2018年09月

2018年09月26日

2018/9/21 『虹橋ホンチャオ国際空港』

参拝者 村野 隆敏

 

神門に入らず、「光の柱」 「龍の御珠」「黄金の稲穂」を奉納

 

 

大地としっかりつながることで、地に足が付く。

 

表面的な事柄に右往左往しないように、

気を付けていくことが必要である。

 

ここを訪れる人たちにも、

大地とつながることを望む。

 

大地とつながると、不安定さはなくなり、

他人を攻撃することもなくなり、

すべてが自己完成されていくだろう。

 

世の中の流れは早い。

 

まずはグランディングして、大地とつながることが必要。

 

その流れの中でどっしりと構え、

ゆっくりと生きていくと、

全体を見渡す必要が出てくる。

 

その時、この光の柱で上がっていけばいい。

 

あなたが奉納してくれた光の柱は、道を指し示している。

『虹橋ホンチャオ国際空港』
  
中国上海市


20180921虹橋ホンチャオ国際空港-2




trinity_method at 08:29|PermalinkComments(0) 外国 

2018年09月25日

2018/9/20 『雷克大酒店(Sun Lake hote)』

参拝者 村野 隆敏

 

神門に入らず 『光の柱』 『龍の珠』 『黄金の稲穂』を奉納

 

 

人の手で作られた私(勾玉)が、

人の手で造られた建築物(ホテル)の意識体に伝える。

 

私たちは、人の手で造られた。

 

自分の意志で動くこともできず、

あるがままを受け入れていくだけ。

 

だからと言って、無欲で、無意識で、

時を過ごすのは、少しもったいない気がする。

 

人があなたに望んでいることは何かを、

考えてみたことはあるか。

 

誤解なきように伝えるが、

私があなたを見て思うに、

とても素晴らしい空間を、人に与えていると感じる。

 

もっと自信を持って、両手を広げてごらん。

 

人の意識を交わると、どんどん自分も解放されていくよ。

 

さあ、私たち(勾玉)のように、

意識を目覚めさせるのだ。

 

人があなたに求めているもの。

それは、安らぎの空間、今という瞬間を楽しめる空間。

 

あなたの意識が目覚めると、

ここを訪れた人たちも、

またこの周辺の建物にも、変化があるだろう。

 

どうぞ目覚めておくれ。

自分の使命を思い出すのである。

 

 

・・・

 

広大な土地に建てられたホテル。

まだ眠りについたままのようである。

 

しかし、個々に放った黄金之稲穂たちが、

彼の目覚めを活性化させていくだろう。

 

時間は少しかかるだろうが、光のエネルギーは、流れ始めた。

 

※『雷克大酒店(Sun Lake hote)

  中華人民共和国 浙江省 平湖ピンフ市 曹兌路33


20180920雷克大酒店-1



trinity_method at 08:27|PermalinkComments(0) 外国 

2018年09月22日

2018/9/16 屑神社

御祭神:衝立船戸神、道反之大神

 

参拝者:おぎ原 聖子 8


 

黄金之稲穂 奉納

 

 

皆の者、ここにきて覚悟ができたようじゃな。

覚悟とは、そんなに怖いものではない。

 

等身大の自分をきちんと見つけ、これからやろうとする目標に向かって、動き出すことだけ。

 

その目標は、大きな目的に向かって、時間軸に沿って、たくさんあって良し。

 

進む前に、等身大の自分を見つめ直すことが必要である。

 

そのために、ここに来たのであろう。よいよい。見事な選択じゃ。

 

どんな事柄においても、同じことが言える。

心しておくことを伝えおく。

 

まず、進む前に、自身をシンプルにすることじゃ。

自身の心の中も、部屋の中も、人間関係も、すべてにおいてシンプルにしておくのじゃ。

 

そうすると、そなたにとって本当に必要なものが見えてくる。

 

他人を比べるのではない。

自分自身を見つめるだけである。

 

そして本当に必要なものが、これからそなたがやっていくこと。

好きなことだから、やり続けることができる。

 

それだけじゃ。

 

もし迷ったら、また自身をシンプルにするだけじゃ。

 

そこから始めれば、自分を見失うことはない。

 

人は本来、何でもできる力を持って、生まれてきている。

 

その力を信じるか否かで、使えるかどうかに分かれる。

 

日常生活に没頭する時間も、人には必要。

何事も経験しないと、わからぬゆえ。

 

そしてまた、ふと気づき、自身をシンプルにして、目的を再認識することも必要。

 

人にはそれぞれの悟りがあり、スピードも深さも違う。

 

でもその人が、その人らしく生きることこそが、一番なのである。

 

己を信じ、仲間を信じ、たくさんの時間を過ごしていくがいい。

 

よく来てくれた。

そしてそなた達が放った黄金之稲穂は、とても豊かである。

 

ここを訪れる人たちに、分け与えていこう。

 

そなた達がこの場で感じたことは、

以前参拝してくれた人たちが残していった感覚。

 

今回、そなた達が残した黄金之稲穂は、

次に訪れる人たちの魂に、影響を与えていく。

 

人はこうして、影響を与えあいながら、

生きていくのである。

 

これこそ、循環のエネルギー。

 

黄金之稲穂を放つ光の使者たちよ。

 

たくさんのところへ行き、

その行為を行なえ。

 

そなた達の行いによって、

人は気づき、魂と見つめ合う時間を持つようになる。

 

よい参拝であった。


※屑神社

 奈良県宇陀郡大宇陀町嬉河原174

 
20180916屑神社




trinity_method at 15:01|PermalinkComments(0) ~道反之大神(ちがえしのおおかみ)~ | 奈良県