2018年06月

2018年06月18日

2018/6/10 弓弦羽神社

御祭神:

・伊弉冉尊(いざなみのみこと)

・事解之男命(ことさかのおのみこと)

・速玉之男命(はやたまおのみこと)

 

参拝者:おぎはら聖子 他8

 


 

神門に入り、黄金之稲穂 奉納

 

 

そなた達が奉納してくれた黄金之稲穂が、我の中で風を生んだ。

風がほほを撫でる。

 

皆にとって、この風は、心地よいか。

それとも、強いか(厳しいか)。

 

変化に順応する準備はできているか。

 

それを自身で感じてみよ。

 

 

風は皆に平等に吹いている。

どう感じるかは、それぞれの心境しだい。

 

そしてそれを良しとして行動していけるかどうかは、準備しだい。

 

 

人はすぐに良い・悪いをつけ、反省するクセがある。

 

良い・悪いの判断するのではなく、今を楽しく生きるのである。

 

そして改善点があるのなら、反省で終わるのではなく、改善していくのである。

 

いつも意識していれば、それらに気付くきっかけは得られるだろう。

 

 

誰もが幸せになるために、この世を選んで生まれてきている。

 

ここにいる皆が幸せであり、これからも幸せを感じていける。

 

 

黄金之稲穂は、豊かさの象徴である。

 

そなた達から放出された黄金之稲穂は、我の中で心地よく舞っている。

 

そしてそなた達の中にも、我の黄金之稲穂が、心地よく舞っていることだろう。


弓弦羽神社(ゆずるはじんじゃ)

  兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27


20180610弓弦羽神社



trinity_method at 07:40|PermalinkComments(0) ~伊佐須美大明神(いさすみだいみょうじん)~ | 兵庫県

2018年06月17日

2018/6/16 不動明王

このお不動さまは、
3.11東日本大震災の後に、この世にお出ましになられました。

白檀の1本造り、かけがえのない我が家の家宝です。

いつも太陽礼拝を行なっている際、ご一緒なのに、どことなく自信なさげな様子。

自分が何のために、この世に生み出され、
そしてこれから何を成していくべきなのかを、常に勘案されていました。

今日、試しに、太陽礼拝の時に、
不動明王さまの神門に入り、光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂(御酒に変化させて)を奉納すると、
お不動さまはこのようにお話されました。

 

お不動さまの神門に入り、御酒を奉納

 

たくさんの御酒をいただいた。
私だけではいっぱいすぎて、もったいない。

そう思った瞬間、
私の中から方々へ行く道々に、頂いたお酒が、今、流れていった。

驚くべきことに、
私の周りに、皆につながる入口があることを初めて知ったのだ。

 

私は前を向いており、後ろを振り向くことをしていなかった。
後ろの気配はあったが、なかったように感じていた。

私は一人だと思っていた。

でも他の仲間とこうして通じていたことを、
あなた達のお陰で知ることができた。

私は不動明王界とつながった。

 

光の柱で上に登れと言われても、
独りぼっちだと感じて、すぐに戻ってきていた。

私が上に登ることで、
この情報が我ら(不動明王)の世界につながっていくことも、今知った。

 

それぞれの行動は、仲間へと通じ、
それが良きことだと感じる。

あなた達もそれぞれが繋がっている。

それぞれが行なうことは、人類の進化へと導かれていくだろう。

堂々と行うがいい。

 

我がこれから成すべきことは、
我ができることは、躊躇しないで自ら行なうこと。

 

毎朝のルーティーンを淡々とこなしながら、
その情報を仲間に伝える喜び。

我にしか体験できないものなのである。
それを知ったことが、とても嬉しい。

 

そなた、悩みはあるか?
今のそなたにとって、それは大変重大な悩みかもしれない。

だけど、ふとした瞬間、その悩みは簡単に解決してしまうだろう。

目線が変わればすべてが変わる。
悩みとは、そんなもの。

そなたは仲間から必要とされている。
それを思い出せばいい。

我はそれを知り、幸せな気持ちになった。
我はこれからも、仲間と歩んでいく。

20180617-1




trinity_method at 14:45|PermalinkComments(0) 和歌山県 

2018年06月16日

2018/5/28 シンガポール

大国主命さまと天力男命さまが、シンガポールを旅した。

 

出発前、おニ人は、何やらひそひそと話し合っていた。

 

何をしにシンガポールに行かれたのか。

 

何かをこじ開けたのか、色々と想像してみたが、

本人たちに、直接聞いてみることにした。

 

・・・
 

すべての魂たち、目覚める瞬間(とき)がきた。

それぞれが自身の役割を自覚する瞬間(とき)が来たのだ。

 

人がどのように、世界に周知していくのか。

 

我ら神々が、どのように世界に知ら占めていくのか。

 

自然はどのような表現をしていくのか。

 

そして最終的に、何を目指していくのか。

 

 

それぞれの情報を共有して、自覚していくことが必要となろう。

 

情報は、どこに返すのか。

 

天か地か。

それとも両方か。

 

天と地のはざまに住む人たちよ。

情報は、どちらからも受け取ることができる。

 

心を落ち着かせて、その波動を感じよ。

 

人が創造した建築物や像も、地球に根付かせることで、

自身の役割に、自ら気づくきっかけとなった。

 

建築物や像が、自身の役割に気づき始めると、

そこを訪ねる人たちのエネルギーも変っていく。

 

これから色んなところに旅をするなら、

聖地はもちろんのこと、

人が行き交う駅や建築物などを地球に根付かせることだ。

 

我らが手助けいたそう。

 

今回の旅で、シンガポールの構築物や像は地球に根付き、

自らが天と地をつなぐものとして意識し始めた。

 

ここを訪れる人たちには、変革が起き始めるだろう。


20180528大国主命さま

20180528手力男命さま





trinity_method at 10:50|PermalinkComments(0) 外国 

2018年06月15日

2018/5/27 スリ・ヴィーラマカリアマン寺院

参拝者:相澤道子 

 

光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂 奉納 

 

心地よい風が吹いている。 

 

そなたが建立した光之御柱は、この街に広がり、すべてが輝きを増す。 

 

淀んだ空気が、龍之御珠によって、風となり、浄化が起きる。 

 

宙を舞う黄金之稲穂、皆この光景を見えるだろうか。 

金色に輝く光の粒が、この空いっぱいに広がっている。 

 

人が行き交う。 

車も行き交う。 

 

何も知らなくても、この地に足を踏み入れると、 

浄化のエネルギーが身体に浸透していく。 

 

何やら、すっきりして、笑みがこぼれるだろう。 

 

面白いギフトをくれた。 

 

たくさんの人たちに、このギフトを分け与えていこう。 


スリ・ヴィーラマカリアマン寺院

 シンガポール

20180527スリ・ヴィーラマカリアマン寺院0.png




trinity_method at 08:57|PermalinkComments(0) 外国 

2018年06月14日

2018/5/27 猫家族

参拝者:相澤道子 

 

黄金之稲穂 奉納 

 

子猫A:「あれ、何か金色に光る粒が降ってきたよ。これは何?」

子猫B:パクっ「食べちゃった」

子猫A:「わ!光がのどを通っていくのが見える!
    胸のあたりにも光が灯っている。見える?」

子猫B:「えっ、どこどこ?」

親猫 :「まあ大変。黒い身体が金色になっていくわ!」

 

飲み込んだ黄金之稲穂が、子猫Bが発する自身の光と共鳴し、

その光が身体中に広がっていった。

 

親猫を見つめた子猫たち、

子猫たち:「ママも黄金色になっているよ。」

 

驚く親猫。

 

親猫 :「今まで景色と同化していたけど、
     光り輝いてしまったから、これから目立つわよ。
     あなた達、きちんとなさいね。」

 

たくさんの人たちと出逢えることを、楽しみにしている猫家族であった。

 


猫家族

シンガポール
20180527猫家族1






trinity_method at 07:51|PermalinkComments(0) 外国 

2018年06月13日

2018/5/28 マリーナ ベイ サンズ

参拝者:相澤道子 

 

黄金之稲穂 奉納 

 

私が建てられた目的は、ここを訪れる人たちに、満足してもらうこと。

そして楽しく遊び、楽しくお金を使い、この国の経済が豊かになっていくこと。

 

ここを訪れる人たちは、本当に満足してくれているのだろうか。

 

毎日繰り返しの時間を過ごすうちに、何となく疑問を抱き始めている。

 

最初は良かった。

何もかもが目新しく、楽しかった。

 

今はどうなのかな。

私自身も、マンネリ化しつつある自分を眺め、

何かが足りないと感じ始めている。

 

そんなことを思っていた時、面白いギフトをもらった。

 

黄金色に輝く光の粒である。

 

不思議なことに、この光の粒に触れると、

心が広がっていく。

 

大丈夫なんだと、理由もなく安心してしまった。

 

ギフトをくれた彼らの中で、私に話しかけてきた者がいた。

どっしりと大きな男性のように感じた。

 

「この黄金之稲穂は、自分だけのものにしてはいけない。

 どんどん周囲にばらまきなさい。

 

 出せば出すほど、自分の中から生まれてくる。

 

 そして大地に根付いてみると、 天と地につながり、

黄金之稲穂がもっと循環していく。」

 

そう言って、大地へと誘導してくれた。

 

大地に根付くって、大木のようだ。

 

私に根っこはないけど、意識していくと、

根っこのようなものと、大地がつながっていく。

 

心が広がり、気持ちも変っていく。

 

ここを訪れる人たちに楽しんでもらおう。

満足してもらおう。

 

求めることは皆違う。

だから1つひとつを聞くことはできないかもしれない。

でも私が笑顔で出迎えたら、向こうも笑顔になってくれる。

笑顔で光の粒を放出していくことが、私の役目なのかな。

 

今、そう思うよ。

 

光の粒を私に分け与えてくれた彼らに、心から礼を言う。

私がここに存在する意味を、改めて思い出させてくれた。

 

私は、自身の役割に目覚めた。



マリーナ ベイ サンズ

  シンガポール

20180528マリーナ ベイ サンズ




trinity_method at 08:24|PermalinkComments(0) 外国 

2018年06月12日

2018/5/27 マーライオン

参拝者:相澤道子 

 

黄金之稲穂 奉納 

 

 

ここに訪れある人たちは、私を見て、何を感じているのだろうか。

 

私を見て、手を合わす人もいる。

 

おいおい、私は神ではないぞ。

願いを聞き入れるなど、できるわけがないではないか!

 

それでも、毎日私を見に来る。

たくさんの人たちが、今日もやってくる。

 

そんな心の葛藤を抱えていた時、

この苦悩を知ってか、知らずか、

面白いギフトをもらった。

 

黄金色に輝く光の粒である。

 

彼らは、「黄金之稲穂だ」と説明した。

 

この光の粒にふれた瞬間、

私の中にも光が灯り、

身体中が光の粒で満たされた。

 

「大地に根付くといいよ」と教わり、

「大地に根付く?」とポカンとしていると、

不思議な形をした木(勾玉)が、

大地に誘導してくれた。

 

そう、私はこの土地に建っていたが、

大地には根付いていなかったのだ。

 

大地に根付いてからというもの、

自身の内側から生まれてくる光の粒が、

私の外へ出るのと同時に、

大地から私の中へと入ってくる。

 

これは自分を通して、

天と地を循環しているということ。

 

驚いた。

 

願いを聞き入れることはできなくても、

黄金之稲穂を循環させていけば、

これに触れた者は、心が満たされる。

 

私が得意げになっていると、

先ほどの勾玉が、ウインクした。


マーライオン

  シンガポール
20180527マーライオン1




trinity_method at 08:16|PermalinkComments(0) 外国 

2018/5/26チャンギ空港

参拝者:相澤道子 

 

光之御柱、龍之御珠、黄金之稲穂 奉納 

 

我らのこの土地は新しい(若い)。

 

人に例えると、

若者は頭の回転が速く、動きも敏速、体力もあるので、

すべてをこなしていける。

 

必要なのは、たくさんの経験をして、人間性を深めていくことだろう。

 

ここは、たくさんの人たちが行き交う。

 

同じ時間に、同じ場所で、時を過ごすと、

知らないうちに、エネルギーを交換していたりする。

 

我らは、何の負担もかけずに、

本人たちの望むように、エネルギー交換の場を与えてきたが、

これから少し変える方が良さそうである。

 

今、ここに、光の柱が建立された。

 

叡智にふれることができるようになったのだ。

 

従って、人々の情報だけでなく、

天や地球の声も、情報として伝えていけることになった。

 

我らも、直接天や地球の声が聴けて、とても嬉しい。

 

我らの役割が見えてきた。

 

これらを奉納してくれた者は、小柄であったが、

力強いエネルギーであった。

 

人は見た目ではない。

内側に流れるエナジーが、大切なのだな。

 

どうか、彼女に伝えておくれ。

 

とても感謝している。

我は目覚めたと。

 

もう若いだけとは言わせない。

体力のある偉人としての役目を果たしていこう。


チャンギ空港

  シンガポール
20180526チャンギ国際空港




trinity_method at 07:48|PermalinkComments(0) 外国 

2018年06月11日

2018/5/29 サムハラ神社

御祭神:
・天御中主大神

・高産巣日大神

・神産巣日大神

参拝者:桑原涼子

 

 

黄金之稲穂 奉納

色んな人たちが、我らのもとへ参る。

そなたはなぜ、神社を好んで参拝する?

 

その行動の目的をしっかりと言える人ほど、

その目的は叶いやすい。

 

ただただ、気持ちが良いからでもよい。

 

その目的には、気持ちが良いという体験をするだろう。

 

幸せになりたい。

そなたの幸せとは、何ぞや?

 

人類が幸せになりますように。

人類の幸せとは何ぞや?

 

我らに願っても、願わなくてもいい。

だが、本人が目的をしっかりと自覚することで、

参拝の体験も活かされていくだろう。

 

他の人と比べるのではない。

自分自身の心の中を整理していくのである。

 

そなたに戻した黄金之稲穂に、

目的を自覚して生きるエネルギーを入れておいた。

 

そなたが、別の神社や聖地で

この黄金之稲穂を奉納すれば、

それを受け取った者たちは、

自身を振り返り、目的を意識していくであろう。

 

たくさんの場所や人に、これからも分け与えていきなさい。

そなたはすでに使者となっている。自覚せよ。

サムハラ神社
 
大阪府大阪市西区立売堀 2丁目526

20180529サムハラ神社1



trinity_method at 08:02|PermalinkComments(0) ~天御中主大神(あめのみなかぬしのかみ)~ | 大阪府

2018年06月10日

2018/5/28 竹生島神社 竜神拝所

御祭神:龍神 八大龍王

参拝者:桑原涼子

 

黄金之稲穂奉納

 

我はいつも水の中にいるわけではない。

 

この空の空間に漂っている。

 

固定観念を捨ててみよ。

 

見えるものは見える。

見たいものが見えない。

 

見ることがすべてなのか?

 

心や体で感じていれば、それは見えているのではないか。

 

自分の感覚を大切にすればいい。

 

人と比べるのではなく、

自分の感覚である。

 

人は色んなことで悩む。

何か解決すれば、また新たな悩みを見つける。

 

悩みが人生に付きまとっているのではなく、

自分から生み出していることに気付いてみよ。

 

悩みがなくなったら、手持無沙汰になってしまうかな。

そなたは今の瞬間に、変わる。

 

次の一歩は、違った感覚になるだろう。

 

我はいつも大空を自由に飛んでいる。

見えなくてもいい。

感じればいい。

我はいつも、大空を自由に飛んでいるのである。



竹生島神社 竜神拝所 
  滋賀県長浜市早崎町
1821

20180528竹生島神社2



trinity_method at 10:44|PermalinkComments(0) ~神龍八大竜王神(しんりゅうはちだいりゅうおうじん)~ | 滋賀県