2019年05月

2019年05月05日

2019/05/05 綿津見三神さま

今日は子どもの日「端午の節句」。

世の中の子ども達に向けて、お導きになる神さまの降臨を願い、

本日も日本の神様カードを引きました。

 

出てこられた神さまは、

「綿津見三神:わたつみのさんしん」さま

・表津綿津見神:うわつわたつみのかみ

・中津綿津見神:なかつわたつかみのかみ

・底津綿津見神:そこつわたつみのかみ

 

綿津見三神さまの神門に入り、お言葉を頂戴いたしました。

 

・・・

 

何が楽しい?

何に興味がある?

 

自分の好きなことをきちんと伝えられるようにすると、

その道が開けていくぞ。

 

逆に自分が苦手とすることは、

真正面から向き合わず、違う角度から見たり、

それを得意とする人の考え方を聞いたりしてみるのじゃ。

 

興味が沸いたらそれで良し。

それでも興味が沸かなかったら、そのことは少し横に置いて、

違うことに取り組んでみよるがよかろう。

 

皆にはたくさんの可能性がある。

 

できないことに時間を費やすより、

できることを進めていくことで、柔軟な頭の回転に変わっていく。

 

経験を積めば、苦手だった事柄に対しても、

また違う見方ができていくだろう。

 

1つのことに固執するのではなく、

たくさんのことに挑戦するのである。

 

色んなことから、面白いことは湧き出てくる。

 

子ども達の元気で無邪気な姿こそが、

未来の国の姿となっていく。

 

大人たち、この宝物を大切に育てていくがいい。

 

 

 

※ご参考までに、日本の神様カードより

 

・テーマ:海の深いところのフィーリングにつながる。未知なるものをめざす冒険心。

 

・神 社:志賀海神社(福岡県)、海神社:わたつみじんじゃ(兵庫県)などに祀られている。

 

・お言葉:

 海面は流れていても、海の底に深くもぐっていけば、そこは静かで、ゆったりとうねっています。
 自分の中に深く深くもぐっていきなさい。
 そこの流れとリズムに安心して身をまかせ、本当に望むものが見つかったなら、水平線の彼方へと出航するのです。
 私たちがあなたの旅路を、力強く見守りましょう。

 
20190505-11




trinity_method at 11:53|PermalinkComments(0) ~表筒男命 (うはつつのをのみこと)~ 

2019年05月04日

2019/05/04 建御雷之男神さま

【令和の弥栄を願い】その2

 

令和の時代の弥栄とこの時代をお導きになる神さまの降臨を願い、

本日も日本の神様カードを引きました。

 

出てこられた神さまは、

「建御雷之男神:たけみかづちのおのかみ」さま

 

 

建御雷之男神さまの神門に入り、お言葉を頂戴いたしました。

 

 

・・・

 

そなた達自身にとって、これから不要と思われるものは、

バッサバッサ切り捨て、身軽になって進んでいきなさい。

 

荷物はできるだけ軽い方がいい。

 

この行為は、これから進む道を見出し、

それに必要なものだけを残していくということである。

 

過去を切り離すのではなく、今までに感謝することに他ならない。

 

今そなた達が立っている場所は、過去のそなた達が切り開いたもの。

そしてこれから進んでいくであろう場所は、今のそなた達が切り開いていくものである。

 

他人と比べることなく、自身の未来を見ていくのじゃ。

 

手荒いかもしれぬが、前に進むには、必要な行為である。

 

さあ、まずは自身の未来をイメージし、

それに必要なものだけを残していくがいい

 

これからの時間に不要なものは、感謝をもって手放していくのだ。

 

さあ、身軽になって、シンプルな時を過ごすが良い。

 

未来とは、自分自身であることを忘れぬように、な。

 

・・・

 

 

※ご参考までに、日本の神様カードより

 

・テーマ:直感と行動力のバランス。勝利。グランディング。

 

・神 社:鹿島神宮(茨城県)、春日大社(奈良県)、大原野神社(京都府)などに祀られている。

 

・お言葉:直感でひらめきを得、それを大地に下しなさい。
  ひらめきは天啓、天から落ちる雷です。
 私に恐れるものなどありません。
 はっきりとしたビジョンを描き、それを行動に移しなさい。
 ためらっている暇などないのです。


20190504-11




trinity_method at 11:45|PermalinkComments(0) ~武甕槌命(たけみかづちのみこと)~ 

2019年05月03日

2019/05/03 道反之大神:ちがえしのおおかみ

【令和の弥栄を願い】その1


令和の時代の弥栄とこの時代をお導きになる神さまの降臨を願い、

日本の神様カードを引きました。

 

出てこられた神さまは、

「道反之大神:ちがえしのおおかみ」さま

 

 

道反之大神さまの神門に入り、お言葉を頂戴いたしました。

 

・・・

 

 

何か忘れていることはないか。

何か見落としていることはないか。

 

もう一度目を皿のようにして、見直してみよ。

 

道はきっとつながっている。

そなた達の生きてきた道。

そしてこれから進んでいくであろう道。

 

失敗はなく、すべて成功となる。

ただ悔いのないよう。

 

何回も見直しをして、確実に進んでいくがいい。

 

どこから始めてもいい。

また休んでもいい。

 

それぞれの気の赴くまま。

 

進みたいように、進んでいけ。

 

・・・

 

 

※ご参考までに、日本の神様カードより

 

・テーマ:過去の災いをふせぐ力。再誕生。新しい転機。

 

・神 社:屑神社(くずじんじゃ)奈良県などに祀られている。

 

・お言葉:

あなたは過ぎ去ってしまった出来事に、まだとらわれているようです。

私は不動の岩の神。過去からあなたに流れ、あなたを妨げている不要な

エネルギーの前に力強く立ち、あなたが自由になるのを助けましょう。

あなたは、「今」にしっかりと立つことができるようになります。


20190503-11



trinity_method at 14:10|PermalinkComments(0) ~道反之大神(ちがえしのおおかみ)~ 

2019年05月01日

令和元年5月1日 ~令和の時代を生きる~

1人ひとりが主となり、1人ひとりが判断をしていく。

人の意見に従うのではなく、

自身の考えに基づき、行動していく。

 

それは自己判断であり、自己責任となる。

 

これを人は厳しい時代と感じるだろうか。

それとも、自由な時代と喜ぶだろうか。

 

自分を大きく誇張して表現するのではない。

 

自分の思いをゆっくりと整理し、

表現していくだけである。

 

声に出すのが苦手な人は、文字にすればいい。

絵を描いてもいいし、

音も奏でてもいい。

 

また、沈黙や微笑みも、表現の1つである。

表現は幾通りもあり、自由である。

 

令和の時代とは、自身の考えに基づき、自身が判断し、

自信が責任を取りながら、自由に表現していく時代である。

 

お膳立てをされて、与えられたものをこなしていく時代はもう終わる。

 

これからは自分の頭で考え、行動していく時代。

 

大きく見せることもなく、また自分を卑下することもなく、

一歩ずつ進んでいこう。

 

人は1人では生きていけない。

1人ひとりが確立しながら、お互いを尊重しあい、生きていく。

 

【令和】

それは我々1人ひとりが表現者となり、

発信者となる時代。

 

今、その幕は上がった。

 

 

令和元年51

日響 娃

20190501-富士山



trinity_method at 00:00|PermalinkComments(0)