~味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)~

2015年06月21日

2014/1/4 都々古別(つつこわけ)神社(馬場)

主祭神 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)
配祀 日本武尊(やまとたけるのみこと)

使者 Mさま Aさま

1つひとつ丁寧にお参りする。
骨の折れることであろう。

なぜそんなことを自分がやっているのか、時々問いたくなる時がやってくる。

そんな時は、この場を思い出してほしい。

何の装飾もしておらん。
ただただ、ここに坐しておるのみ。

そなた達も、いずれそうなるであろう。

光の柱、やっと息が合ってきた頃。
互いに補い合いながら、進んでいけば良い。

※陸奥国一之宮 都々古別(つつこわけ)神社(馬場)
  福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字馬場39

20140104都々古別



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年06月20日

2014/1/4 都々古別(つつこわけ)神社(八槻)

主祭神 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)
配祀 日本武尊(やまとたけるのみこと)

使者 Mさま Aさま


よく参られた。待っておったぞ。
光の柱、いい柱じゃ。

相当の覚悟が見える。
気負うことなく、ゆっくりと進むがよい。

自分自身が変化していくのは、楽しいであろう。
我らとて同じ。

継続を願いつつ、変化を好む。
時代と共に、皆生きているということじゃ。

そなたの光、疑いの影なく、直線に突き進んでおる。
迷いなきときは、すべてがうまく進んでいくが、
少しでも迷い生じた時は、理由なく崩れていく。

再生と破壊を持ち備えた強い光ぞ。自覚するべし。

仲間と補いながら進んでいけば、迷いは生じない。

※陸奥国一之宮 都々古別(つつこわけ)神社(八槻)
  福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮224

20140104都々古別(つつこわけ)神社(八槻)



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)

2015年06月19日

2014/1/4 石都々古和気(いわつつこわけ)神社

主祭神  味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)

配  祀 大国主命 誉田別命

使者 Mさま Aさま

お役目御苦労である。
そなた達の光、たくさんの情報が入っておる。

とても心強い光じゃ。

そして信じる力、疑いのない光。
これが継続して続くことを祈る。

さて、そなた達に問う。

なぜこんなことをやっているのか。

何かに共感したり、感動したりしたのだろうが、
人それぞれでその感覚は違う。

最初、自分が何をやりたくて、今の行動をとっているのか、
書き留めておくがいい。

※陸奥国一之宮 石都々古和気(いわつつこわけ)神社
 福島県石川郡石川町下泉269

20140104石都々古和気



trinity_method at 08:00|PermalinkComments(0)