2015年12月

2015年12月31日

2015/12/30 安房神社(あわじんじゃ)

主祭神 天太玉命(あめのふとだまのみこと) - 忌部氏祖神

 

使者:Hさま Kさま Kさま

 

龍の道(龍神界への扉)

龍の御珠を奉納

 

明るいオレンジ色、

白と淡い水色と白っぽいグレーが交ざったような色、

透明な輝きを持つ水のような色に見えた。

 

どうじゃ、龍の御珠を磨いていけばいくほど、
自分の人生が走馬灯のように見えてくるであろう。


振り返ると、そなた達が望むように経験をし、今があるのが分かるであろう。

 

すべては望んで今がある。

失敗も成功もすべて経験するためのもの。良い悪いではないぞ。

 

そして今までの人生を振り返り、これから何を望む?

何を経験し、何を発見し、何を広めていくのじゃ。

 

龍の御珠を磨いて磨いて、自分を見ていけば良かろう。

経験を積むことで自分が磨かれていく。

 

それぞれが磨く龍の御珠、自分を磨いていることに変わりない。

何を望み、何のためにそれをしているのか。そして何を大切にして生きているのか。


それぞれが異なっていても、どこかで共通することが見つかっていくであろう。

我らも自身の龍の御珠を磨いている。
共に経験していこうぞ。

 安房国一宮 安房神社(あわじんじゃ)
 
千葉県館山市大神宮589
20151230安房神社 龍神の通り道1

20151230安房神社 龍神の通り道2




trinity_method at 13:10|PermalinkComments(0) ~天太玉命 (あめのふとだまのみこと)~ | 千葉県

2015年12月30日

2015/12/19 眞清田神社(ますみだじんじゃ)

主祭神:天火明命(あめおほあかりのみこと:別名 彦火明命)


使者:Kさま Kさま

光の柱 奉納

光の柱の情報には、そなた達が経験した内容が詰まっている。

そしてこの柱に導かれ、光に満ち溢れた世界へと訪ねることができる。


何と素晴らしい。淡い水色と白が入り混じった光の柱であった。

我、確かに受け取った。

 

そなた達(Kさま Kさま)を通じて、皆に告げる。

風の流れに沿いながら、身体の力を抜いてみなさい。

ぼんやりと空を見上げながら、心を自由に広げてみなさい。


制限は、自分が作り出すもの。

それがなければ、どんどん変化ができる。

身体と心を柔軟にすると、どんな環境にも対応できていく。

何が起きようとも、そなた達は、その時々を歩いていくだろう。


柔軟であればあるほど、色んな事が見えてくる。


眞清田神社(ますみだじんじゃ)
 愛知県一宮市真清田1-2-1

20151219眞清田神社1



trinity_method at 12:04|PermalinkComments(0) ~天火明命(あめおほあかりのみこと・別名:彦火明命)~ | 愛知県

2015年12月25日

2014/5/6 伏見稲荷大社

主祭神 宇迦之御魂大神 (うかのみたまのおおかみ)

 

配神 佐田彦大神

   大宮能売大神

   田中大神

   四大神 (しのおおかみ)

 

使者 Mさま Mさま Wさま Hさま

 

◆伏見稲荷大社

 

光の御珠を奉納

「よくいらっしゃいました。

 色んな面白い経験をされているようですね。」

 

光の柱を奉納

「そうですか。伏見系の色んな稲荷神社では、そんなにおしゃべりですか。

 まあ、いい情報交換ができているということですね。

 私たちは、より良い世界につながるように、

 それぞれの知恵が智慧として活かされるように、それを願っております。

 

 1人が持っている知恵は、1人だけではほんの少しの役にしかなりません。

 でもそれが必要な人には、何十倍も役に立っていきます。

 だから情報交換があるのですよね。

 

 それを皆さんにお伝えしたくて、稲荷神社ではおしゃべりになるのでしょう。

 これからもそれは続いていきますよ。何かあれば私共系の所で聞いてみなさい。

 お役に立つと思います。」

 

「いつも助かっております。

 今までお参りしたすべての神さま方にお願いしたことは、
 人と人との縁をつないでいくということ。
 またそういう人たちと巡りあわせて頂ければ幸いです。」

 

「人と人がつながるということは、
 その人にとって『利徳』がないと、つながっても意味がないですよね。

 そしてお互いに『利徳』があってこそ、つながるという意味です。

 『利益』と『利徳』違います。大げさにしなくてもいいですが、
 それを表に出していくことも必要かもしれません。」

 

「光の柱に興味をいだいて頂ける方とつながっていくということを
 大切にしたいですし、求めていきたいと思います。」

 

「そしてそれがまた、個人の『利徳』となるということでしょうね。

 もちろん、それが大きな意味での大いなる意識の『利徳』でもあるのでしょうが。

 私たちが何かするというのは、私たちの『利徳』でもあります。

 それぞれが会って良かったと思えるようにしていけばいいと思います。」

 

「良きご縁をありがとうございました。」

 

 

◆奥の院


光の御珠を奉納

「光の御珠、かたじけない。ありがとう。

 私たち、形あって、形ないもの。

 自然の中にて、それを感じていただけると思います。

 自身の中から湧き起こってくる願いを、

 どうぞ表に表現していってください。

 私たちの願いは、それだけです。」

 

光の柱を奉納

「この柱の目的は?」

「すべての聖地に建てるということ」

「わかりました。ではその光の柱、私たちも輝かせていきましょう。」

「良きご縁をありがとうございました。」


※伏見稲荷大社
 京都市伏見区深草薮之内町68

20140506伏見稲荷1

20140506伏見稲荷2



trinity_method at 07:58|PermalinkComments(0) ~宇迦御魂大神/倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)~ | 京都府

2015年12月22日

2015/12/13 御嶽山 御岳稲荷神社

使者 Mさま Hさま

 

光の御珠奉納

 

「よくいらっしゃいましたね。

そして、よく見つけられましたね。

私たちが望むのは1つ。この滞ったものを何とかしてください。

 

だいぶんと、楽になりましたよ。

私たちが悪いわけではないのですが、隣の木が痛いと訴える。

木の痛みを和らげる方法は何かないでしょうかね。」

 

木に役割を思い出してもらってみましょうか。

ここに育ったということを思い出し、痛みが和らぎますように。

 

 

(木のそばに立つ)

 

木からの言葉

「致し方ないのだけれど・・・
 何か言ったところでどうしようもないでしょう。」

 

そうでもないでしょう。

 

「自分がここにいることが大切なのですよね。」

 

はい、経験することが大切です。

 

「それによってどんどんと成長はしてしまったのですが・・・」

 

あなたはここに存在するということを経験しています。
その生が終われば、次の経験へといきます。

 

「生はまだ終わらないと思います。」

 

瞬きするほどの生しか与えられていませんよ。
だから人の言葉を聞き、自然や風、太陽の言葉を聞き、
それを刻み付けて成長していくこと。それが存在する意味です。

 

「私はここは嫌いではないです。
 そしてここにいることによって、私の存在意義があると思っています。
 鳥たちも遊びにきます。ここで皆が話をするのを聞くのも好きです。
 だからまだここにいたいと思います。」

 

自然に痛みが和らぎますように。

 

(木のそばに立ち、トリニティメソッドの光を奉納)

 

「私がここに佇んでいるひと時の間、皆は色んなことをしている。
 その経験を頂き、とても嬉しいです。」

 

人はここに集まって色んな経験を置いていきますので、
それを楽しみながら、眺めて聞いていけばいいでしょう。
無駄ではありませんよ。

 

「そうですね、私がここにいる存在、とても大切だと自分でわかりました。」

 

では、苦しまないで。

 

「ありがとうございます。」

 

稲荷神社さんのところへ戻り、どうですかとお聞きしましたところ、

 

「おみごと!」と一言。

 

あなたは経験を重ねているのですね。

 

「私は私で、ここで何かを感じていくことでしょうね。」


御嶽山 御岳稲荷神社
 大田区北嶺町
37-20

20151203御岳稲荷神社1

20151203御岳稲荷神社0



trinity_method at 08:35|PermalinkComments(0) 東京都 

2015年12月21日

2014/3/19 長田神社(ながたじんじゃ)

主祭神 事代主命(ことしろぬしのみこと)

使者 Iさま


そなたは優しい人じゃのう。
その場の雰囲気を感じて、云わなくてもいいことまで口に出す。
ほっほっほ、楽しいものじゃ。

ただ、光の柱の交換をすると、そなたの純粋な姿が見えてくる。

とても真面目で、心根がいい。その神妙さがなぜか面白く見えてくる。


光は、乳白色で、ところどころ淡い色が入り混じっておる。そう、淡い虹色のようじゃ。
私利私欲ではなく、すべてと調和する優しい色じゃ。


そなたが意識しているかどうかは、分からぬが、
大きく変化しつつあるようじゃ。面白い時よのう。

そなた(Iさま)を通じて、皆に告げる。

人は映し鏡
こちらが冷静であれば、それは伝わる。焦ると、焦りが伝わる。


他人の何かが気になると云うことは、そなたにもそれがあるということ。
また他人の素晴らしい所が見えると云うことは、そなたもその素養があるということ。


他人の良いと思えるところは、真似てみることじゃ。
そして嫌だと思うところは、他人をけなすのではなく、
自分の何かとリンクしていると気づくことじゃ。

他人と比べて、自分がどうかを評価すべきではない。
だが人間界では、それをすることで安心するクセがある。

だったらそれを利用して、映し鏡として、他人から自分を見て見よ。
他人の良い所を吸収するのじゃ。
そして他人の悪い所を、自分の中にもあると気づくことじゃ。


本来、人と人は同じ魂から生まれてきている。


そなたの細胞、顔と手、違うだろうか。
役割は違えども、同じ肉体として存在し、成長しているであろう。


内臓で例えた方が分かりやすいだろうか。
胃と腸など、役割は違えども、単体で存在していなく、同じ肉体の中で成長しているであろう。

云いかえれば、単体で存在する意味がなく、
生きると云う目的に沿って、存在しているのである。

人も同じ。
役割は違えども、この地球に生まれ、同じ生命体として存在し、互いに成長しあっている。


胃は胃の役割。
腸は腸の役割。

誰も、役割を越えることはない。


そなた達も、肉体を持とうとした瞬間に、
その役割を決めて生まれてきている。

同じ地球を選び、時を共にすることを約束した仲間たち。

地球という同じ生命体の中で、互いに成長しあっているのである。

※旧社格 官幣中社 長田神社(ながたじんじゃ)
  兵庫県神戸市長田区長田町3-1-1

20140319 長田神社



trinity_method at 08:11|PermalinkComments(0) ~事代主命(ことしろぬしのみこと)~ | 兵庫県

2015年12月20日

2015/12/19 浅草神社(三社様)

主祭神:土師真中知命(はじのまつちのみこと)
    檜前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)
    檜前武成命(ひのくまのたけなりのみこと)

 

使者:Mさま Wさま Hさま

 

光の御珠奉納

柔らかい光ですね。心地よいものを感じました。

 

神門に入り、光の柱奉納


神さま:とても面白い内容がたくさん入っています。
    これを私たちが使ってもいいのですか。


こちら:どうぞお使いになってください。
    またこの神社の四隅には光の柱が建ちました。


神さま:それはありがとうございます。


こちら:あなたはここを離れることなく、いつでも天に登ることができるでしょう。


神さま:何かお礼を差し上げたいのですが・・。


こちら:では、我々と龍の御珠の交換を頂きたい。


神さま:龍の御珠の交換?どうぞ。

 

龍の御珠奉納

神さま:私は一応、人間の姿として、ここに座っていたのですが、
    これでは困ります。


こちら:人間にもなれるし、龍にもなれるでしょう。


神さま:そうですか。


こちら:我々はこうやって、色んな神さま方に、
    光の柱や龍の御珠を奉納する者です。


神さま:私に何をせよというのですか。


こちら:この地の栄えをお願いしたい。


神さま:もちろん、もともとそれをやっていますよ。


こちら:この光の柱とともに、またそれをお続けください。


神さま:もちろん、それはそういたしましょう。


こちら:我々が願うとすれば、それは人と人との縁ですね。


神さま:どんな縁がいいですか。


こちら:たくさんの人と出会うこと。


神さま:出会うのであれば、いっぱい出会えるでしょう。


こちら:そしてその方と縁を結ぶこと。


神さま:ご縁は色々結べるでしょう。ご縁を結ぶだけでいいのですか。


こちら:この光の柱を理解し、共に行動できる人間を求めています。


神さま:そうでしょうね。
    ただ単に普通に片っ端からご縁を結ぶわけではないですね。
    この光の柱を理解できる人とご縁を結びたい。
    それによってあなた達は何か利益を被ることができるのですか。

 

こちら:その光の柱を奉納する人が増えることが、私たちの利益です。


神さま:では、お助けいたしましょう。他に大丈夫ですか。


こちら:死ぬまで身体と心が元気であれば、と願います。


神さま:分かりました。そのようにいたしましょう。

 

このやり取りを終え、何となく感じたことを列記しますと・・・。

 

公けの志を持ったものが、自分の日常生活を満喫させ、そして公けのことを行なう。

もしくは、自分の日常生活を満喫させ、公けの志を持ち始め、それを行なう。

 

すべて自分の日常生活を満喫させることが大切であるということ。

 

今まで、公けのことばかりをやってきたが、それと並行して

自分の生活をより充実させていこうと感じた。



浅草神社(三社様)
 
東京都台東区浅草2-3-1 

20151219浅草神社



trinity_method at 15:36|PermalinkComments(0) ~三社様:土師真中知命(はじのまつちのみこと)他~ | 東京都

2015年12月17日

2014/2/23 笠間稲荷神社

主祭神:宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

使者 Hさま Hさま Wさま

自由におやりなさい。
真実だと思うことをおやりなさい。

それぞれが判断することであり、行動していくことです。
比較するものではありません。

そなた達の光の柱、迷いなく静かにスーっと入ってきた。
日々迷うことあるやもしれぬが、信念はお持ちのようである。

ギャクはお好きか?
こちらが返した光の柱、少し面白くしたのだが、誰も気づかず真面目に受け取った。

我ら肉体を持たぬ神も、真面目だけではつまらぬ。
いつも心を開き、見るものに興味を示し、自分の器を深めよ。

そなた達(Hさま Hさま Wさま)を通じて、皆に告げる。

見るものすべて、自分のことのように見よ。

他人が体験している出来事、
その人の目から見ると、そなたが映ってくるであろう。

その時、そなたはそっぽ向いているか、真摯にその人と目が合っているか。

人とのつながりは、目と目のつながり。
それが心のつながりとなり、心がなぜだか安らぐ。
安らいだ心でいると、周りにも伝わっていき、すべてが安定してくる。

逆もまた然り。
そっぽを向いていると、心が不安定になり、他人への要求が大きくなる。
互いに要求することばかりが増え、要求が叶えられても満足できない。
互いに奪い合うことになる。

すべてを、他人の目から、己を見よ。
いかに甘えて暮らしているか、反省する点は、たくさんあろう。

気づいたところから、修正していけばいい。
肉体を持つ者は、短時間で修正ができる。

あとは、それを自分の中で習慣づけていくことだけである。
継続するためには、自らが望み、それを楽しんでいくことがポイントである。

楽しむのである。
色んなものに興味を示し、楽しんでいくことである。

※また当日、お参りした方から、
 ご自身が感じたことをいただきましたので、ご紹介します。


 「心を清くもって、そのまま進んでいきなさい。
  迷うことは 何もありません。
  ありのまま
  皆の幸せのために

  心に思うことは すべて真実。
  瞬間 瞬間 感じることを大切にしなさい。」

※笠間稲荷神社
   茨城県笠間市笠間1番地

20140223笠間稲荷神社



trinity_method at 07:41|PermalinkComments(0) ~宇迦御魂大神/倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)~ | 茨城県

2015年12月16日

2014/2/21 明治神宮

主祭神 明治天皇 昭憲皇太后

使者 Mさま Aさま

光の柱の奉納ありがとう。

人の成長は止まることを知らない。
欲があればある程、変化も早い。

肉体ある時は、どんどん大きな欲を持てばいい。
それなりに結果は得られていくであろう。


そなた達の光を見て、まったく欲のない光を感じた。
欲は大きく持て。

「私」の欲ではなく、「公」の欲を。
それに共鳴する光は集まってくるであろう。


光の中に紫色の光
それはそなた達の光に共鳴したものである。

そなた達の高貴な意識
まだまだ弱いがこれから経験をしていくことで
色んな色合いとなっていくであろう。


そなた(Mさま Aさま)を通じて、皆に告げる。

希望を持ち、大きな欲を持て。
それを持ち続けて、言い続けていくうちに、実現していく。

※明治神宮
 東京都渋谷区代々木神園町1-1

20140221明治神宮




trinity_method at 08:02|PermalinkComments(0) 東京都 

2015年12月14日

2015/12/13 御嶽神社 森の霊神水

使者 Mさま Hさま


光の御珠奉納

水に光が入ってきた。

水というのは、面白い。

暗い所では、とても不安、恐怖心が沸き起こってくる。

明るい所だと、とても心が洗われるよう。

水は何もしていません。

そこに光が入ってくるだけです。

そしてそれによって、人の心が変化していきます。


あなたたち人間は、光を発せられる魂を持っています。

ですから、どんどん光を放っていきなさい。

それによって、ここはまた、安らかな浄化される土地へと変わっていきます。

たびたび訪れて、ここを浄化して行くことを望みます。


ここは水の流れに沿った龍の道です。

そこの道が暗く滞ってしまうことが、良くないことだと思います。


光の御柱奉納

この光の御柱は、大地から、そして天から融合されたものです。

天と大地が繋がり、その間に立った感じです。

そしてその光が、天と大地を繋ぎ、光が絶えず通っていくでしょう。


龍の御珠奉納

龍の御珠 これによって我の姿 龍になる。

グレーっぽい龍である。

ここを守っている意識体


自分の役目は、まだはっきりわからないが、

ここを守っていることは確かである。


この豊かさを象徴する水は、

天と大地、そしてここからどんどんと広がっていく。


それを見届けている役目だと思う。


ここを訪れた人に、豊かさが繋がっていくようやっていきたい。

御嶽神社 森の霊神水
 大田区北嶺町
37-20

20151213御嶽 森の霊神水


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



trinity_method at 07:59|PermalinkComments(0) 東京都 

2015年12月09日

2015/11/21 真名井神社

祭神:豊受大神


使者:Yさま


そなた達、1人ひとり、素晴らしい存在。

互いの存在に刺激を受け、考え、成長していく。


そなた自身、色んな役割があるだろう。

あるいは、そなたの隣にいる、名前も知らない人でさえ、

何らかの役割を持ち、そこに存在している。


偶然、隣り合わせになった人でさえ、何らかの関係があり、

同じ時間を、同じように過ごしていく。


出会いとは、素晴らしいものであろう。


この地は、今背負っている役割をひと時忘れ、

本来の素の自分に戻ることができる力を持っている。


たくさんの役割を持ち、疲れた時は、こちらに来なさい。

そして自分自身を見つめ直し、自分が素晴らしい存在であることを思い出しなさい。


そうそなた達 1人ひとりは素晴らしい存在なのです。

それを思い出し、ここに存在していることを感謝しなさい。


自分を認められれば、そなたの周囲すべてが認められていきます。


先ほど、名前も知らない隣に立っている人でさえ、

そなたと同じように、ここに目的を持ってやってきているのです。


そなたと同じように、すべては素晴らしい存在なのです。

それを思い出しなさい。

そして感謝しなさい。


私がそう言わなくても、
ここに佇めば、そのような気持になっていくでしょう。



真名井神社
 京都府宮津市江尻

20151124眞名井神社2


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



trinity_method at 08:21|PermalinkComments(0) ~豊受大御神(とようけのおおみかみ)~ | 京都府