他の者はびっくりして、そのままやり過ごす者もいたが、

わしはとても興味を持った。

 

光の中には、とても強い意志があった。

これを見なければ、他の者と同じように敬遠していたかもしれない。

光の中を見ることができて、良かった。どうもありがとう。

 

この光、1人でやるより、もう少し人数が多い方が、

その意志は伝わりやすいだろうと感じた。

それを伝えておく。


神々の島 久高島(くだかじま)カベール岬
 沖縄県南城市


20140101カベール岬



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年07月07日

2013/12/31 玉城城跡

使者:Fさま


私は何も感動を与えようとはしていない。

ただ、あるがまま、そこにいて、皆を見ている。


良いも悪いもなく、ただそこで見ている。


ひっかかることもあるはずだ。

だけど、それも人生、何とかなっていく。


よくもまぁ、はるばると。

だけど、人の距離は何とかなるものさ。


玉城城跡(たまぐすく ぐすく:雨つづ天つぎ うたき)
   沖縄県南城市玉城444

20131231 玉城城跡

 

 

 

 



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年07月03日

2013/12/31 薮薩御嶽(やぶさつうたき)

使者 Fさま


いい光の柱をありがとう。

とてもいい光であった。

大自然の中、人は聖地を求めてやってくる。

自分の中の聖地と、外の聖地を触れさせる。

聖地への感覚を忘れないために、である。


そなたもその1人であろう。

ここで何かを感じたか。


場所は1点でなく、全体と見なせ。

この地域全体と融合すればいい。

感じるのは、自分の中にある聖地が動いたら、それでいい。


光の柱、この大地にも息として入った。

自然の中のほんの静かな時間である。

薮薩御嶽(やぶさつうたき)
 沖縄県南城市玉城


20131231 薮薩御嶽

 

 



trinity_method at 08:12|PermalinkComments(0)

2015年07月02日

2013/12/31 テダ御川(てぃだうっかー)

使者 Fさま

ここは気持ち良いであろう。
ここに訪れた人は皆そう言って、ずーっとたたずんでいる。

ま、滞在時間ではなく、どれだけここのエネルギーに触れ、何を感じたかである。

そして心新たに、次への一歩を踏み出す。

何かにつまづいたら、ここを思い出すがいい。

そなたの中のこの感覚は消えない。

そして周りにもこの風景を見せてみよ。

見た人が、また何かを感じる。

人とは、そうやって成長していく。

そなたとの光の交換、きちんと承った。

 ※テダ御川(てぃだうっかー)
  沖縄県南城市知念字知名1172

20131231テダ御川



trinity_method at 07:58|PermalinkComments(0)

2015年06月30日

2013/12/31 波上宮

主祭神:伊弉册尊(いざなみのみこと)

    速玉男尊(はやたまをのみこと)

    事解男尊(ことさかをのみこと)

 

使者:Fさま

 

我、来る人 誰も拒まず

光の柱 眩しく、また初々しく思ふ。

 

光の中には「決意」が見える。

 

我に「決意」とは、何とも面白い。

場違いとも思える行為

 

じゃが、放っておくこともできず、

ゆっくり光の柱を見てみると、

なるほど~とうなづけるもの 多々あり。

 

先ほどの言葉は撤回しよう。

そなたの決意 とくとお受けした。


琉球国一之宮 波上宮(なみのうえぐう)
  沖縄県那覇市若狭1-25-11

20131231 波上宮



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)