2020/1/4 東京大神宮2020/4/1 国造神社

2020年04月05日

2020/4/5 世界同時瞑想 メッセージ

2020/4/5 11:45~12:10

SNSを通じ、本日11:45より、
世界同時瞑想が行われることを知り、
私たちも参加させていただきました。
1日も早く、世界に平穏が訪れることを祈ります。

・・・

いつものように、
自身のアマテラスの聖域(アナハタチャクラ)を広げ、
内側から光を出し、そのまま、地球の中心に向かって、
下りていく。

そうすると、たくさんの光たちが、
私と同じように、地球の中心に向かって下りていった。

地球の中心を守る多くの守護者と一緒になって、
お互いの光を交換し、
自身のアマテラスの聖域に入れる。

(毎朝の太陽礼拝と同じようである)

地球の中心で光り輝いていた小さな球が、
四方八方に向かって、地球全体へと広がっていく。

地球の中心を守る多くの守護者と私たちの光が、
広がっていく。

眩しい光というより、淡いピンクを帯びたような光。

地球の中心を守る多くの守護者のエネルギーが、
中心から外に向かい、地中から地表へ、そして地上へと。

モヤのような感じになり、
淡いピンク色から透明になって、
ゆらゆらと空に向かって上がっていく。

宇宙空間までいくと、
透明から少しずつ薄い青へと変化。
エネルギーはさらに上昇を続ける。

青い地球がより青く、透き通って見える。
地球が一段と光り輝いている。

遠くの上の方から、眩しい光がやってくる。
白っぽい、少しプラチナがかった眩しい光。

そよそよとゆっくりと。
暗い宇宙空間に、全体にそよそよと光が下りてくる。

その光が、地球だけでなく、宇宙全体に広がっている。
暗かった宇宙が、薄ぼんやりとした世界へと変わる。

それぞれの惑星にたどり着くと、
膜を張るように、ぴちっと覆った(シールド)。

地球全体を光のシールドで覆って、
そこに光が次々と入っていく。

光は空から下へと、下りてきて、
建物が見え、人の姿も見え、
全体をこの眩しい白い光が覆っていく。

地表についた光は、染み染みと、地下に染み込んでいき、
真っ暗だった地中にも、この光が浸透していく。

地球の核で光り輝いている地球の中心を守る多くの守護者の元へこの白い光が入っていく。

地球の中心を守る多くの守護者の元々の光の色は、黄色
その中に入って、より輝きを増した。

地の奥で混ざり合うエネルギーが統一されると、
光はまた中心から外に向かって、四方八方に広がり、
循環が始まる。

どんどん外に広がり、
地と天の混ざり合った光は、
地中から地表へと上がっていく。

外にいる人や建物、その中にいる人など
すべての細胞に、入っていく。

地軸に沿って立つ、もしくは座っておくと、
あなたの身体の中にも、このエネルギーは入っていく。

自分の内側を、心の目で見てみよう。

柔らかな光で満たされていることを感じるだろう。

心の中から湧き出る感謝の言葉
「ありがとう」というマントラを心で唱えると、
あなたの内側から、エネルギーと光が出ていく。

あなたも、そして周りの人も、同じように
自分の中心から、この感謝のエネルギーを出していく。

天から送られた光のシールドは、
地球の中で、この波動がいっぱいになるまで、保たれ、
地球の中で一杯になったら、自然と宇宙へと流れていく。

まずは地球の中で、この波動をいっぱいに満たすこと。

やがてこのシールドは外れ、宇宙へと戻っていく。

地球とそこに住まう人々の意識が変わるまで、
このシールドは破られることはない。

地球とそこに住まう人々が一心同体で、
この時間を過ごしている。

宇宙から見た地球は、今、変革のとき。

自らが起こした出来事を、
どのように修正して未来へとつなげるかを考えている時。

宇宙の中の惑星たちも、
それぞれが同じように覚醒を迎え、変化している。

すべてが変わっていく時。

次元上昇の始まりである。

・・・

ご覧いただき、ありがとうございました。
シェア願えれば幸いです。

20200405-11




trinity_method at 14:35│Comments(0) ~聖地~ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2020/1/4 東京大神宮2020/4/1 国造神社