2020年06月28日

2020/6/28 生田森坐社の鳥居となったあすなろの樹

私は、遠く離れた森からやってきた。

ここはそこよりも暖かく、人の気配を多く感じる。

 

神戸に来たときは、ただの見世物と化し、
人々の反応もさまざまであった。

 

地球の声は、私の姿と共に、伝わっていったことに違いない。


 

今、私は新しい役割を与えられ、胸を張ってここにいる。

私は身をもって、経験したことを伝える。

 

大きな計画は、
未来を見据え、緻密な計算をしているとは限らない。


行き当たりばったりで実行され、
その波に影響を受け、右往左往する人々も多い。


 

だが、忘れてはならぬことがある。
自分の信念である。

 

なぜ、この世の中に、
肉体を持つことを望んで、今生きているのか、

しっかり見つめ直していくことだ。

 

望んだことが叶わず、日々消沈していく時もあるだろう。

だか、希望は捨てないことである。

 

世の中の流れと共に、
それぞれが求められていることは、変わってくる。

 

いかに柔軟に対応していくかが、人々のやる気につながる。

 


私は皆に告げよう。

 

新しい姿に生まれ変わり、
新たに黄金之稲穂を受け取ったことにより、
忘れかけていたことを思い出した。

 

この黄金之稲穂は、個々の魂に語り掛けていく。

 

人から人へ、人から自然へ、この地球の為、
自らの魂と今を生きる心がつながり、目覚めが始まる。

 


私は、新しい役割を担った。

 

自らの役割に向き合い、
ここにおわす神功皇后さまと共に、
この場所から、黄金之稲穂を出していこう。

 

人には色んな役割がある。どれも必要な人材である。

 

誰かがリーダーとなり、
旗を振って導いていく時代は、終わりを告げる。

 

それぞれが経験し、試行錯誤した結果、
自らの意見を述べ、調和しながら、
進めていく時代がやってきた。

 

何事も、経験である。
あなたも、周りも、動き始めていく。

 

 

・・

 

 

生まれ変わった鳥居は、
白っぽいオーラを出し、
この場所をさらに明るくしている。

 

今まで静かに鎮坐されていた神功皇后さまも、
柔らかなエネルギーを出し始めている。

 

「人と人が争う時代は終わった。

 主従関係ではなく、互いに認め合い、
 補い合っていくのである。

 その為に、我は動き始める。」

 

神功皇后さまは、若い鳥居を微笑ましく眺め、
訪れる人々を優しく迎え入れていく。

 

※生田森坐社 生田神社境内
 兵庫県 神戸市

20200628 生田森坐社の鳥居となったあすなろの木





trinity_method at 15:02|PermalinkComments(0) ~聖地~ | 兵庫県

2020年05月06日

コロナ:人類にどのような影響を与えていくのか

コロナとは何か。
~人類にどのような影響を与えていくのか~

令和元年5月1日 ~令和の時代を生きる~と題し、
メッセージを公開した。

お膳立てされて与えられたものをこなしていく時代から、
自己判断・自己責任が明確になる始まりであり、
それに基づいた行動を行う時代となるだろう。

令和は、このような時代になるというメッセージを受けた。

そして令和2年、
今年は、新型コロナウィルスの感染防止に伴い、
オリンピックが延期、緊急事態宣言も5月末まで延長となった。

コロナ禍とは、人類にどのような影響を与えていくのかについて、メッセージを取りましたので、公開します。

・・・

コロナとは何か。
~人類にどのような影響を与えていくのか~

人類にとって、本来何が必要であるのかを見直していく時期がきた。

身の回りを整理していくことで、自分の求めているものが、客観視できる。

整理整頓していく中で、過去の写真や品物を見て、懐かしい思いがよみがえってくるだろう。

それはあなたが歩いてきた道であり、否定など誰もしない。

過去があったからこそ、今がある。
楽しいことも悲しいことも、すべてがあるからこそ、今のあなたがいる。

では、これからどうやってこの時代を生きていくのか、
頭を切り替えて、イメージの再構築を行ってみよう。

10年前のあなたと今のあなた、
同じことを続けていけば、
10年後のあなたは、ある程度想像できる。

年齢を重ね、
あなたを取り巻く環境も少し変わり、
役割も責任も少しずつ変わってくる。

それがあなたの望む未来で良いだろうか。

何かを変えたいなら、
今、舵を切り、方向を変える必要がある。

大きく舵を取ることはない。
ただ決断をすることが必要である。

今までの自分を見つめ直し、
これから訪れる未来をイメージする。

こんなにたくさんの時間があるのだから、
自分のやりたいことや、できることを、
たくさん思い描き、たくさん書き出しておこう。

内側を意識していくこと。

今は1人ひとりの中にある神(神聖)を目覚めさせる時期。

世間を席捲するコロナ禍とは、
人の内側に存在するものを増幅させる。

恐れ、怒り、喜び、憂い、悲しみなど、様々な感情。
そして、その人の長所や短所なども。

事なかれ主義で何とかコツコツやってきたあなたも、本来の自分の姿に戻っていく。

本音と建前の時代は、終わりを告げる。

人は本来の姿に戻り、
魂の求めていることを、行動していくようになる。

コロナを恐れるか、愛で癒していくか。

緩やかな時の中で、今の整理整頓を終えたなら、
未来を思い描き(プログラミング)、
行動(実行キーを押す)を始めよう。

※参考
令和元年5月1日 ~令和の時代を生きる~

1人ひとりが主となり、1人ひとりが判断をしていく。

人の意見に従うのではなく、
自身の考えに基づき、行動していく。

それは自己判断であり、自己責任となる。

これを人は厳しい時代と感じるだろうか。
それとも、自由な時代と喜ぶだろうか。

自分を大きく誇張して表現するのではない。
自分の思いをゆっくりと整理し、表現していくだけである。

声に出すのが苦手な人は、文字にすればいい。
絵を描いてもいいし、音も奏でてもいい。
また、沈黙や微笑みも、表現の1つである。
表現は幾通りもあり、自由である。

令和の時代とは、
自身の考えに基づき、自身が判断し、
自身が責任を取りながら、
自由に表現していく時代である。

お膳立てをされて、
与えられたものをこなしていく時代はもう終わる。

これからは自分の頭で考え、行動していく時代。

大きく見せることもなく、
また自分を卑下することもなく、
一歩ずつ進んでいこう。

人は1人では生きていけない。

1人ひとりが確立しながら、お
互いを尊重しあい、生きていく。

【令和】
それは我々1人ひとりが表現者となり、
発信者となる時代。

今、その幕は上がった。

20200506コロナ禍-1


trinity_method at 13:44|PermalinkComments(0)

2020年04月14日

2020/4/1 国造神社

御祭神:

速瓶玉命(はやみかたまのみこと) 

雨宮媛命(あめみやひめのみこと)

 

参拝者:あべまりあ


黄金之稲穂奉納

 

・・・

 

風が心地よいだろう。

我は自然と調和している。

 

自然の中から流れ来るものを良しとし、

固執することなく、また期待することなく、存在している。

 

すべての流れは、自然そのもの。

良くも悪くも、何もない。

あるのは事実であり、

それを体験しているということ。

 

人々の願う安寧に、地球は含んでいるか。

 

今までの概念を取り払い、

本当に大切なものを見つけるのである。

 

太陽と共に活動し、太陽が沈めば休息する。

 

当たり前のことだが、

日々はその繰り返しである。

 

そなたの日常の中に、

この黄金之稲穂の奉納を加えよ。

 

特別な行為ではなく、

日々当たり前に行っていくのである。

 

励めよ。

国造神社 

 熊本県阿蘇市一の宮町 手野


20200401国造神社



trinity_method at 08:26|PermalinkComments(0) ~阿蘇国造大神(あそくにづくりおおかみ)~ | 熊本県