2016年11月

2016年11月28日

2016/11/21 男嶽神社(おんだけじんじゃ)

御祭神:猿田彦命

 

我は、この社殿だけに留まらず、この地域全体に存在している。

どんな名前でも、付けたければ付ければいい。

今の名前は人々の希望であり、
それに応える意味でも、その名前は我に相応しい。

 

さて、そなたの胸の前で光を放っておられる勾玉
目もくらむほど、眩しい光である。


堂々としていて、とても素晴らしい。

 

光とは、色んな輝きがあるもの。
明るくも、薄暗くも、輝ける。

その場にあった輝きになっていくであろう。

 

我の中に入ってきた黄金の稲穂は、この地域だけに留まらず、

やがて色んな場所へと、流れていくであろう。

 

まずは、この地域にいるすべてのものに、
この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

自分の役割に目覚め、活性化していくことであろう。

 

それは、それらの顕在する心や体が望んでいるか、否かではなく、

どちらかというと、魂の望んでいることである。

 

もしこの言葉を、この地域のものに伝えることができるなら、

自分の魂の望んでいることを自覚せよと知らせてほしい。

 

またそなたが今後、黄金の稲穂を色んなところへ奉納するのなら、

以下のことをアドバイスしておこう。

 

そなたの仲間にも、このことを伝えておくれ。

 

黄金の稲穂は、魂の望んでいることを目覚めさせる。
それを自覚せよ。


人は、自覚するか否かで、成長する深さが変わってくる。

 


そなた、
よき黄金の稲穂の交換であったぞ。


己が何のためにこの行為を成しているのか、自分の胸に問うてみよ。

 

そして、そなたも使者のひとりであるということを自覚していけばいい。

 

 

明治時代まで山全体が御神体となっており、
 入山が許されていないほど貴重なスポット。

男嶽神社は、最初の神様「天比登都柱」(アメノヒトツバシラ)や
 「月読命」(ツクヨミノミコト)の降臨の地として
 文献には記されており、もとの月読宮とも言われている。

「天比登都柱」「月読命」を導いてこられたことから、
 現在は「猿田彦命」をお祀りしているとのこと。



男嶽神社(おんだけじんじゃ)
 
長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触1678番地

20161121男嶽神社



trinity_method at 07:39|PermalinkComments(0) ~猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)~ | 長崎県

2016年11月27日

2016/11/26 熊野神社

御祭神:櫛御気野大神(くしみけぬのおおかみ)

伊耶那美大神(いざなみのおおかみ)

 

胸に強烈に光るもの(勾玉)が見える。

それは右に回転し、大きな渦を巻いている。

(神さまから見ると右回転だが、
 本人は左回転:解放のエネルギーを発している)

 

何という光、柔らかいオレンジ色で太陽に似た光。

その中にうっすらと人の姿が見えてきた。

その内外に光輝く黄金に色づいた稲穂が見える。

 

自分が意識する・しないに関わらず、そなたの身体から、放出されていく。

もちろん、意識をすればするほど、その放出量は、多いのだが。

 

今回、何も意識しないでいたとしても、

そなたの身体からは、黄金の稲穂が奉納され、我との黄金の稲穂は、交換された。

 

それに伴い、その場にいた者たちにも、

我の分け与えた黄金の稲穂は、それぞれの細胞に入っていった。

 

意識をして生活していけば、

それぞれの生活空間に、黄金の稲穂は届いていくだろう。

 

何を望んで生きていくか。大切なことは、それである。

 

そなた達 皆に伝える。

 

日々生きていて、望むのは「目的」である。

「結果」は、望むものではない。

 

「目的」に沿わない「結果」になったとしても、

その時々の「経験」を積んでいくことで、そなた達は成長する。

 

そなた達の望む「目的」に一歩一歩近づいていくのである。

 

何を望むか、「目的」を明確にせよ。

そして日々、意識をして、過ごしてみよ。

 

そなた達の細胞に入った黄金の稲穂は、風を吹かせながら勢いを増し、

それぞれを目覚めさせ、魂と肉体が一致し、本来の役割を思い出していくだろう。

 

 

※黄金の稲穂とは、生命根元のエネルギー。

すべての生命に活力を与えるエネルギーのこと。




熊野神社
 東京都新宿区西新宿2-11-2




20161126熊野神社



trinity_method at 12:53|PermalinkComments(0) ~伊弉諾尊(いざなぎのみこと)~ | 東京都

2016年11月26日

2016/11/21 小島神社

御祭神 伊弉册尊(いざなみ)
    軻遇突智命
(かぐつちのみこと)
    
埴安姫命(はにやすのみこと)

 

 

何も問題はない。

出来事に対して、どのように対応していても、どのような結果になったとしても。

 

その出来事に対して、何を考え、何を発信して、何を経験したかである。

 

その肉体にとっては、一度限りの人生である。

大いに悩み、大いに楽しみ、大いに経験をせよ。

 

そなたの胸でこちらをのぞき込んでいる勾玉くんは、

我らの波動が初めてのようで、少し緊張しているみたいだ。

 

何事も経験である。

それによって、次が見えてくる。

 

己の輝きを再認識し、我らとエネルギーの交換をしよう。

 

そなたの放った黄金の稲穂は、我らのエネルギーに浸透していった。

 

今後、ここを訪れるたくさんの人たちにも、

この黄金の稲穂を分け与えていこう。

 

もちろん、勾玉くんの少し緊張していたが清らかなエネルギーも。

 

色んな経験をせよ。

その経験こそが、そなた達を深く成長させる。

 

そなたの勾玉くんも、今日の経験で、少しは成長したように見えるぞ。

頼もしい勾玉くんである。

 
小島神社
 長崎県壱岐市芦辺町

20161121小島神社



trinity_method at 13:00|PermalinkComments(0) ~伊弉諾尊(いざなぎのみこと)~ | 長崎県

2016年11月25日

2016/11/20 大宰府天満宮

御祭神:菅原道真公

 

面白い予感がした。

 

参道を楽し気に歩いてくる人。

人の輝きでないものが、1つ。

 

注視すると、勾玉が、ぺこんと頭を下げた。

 

これは、これは。

面白い参拝者だ。

 

我のもとに、黄金の稲穂を届けに来たと申しておる。

 

それはそれは、ありがたい。

 

ここに訪れる者たちに、我の智慧とともに、

この黄金の稲穂を届けていこう。

 

おやおや、

そなたの勾玉、黄金の稲穂に風を吹かせておるぞ。

 

黄金の稲穂がどんどん風を吸収して、

我の中にたくさん入ってきた。

 

面白いものじゃ。

 

何事も楽しんでやることが一番。

そなたの胸の中心で輝いている、勾玉が一番それを知っている。

 

楽しませてもらった。

 

この楽しむという心と、我の智慧ともに、

そなたがくれた黄金の稲穂を、皆に分け与えるとしよう。

大宰府天満宮
 
福岡県太宰府市宰府4丁目71



20161120大宰府天満宮






trinity_method at 14:06|PermalinkComments(0) ~菅原道真公(すがわら の みちざね)~ | 福岡県

2016年11月24日

2016/11/23 三宝荒神(さんぽうこうじん)さま

新しく変えていくときがきた。

色んなものを、新調していこう。

 

ものを変えることで、心がそれに伴って変わっていく。

単純なことであるが、単純ではない。

とても複雑に絡まっていく。

 

手放すときは感謝をし、

新しく迎え入れるものを、快く取り込んでいこう。

 

循環することで、世の中は回っていく。
 

あなたたちが色んな所に奉納しているそれぞれのものも、循環していく。

どんな小さなことでも、続けていくことが大切。


※三宝荒神さまの居場所は、清らかな場所。
 何1つ滞ってはいけない。常に透き通り淀みはない。

 
不浄や災難を除去する神。
 火とかまどの神として信仰され、我が家では台所にお祀りしている。


20161123三宝荒神さま

 



trinity_method at 07:51|PermalinkComments(0) ~三宝荒神(さんぽうこうじん)~ | 東京都

2016年11月23日

2016/9/25 三峯神社

御祭神:伊弉諾尊 伊弉册尊

 

参道から、楽しそうに歩いてくる。

身体から黄緑色の光を放っている。

 

自分の信念をきちんと持っている様子。

とてもあっぱれである。

 

信念は強く持っているのに、

それに伴う身体が少しバランスを崩している。

 

それゆえ、そなたの中にくぐもっている光が、

十分な輝きを発していない。

 

もっと自由に、もっとたくさん、輝けるはずである。

 

まずは自分の中から、どんどん出していくことが肝要である。

 

いつもの生活の中で、行なっていることだろうが、

感謝の念を自分の中から出していくこと。

 

その時に、そのエネルギーを添えて、一緒に出していくこと。

 

イメージするだけで、エネルギーは伝わっていく。

 

エネルギーを出せば出すほど、

そなたの中にくぐもっている光は、輝きを増していくだろう。

 

そなた本来の輝きは、このようなものではない。

多くの人々に影響を与え、そして自らも光輝く力を持っている。

 

我の力のひとつである「見極める目(霊的な直観力)」をそなたに授けた。

存分に使うがよかろう。

三峯神社
 埼玉県秩父市三峰
298-1

20160925三峯神社

 



trinity_method at 14:18|PermalinkComments(0) ~伊弉諾尊(いざなぎのみこと)~ | 埼玉県

2016年11月22日

2016/11/22 大国主命さま

そなたたちが私にくれた光や珠や黄金の稲穂の力は、

表面的な心が、知っている、知らないに関係なく、

魂の望んでいることを覚めさせるだろう。

 

そなたたちの肉体と魂が一致していない場合は、

とても良くない状態になっていると感じることもあろう。

 

しかし、それぞれの魂が望んでいることを、

表面的な心が理解しているか、否かは、それぞれ違っている。

 

色々な状態があるが、本来の魂の望んでいるものが、
これから目覚めていくであろう。

 

人は、色んなものを背負っている。

どんどん軽くしていけば、動きも早くなる。

 

本当に必要なもの、必要な数を精査して、
もっとシンプルにしていけばいい。

 

我を見てみよ。

我は、身ひとつである。

20161122大国命さま



trinity_method at 08:39|PermalinkComments(0) ~大国主命(おおくにぬしのみこと)~ | 東京都

2016年11月20日

2016/11/20 不動明王

神門に入り、光の御柱、龍の御珠、黄金の稲穂を奉納すると、

不動明王の体の内側に黄金の稲穂が乱れ飛びやがて螺旋状にうねり始めた。

 

そのうねりは、蛍光がかった水色と黄緑色の龍へと変化していった。

 

龍はやがて、不動明王と一体化し螺旋を描きながら天ヘと舞上がっていった。

 

天には多くの神々がおり、龍と一体化した不動明王に様々な知恵を授けられた。

 

今や蒼い火焔を身に纏った不動明王は、「我、我が成すことを知る」と悟った。

 

いつも、掛け軸の中で物憂げに世の中を見つめていた不動明王は、

今や、掛け軸の中と外を自由自在に行き来している。

 

蒼く燃えあがる魂が両の目をかっと見開かせ、神龍不動明王となった。

 

強きものの誕生である。


20161120不動明王



trinity_method at 11:10|PermalinkComments(0) ~不動明王~ | 東京都

2016年11月18日

2016/11/9 北口本宮 冨士浅間神社

御祭神 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
    彦火瓊々杵尊(ひこほのににぎのみこと)
    大山祇神(おおやまづみのかみ)

 

淡いピンク色のオーラをまとい、参道を歩いてくる人。

胸から、強い光を発している。

 

この光は何かと覗いてみると、こちらをじっと見据えている勾玉。

 

勾玉は、少し緊張しながら、

自分に何ができるか、探している様子である。

 

豊かな心を宿すものから放たれた黄金の稲穂は、

豊かさと笑いを添えながら、我らの中に入ってきた。

 

そなたの持つ勾玉が、そなたのエネルギーを倍増しているようである。

 

勾玉の持つエネルギーで、この空間に舞っている稲穂が変化をし始めた。

 

あるものは、互いが触れ合うことで、分裂を繰り返している。

またあるものは、きちんと整列して、稲の状態になって、大地に根差している。

そしてまたあるものは、ここに訪れた者への贈答用として、出番を待っている。

 

勾玉の持つエネルギーで、稲穂が自分自身の役割を明確にして、自らで行動しているようである。

 

では我らは、ここを訪れた者たちに、この稲穂を贈呈することにしよう。

 

人によっては、胸の中心が熱く感じることもあるだろう。

心地よいと感じるものも出てくるだろう。

それらを素直に表現できることが大切である。

 

心を柔軟にし、自分の心の変化に気づき、それぞれが対応できていく。

そなたが持つ勾玉は、その気づきを促しているように思える。

 

互いに同じ時間を過ごし、互いに成長していくであろう。



北口本宮 冨士浅間神社
 
山梨県富士吉田市上吉田5558番地

20161109浅間神社

 



trinity_method at 07:38|PermalinkComments(0) ~木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)~ | 山梨県

2016年11月08日

2016/10/29 大山大明神

御祭神:大山大明神

どなたか知らぬが、色々とお土産をありがとう。

 

私は小さく見えるが、ここにいるわけではない。

もっともっと自然の先にいる。

玄関口がここというだけ。

 

その玄関口から色んなものが入ってきた。

 

今、黄金の稲穂が舞っている。

エネルギーが舞っている。

 

風の力で、奥まで届けておくれ。

そこから、上に上がったエネルギーは、

下りてきて循環が始まっていく。

 

私たちはここを守っている。

それぞれが過ごしやすいように、

お互い共存しあいながら。


大山大明神
 長野県松本市安曇上高地

20161029大山神社



trinity_method at 08:09|PermalinkComments(0) ~山神さま~ | 長野県