~素盞嗚尊/建速須佐之男命(すさのおのみこと)~

2019年10月13日

2019/9/20 八坂神社

御祭神:

素戔嗚尊(すさのをのみこと)

櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

 

参拝者:相澤道子 他1

 

神門に入り、天之御柱建立、龍之御珠・黄金之稲穂を奉納

 

 

我、ここに存在する。

誰の力を借りぬとも、その責務を果たす。

 

じゃが、今の世の中は、多様である。

それぞれの個性を尊重し、それぞれができることを務めておる。

 

もう一度云う。

我は誰の力も要らぬ。

 

じゃが、互いの価値を認め合うのは、

今の世の中にとって、必要なこと。

 

相分かった。

 

皆の力を認め、協力し合うという行為を

受け入れることとしよう。

 

よくぞ来てくれた。

礼を申す。



八坂神社 
 京都市東山区祇園町北側625番地

20190920-八坂神社-1



trinity_method at 14:17|PermalinkComments(0)

2019年02月26日

2019/2/18  熊野大社

祭神:加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(かぶろぎくまののおおかみくしみけぬのみこと)と称える素戔嗚尊(すさのおのみこと)

参拝者:下山淳子 他1

黄金之稲穂を奉納

 

色んな経験をその勾玉たちとしているね。

その勾玉たちが、話をしてくれたよ。

 

光は、己の中にある。

影も、己の中にある。

 

良い・悪いではなく、どちらも存在しているからこそ、

互いの存在が認識できるのである。

 

それぞれに役目があり、

それぞれが必要なのである。

 

そなた達の経験も、そなた達にとって必要であった。

過去の事柄について、とやかく迷うことは、もうない。

 

誰もが自由に生きていくことができる。

 

誰もが自身の幸せを求めて生まれてきている。

 

光も影も、皆の中にすべてある。

それが、普通なのである。


熊野大社 
 
島根県松江市八雲町熊野2451

20190218熊野神社-1




trinity_method at 08:13|PermalinkComments(0)

2018年07月22日

2018/7/21 大山祇神社

主祭神:
 
素戔嗚尊(すさのおのみこと)

 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

 伊邪那美命(いざなみのみこと)

 

参拝者:おぎはら聖子 他11

 

黄金之稲穂 奉納

 

自由に行動せよ。

そして、その行動は、己のためにあることを、自覚せよ。

 

大丈夫、大丈夫。

誰もあなたに、責任を負わせようとしていない。

 

自らの魂が望むことは、本人が一番感じている。

日常生活で時間に追われて、感じなくしているだけ。

 

さあ、心を開いて。

 

己の魂と己自身を対峙させ、

まずは一体であることを自覚せよ。

 

魂と肉体はすべてが自分。一緒であることを感じよ。

 

難しいことはない。

心地よいと思う瞬間を思い出せ。

 

心からリラックスすれば、

魂と肉体は、一体となっていく。

 

大丈夫、大丈夫。

気が付けば、魂と肉体は一体となっている。

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ) 
 京都府南丹市園部町大河内溝ノ上



20180721大山祇神社





trinity_method at 12:00|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

2018/2/8 祇園神社

御祭神:
・素盞鳴大神(すさのおのみこと)
・大己貴大神(おおなむちのみこと)
・伊弉冉大神(いざなみのみこと)


参拝者:
:あべ まりあ 他1


黄金之稲穂奉納

 

よくぞ参られた。

 

そなた達が奉納してくれた黄金之稲穂は、

今、宙を舞っている。

 

空を見よ。

どうじゃ、このエネルギーを感じるか。

 

丁寧にじっくりと参拝していけばいい。

それぞれ神社によって、特徴も異なれば、エネルギーも異なる。

 

そなた達はそれに影響されることなく、

ゆっくりと淡々と巡っていけばいい。

 

皆、そなた達の黄金之稲穂を心待ちにしておるぞ。

 

焦ることなく、出逢いを大切にしながら、進んでいきなさい。

 

我らへの参拝、ありがとう。礼を申す。


祇園神社
 宮崎県西臼杵郡
五ヶ瀬町 鞍岡6066


 20180208祇園神社1

 




trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年11月19日

2017/11/14 祇園神社

御祭神 素蓋鳴命:すさのおのみこと 
     稲田姫命:くしなだひめのみこと
     
ヤマタノオロチ

参拝者:あべ まりあ 他

 

黄金の稲穂を奉納

 

1つひとつをきちんと対応していくことで、実が実ってくる。

 

種は蒔きっぱなしでは育たない。

 

かといって水をやりすぎても、少なすぎても、うまく育たない。

 

そして一番肝心なのは、どんなに素晴らしく水やりや肥料をあげても、

芽の出る時期でなければ、発芽もしない。

 

これは植物を育てることだけに限らず、

人を育てるとき、
そして事業を起こして継続させていくときにも当てはまる。

 

必要なタイミング

必要な環境

必要な対応方法

 

3つが揃ったときに、実が成るのである。

 

黄金の稲穂、ありがとう。

 

そなた達が奉納してくれた黄金の稲穂は、この場所いっぱいに広がり、

地面に落ちて、しみ込んだものは、発芽を待っている。

 

また風に乗って宙を舞っているものは、
訪れた者たちと一緒に、
移動しようとしている。

 

それぞれが、自分の役目に目覚め、それが実行できる喜びをかみしめている。



祇園神社
 
宮崎県 日南市 梅ヶ浜

20171114-1祇園神社




trinity_method at 13:01|PermalinkComments(0)

2017年10月10日

2017/10/9 根津神社

御祭神:須佐之男命・大山咋命・誉田別命 

相殿:大国主命・菅原道真公



黄金の稲穂を奉納

 

眩しい光と共に、黄金の稲穂をありがとう。

とても心洗われる光である。

 

この光の中に、たくさんの希望と愛が入っている。

何をするにも、決してあきらめない光

自分の可能性を信じて、突き進んでいく光

成功へと導かれ、民衆が歓喜極まって喜んでいる光

たくさんの光が走馬灯のように流れる。

異国の光である。

 

我ら日本にはない、民衆の力強さ。

「個」が「個」として、責任を持って動いていく様子。

この光を、我が境内でも、解き放っていこう。

 

「公」になる前に、「個」が確立する必要があるということだ。

この光、大地と繋がり、皆に渡していこうぞ。


根津神社
 東京都文京区根津
1-28-9



20171009根津神社



trinity_method at 08:16|PermalinkComments(0)

2017年04月10日

2017/4/7 上目黒氷川神社

御祭神:素戔嗚命(すさのおのみこと)
    天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    菅原道真(すがはらのみちざね)

 

 

色んなことに耳を傾けるがいい。

色んなことを見ていくがいい。

そして、そのままを感じていくがいい。

 

あるがまま

 

今という瞬間を、あるがまま感じよ。

そして己の心が望んでいることを、己が認識せよ。

 

あるがままとは、流れに任せて流されるのではない。

 

個という自分の存在を認識すること。

個というそれぞれの存在を認識すること。

そこから、公が始まるのである。

個なくしては、公はありえないだろう。

 

己が己の心を認識して、目覚めること。

そして行動すること。

自ずと、己を中心とした風が巻き起こってくる。

 

それぞれが、それぞれを生き、それぞれを尊重し、調和していく。

 

あるがまま

 

この言葉の意味を深く理解せよ。

 

そなたが奉納した黄金の稲穂を受け、我はそなたにこの言の葉を贈る。
そなたの魂が望む言の葉であろう。

ここを訪れる人たちや地域の人たちにも、

この黄金の稲穂とともに言の葉も伝えられていくであろう。

上目黒氷川神社
 
東京都目黒区大橋2-16-21


20170407氷川神社



trinity_method at 08:04|PermalinkComments(0)

2016年11月03日

2016/10/7 根津神社

御祭神:須佐之男命・大山咋命・誉田別命

相殿 大国主命・菅原道真公

抱えきれないほどの黄金の稲穂をありがとう。

これは色んなことに使えることを知っているか。

 

このまま植えていれば、どんなところでも、そしていつまでも同じ状態で育つ。

刈り取って稲わらとモミに分けて、それぞれの役割を分けることもできる。

 

想像すればするほど、これは変化し、その都度対応していく。

そなた達の頭次第じゃ。

 

それぞれが望むことを、

それぞれが望む方法で

それぞれが行なえばいい。

 

誰かがルールを決めることもなく、

また誰かの指示に従うこともなく、

自分の頭で考えるのじゃ。

 

色んな場所に届けられ、その場所や人々が活性化していくことを、

黄金の稲穂は望んでおる。

 

自分だけに留まらず、色んなところに行ったり、人と会ったりして、

この黄金の稲穂を広げていくことじゃ。

 

そなた達に託された黄金の稲穂は、

そなた達が想像し、創造していく。

根津神社
 
東京都文京区根津1-28-9


20161007根津神社




trinity_method at 14:19|PermalinkComments(0)

2016年04月16日

2016/4/10 敏馬神社(みぬめじんじゃ)

主祭神:素盞嗚尊



それぞれが、それぞれで良い。

あなたはあなたでしかない。それで充分である。


今までもそうして生きてきただろう。

そしてこれからも、その通り生きていくだろう。

それで良いのである。


あなたの体を風が通り抜けていく。

この心地よさを感じられるあなたでいればいい。

さあ、気負うことなく、自分を信じ、進んでいきなさい。


光の柱の周りに、左螺旋でゆっくり上がる風が、とても心地よかった。

青白いイメージ。



敏馬神社(みぬめじんじゃ)
  兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-1-8

20160410みぬめ神社





trinity_method at 10:03|PermalinkComments(0)

2016年03月26日

2016/2/12 祇園神社

御祭神:素盞鳴尊  櫛稲荷田姫命

 

よくいらっしゃいました。ここはいかがですか。

心地よさはどこからきますか。

あなたの中にあるその心地よさと、ここの場所が合ったのでしょうね。

 

神門祝詞を唱え神門に入り、光の御柱を奉納

ここにあなた達の経験が入ってまいりました。

人の経験は面白いです。

私の波動は感じられますか。


人と神の意識や経験が融合していくということ、

これはこれからの時代に必要になっていくでしょう。


これが始まったということでしょう。

ここに立っていること、そのものがそのことを物語っています。

 

龍の御珠を奉納


もっともっと、自身の魂を磨いていきなさい。

これが肉体を持ったあなた達人間が、1つの目的として、
皆が共通に持っていること。


経験を積んで、魂を磨いていきなさい。

祇園神社
 兵庫県神戸市兵庫区上祇園町
121

12祇園神社




trinity_method at 13:23|PermalinkComments(0)