2017/4/7 上目黒氷川神社2017/5/13 冨士浅間神社 四社巡り

2017年05月07日

2017/5/5 広島に捧げる鎮魂の祈り

今の平和を当たり前に感じることができるのは、この場所があるからこそ。

すべての人々が、あの日の出来事を忘れることはない。

 

祈りを捧げる人たちの思い

年月が過ぎても、この場所に残る体のしびれや苦しさ

 

平和の灯がこの場所を浄化しているが、その範囲は限られている。

風が吹き浄化を促すが、人々の傷は癒えない。

 

原爆慰霊碑のアーチから臨む原爆ドーム

その間にある平和の灯

 

この3つがつながり、人々の悲しみや苦しみが浄化されるよう、

みすまるの珠となりて、柔らかな循環の光の柱と、黄金の稲穂を奉納した。

 

あの日お亡くなりになられた方々の魂に、この黄金の稲穂が伝わり

柔らかな光の柱の存在に気づき、光の国へと導かれますように。

 

そして、原爆慰霊碑で鎮魂の祈りを捧げる人々の魂にも、

この黄金の稲穂が伝わりますように。

 

自然の風の力が、押し付けることなく、3つを繋いでいく。
風の道と光の道が浄化の道となり、循環し始める。


20170505広島-4

20170505広島-3

20170505広島-2

20170505広島-1




trinity_method at 17:28│Comments(0) ~聖地~ | 広島県

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2017/4/7 上目黒氷川神社2017/5/13 冨士浅間神社 四社巡り