2019/3/17  池之上開運弁財天令和元年5月1日 ~令和の時代を生きる~

2019年04月30日

平成31年4月30日 平成に思いを馳せ、感謝の念を贈る

それぞれの時代が過ぎていく。

それぞれの人の思いが、それぞれの時代を築き上げていく。

 

昭和~平成、人々は世の中に安寧を求めた。

豊かな暮らしに憧れ、それに向かって努力し手に入れた時代から、

心の豊かさを求め始めた時代。

 

リーダーに従っていた時代から、

それぞれの考えを尊重し、それぞれが表現していく時代となった。

 

人々が互いの意見を分かち合い、時には討論し、時には離れていった。

それぞれが正しいと思う意見を素直に言い、表現してきたのである。

 

自由に表現できる世の中

これが当たり前となった今、後戻りすることはもうできない。

 

国民に寄り添い、象徴として過ごしてこられた天皇皇后両陛下に、

感謝するとともに、これからの自分の道を改めて思い巡らせていく。

 

八百万の神々と国民をつなぐ大きな柱(パイプ)は、今日でいったん終わる。

 

これからは国民それぞれが自然に寄り添い、神の御心と共に、生きていくことが望まれる。

昔の日本がそうであったように。

 

この日の昇る国に住まう民は、神と共に生きることを約束した魂たち。

国籍が違えども、この地に住まう魂は、皆自らが手を挙げ、

この国を求め、この国に生きることを誓いし者たちである。

 

どのように神に接し、どのように生きていくのかを、
御示しになられた天皇皇后両陛下は、今日でご退位される。

 

国民のために、30年間、本当にありがとうございました。

 

そしてこれからは、私たち国民1人ひとりが、少しでも神と対話し、

生きていけるよう心静かに過ごしてまいります。

 

平成31430日 

日響 娃

20190430-11伊勢



trinity_method at 13:33│Comments(0) ~天照大御神(あまてらすおおみかみ)~ | 東京都

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2019/3/17  池之上開運弁財天令和元年5月1日 ~令和の時代を生きる~